9 24

休館

EXHIBITION展覧会

未完の横尾忠則ー君のものは僕のもの、僕のものは僕のもの

2009年8月1日(土) -
2009年11月3日(火)

インフォメーション

期間:
2009年8月1日(土) 〜2009年11月3日(火)
10:00〜18:00 (金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館
休場日:
毎週月曜日(ただし、9月21日、10月12日、11月2日は開場)、10月13日(火)
料金:
<当日>
一般=1,000円
大学生・65歳以上=800円
小中高校生=400円
<前売・団体>
一般=800円
大学生=600円
小中高校生=300円

*本展の観覧券で「コレクション展」及び「広瀬光治と西山美なコの“ニットカフェ・イン・マイルーム” 」もご覧頂けます。
前売りチケット取扱:
チケットぴあ TEL 0570-02-9999
単独観覧券 チケットPコード:688-713

ローソンチケット TEL 0570-000-777
単独観覧券 チケットLコード:58668
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館
TEL 076-220-2800

概要

絵画、デザイン、映画、演劇、音楽、文学・・・ジャンルを横断しながら、目にしたもの、耳にしたもの、あらゆるものごとを自身に入力し、独自の流儀で変換出力して世界像を変容する横尾芸術の本質——それは、「未完」であること。

「未完」の横尾ワールドを、表から裏から、中から外から、ひっくり返して探検する本展は、横尾忠則の未完成交響詩。

■アトリエの中に眠っていた未完の絵画大放出
・未発表作品、未完成作品、落選作品<展示室11>

■アトリエの外では未完の絵画大発生
・PCPPPと横尾工房で生まれた作品<展示室7、8、プロジェクト工房>

■未完の人間=横尾少年が自己複製を繰返す未完のイコン
・「ピンクガール」=永遠の少年が夢み続けるマドンナ。<展示室9、10>
・「ルソー」=横尾の複製行為は歴史に残る無礼講<展示室14>
・「Y字路」=行き先不明のY字路こそ横尾の居場所<展示室7・8ほか>

関連プログラム

1弾 : 酒井忠康(世田谷美術館館長)×横尾忠則
【日時】8月1日(土)14:00〜15:30
第2弾 : 細野晴臣(音楽家)×横尾忠則
【日時】9月13日(日)14:00〜15:30
第3弾 : 平野啓一郎(小説家)×横尾忠則
【日時】10月24日(土)17:00〜18:30
学芸員によるギャラリートーク
日時:
8月21日(金)18:00〜19:00
8月22日(土)14:00〜15:00
9月18日(金)18:00〜19:00
9月19日(土)14:00〜15:00
10月17日(土)14:00〜15:00
子ども向けプログラム
日時:10月3日(土)13:30〜16:00
集合場所:金沢21世紀美術館 キッズスタジオ
対象:小学生(定員15名)
料金:無料(ただし、当日の本展観覧券が必要)
横尾忠則公開制作「PCPPP」(Public Costume-play Performance Painting)
こちらのイヴェントは終了しました。
「PCPPP」で制作された作品は、会期中、展示室にて公開されます。
4月
5月
「横尾工房」公開
横尾忠則の作品を、一般公募で集まった「横尾工房」メンバーが模写します。
【日程】4月〜9月まで不定期に公開
【会場】金沢21世紀美術館 プロジェクト工房
【料金】入場無料

作家紹介

横尾忠則 Tadanori Yokoo

1936 兵庫県西脇市生まれ。
主な展覧会
1972  個展(ニューヨーク近代美術館)
1974  個展(アムステルダム市立美術館)
1976  ヴェネチア・ビエンナーレ 5人の国際デザイナー展
1982  個展(ハンブルグ工芸美術館)
1983  個展(西宮市大谷記念美術館)
    個展(パリ広告美術館)
1985  第13回パリ・ビエンナーレに招待出品
    第18回サンパウロ・ビエンナーレに招待出品
    個展(ベルリン芸術家会館ベタニエン)
1986  イスラエル美術館
1987  個展(西武美術館)
1988  個展(ベルリン・ギャラリー・シルビア・メンツェル)
1993  第45回ヴェネチア・ビエンナーレ トランスアクションズ・ペドロ・アルモドバル展
1994  個展(ニューオリンズ・コンテンポラリーアートセンター)
1997  個展(兵庫県立近代美術館、神奈川県立近代美術館)
2000  モダンコンテンポラリーアートMOMA(ニューヨーク近代美術館)
2001  個展(富山県立近代美術館)
    個展(原美術館 /東京)
    MoMAハイライト ニューヨーク近代美術館からの325作品(ニューヨーク近代美術館)
2002  個展(東京都現代美術館、広島市現代美術館)
2003  個展(京都国立近美術館)
2004  個展(宮崎県立美術館)
2005  個展(熊本市現代美術館)
2006  個展(カルティエ現代美術財団 /パリ)
2008  個展(世田谷美術館、兵庫県立近代美術館)
    個展(フリードマン・ベンダ・ギャラリー/ニューヨーク)
2009  個展(アラリオ ギャラリー /韓国)

主な受賞など
1969  第6回パリ青年ビエンナーレ 版画部門グランプリ
1989  第4回バングラデッシュ・アジア・アート・ビエンナーレ名誉賞
1995  毎日芸術賞
2000  ニューヨークアートディレクターズクラブ殿堂入り
2001  紫綬褒章受章
2006  日本文化デザイン大賞
2008  小説『ぶるうらんど』にて第36回泉鏡花文学賞
2009  円空賞

Images

    横尾忠則 公開制作「PCPPP」
    2009年4月8日

    横尾忠則
    《What's yours is mine. What's mine is mine.》2009

    「横尾工房」活動風景

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[(財)金沢芸術創造財団]
協力:
株式会社 クサカベ / 株式会社 美術出版社