10 17

開館

LEARNINGラーニング

Inner Voices ー 内なる声

対談:藤原由葵 × 山下裕二

藤原由葵《TABLE COLOSSEUM》2003-04
杉山照治 蔵

インフォメーション

期間:
2011年10月8日(土)
14:00〜16:00 
会場:
金沢21世紀美術館 レクチャーホール
料金:
入場無料(ただし、当日の本展観覧券が必要です)
定員:
80名(当日先着)*整理券の配布はありません。
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 学芸課
TEL 076-220-2801

概要

藤原由葵の絵画に登場する被写体は確かな技術でリアルに描写されながら、しかし全体ではありえない組み合わせです。いわゆるシュルレアリズムが言うところの「異境の地に連れていかれたような」といった感覚に導く不思議な魅力があります。絵画というイリュージョンを創り出す装置を得て人間の「生と性」をテーマに幻想と現実の間を行き来する作品に込められたメッセージとは何か。作家自身の内に込められた声を、歴史家の視点を交えて再考察する機会とします。

出演

藤原由葵 Yuki FUJIWARA

1978年、静岡県生まれ。東京藝術大学大学院博士後期課程絵画専攻油画研究領域修了 博士美術学位修得。
2010-11年文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてニューヨークに滞在し、9月に帰国。
展覧会「Inner Voices—内なる声」には《TABLE COLLOSEUM》《寿星女王》《寿星大王》の3点を出品している。

山下裕二 Yuji YAMASHITA

美術史家。1958年、広島県生まれ。東京大学大学院修了、明治学院大学文学部芸術学科教授。室町時代絵画史を中心に日本美術史の研究を進めつつ、現代美術に関する評論も発表する。著書に『室町絵画の残像』、『日本美術の二〇世紀』『岡本太郎宣言』『日本美術応援団』(赤瀬川原平と共著)『狩野一信・五百羅漢図』(安村敏信と共著)など。江戸東京博物館の「五百羅漢」展など、展覧会プロデュースも手がける。