9 22

開館

EXHIBITION展覧会

フードクリエイション 食欲のデザイン展 -感覚であじわう感情のテイスト-

2008年7月19日(土) - 2008年9月28日(日)

インフォメーション

期間:
2008年7月19日(土) 〜2008年9月28日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 デザインギャラリー
休場日:
月曜日(ただし7月21日、9月15日、9月22日は開場)、7月22日、9月16日
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 交流課
TEL 076-220-2811

概要

“胃までコンセプトを届ける”ことをモットーに展開するフードクリエイション。本展覧会のコンセプトは「感覚であじわう、感情のテイスト」。様々な食材を組み合わせ、驚きや喜びなどの感情を表現していきます。そして、会期中約30回行われるフードパフォーマンスで実際にその表現を「味わって」いただきます。これまでにない「味わう」ことをテーマした展覧会、「食欲のデザイン」空間へ是非お越し下さい。

<フードクリエイション>
諏訪綾子が主宰するコンセプチュアルなフードを提供する<フードクリエイション>。テーマ性のあるフードは、視覚だけでなく、味覚をもデザインしていく。特に本展では、<sensuous food, emotional taste>をコンセプトとして、感情を表現する味を提案していく。そのオリジナルな活動の注目度は高く、2008年度は、各種企業のテーマにそったパーティケイタリングに留まらず、101TOKYO ART FAIRのオープニングパーティや伊勢丹フードエリア1周年のパーティなどその活躍の場はますます広がっている。

★特設サイトはこちら
http://www.kanazawa21.jp/designgallery/foodcreation.html

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館 [(財)金沢芸術創造財団]
協賛:
大阪アソシエイツ株式会社
協力:
株式会社中川ケミカル、長野刺繍、ニッコー株式会社、株式会社福光屋、フュージョン21、giraffe、株式会社石田屋、Numéro Tokyo(扶桑社)、金沢美術工芸大学、point of view co., ltd