10 17

開館

金沢21世紀美術館

MENU

EVENTイベント

金沢21世紀美術館 Presents

高校生限定 劇的!バスツアー2021

2021年10月30日(土)、12月18日(土)、19日(日)

インフォメーション

期間:
2021年10月30日(土)、12月18日(土)、19日(日)
会場:
石川県立音楽堂 邦楽ホール
シネモンド(香林坊東急スクエア4F)
対象:
高校生(15歳〜18歳のユースを含みます)
※当日受付にて学生証または年齢のわかるものをご提示いただきます。
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 交流課
TEL 076-220-2811
(火〜日、祝日10:00〜18:00)
event_k[a]kanazawa21.jp
※[a]を@に変更してお送りください。

概要

美術館がプロデュースする高校生向け劇場ツアー
参加者募集!


劇場プログラムに親しむきっかけとなるよう高校生(15歳〜18歳のユース含む)の舞台芸術鑑賞を金沢21世紀美術館がサポートします。
鑑賞のほか、トークイベントなど特別プログラムも実施します。

※今年は石川県立音楽堂とシネモンドの2カ所で現地集合・解散で実施します。
※スケジュール及び内容は予告なく変更になる場合があります。

〈能・狂言〉野村萬斎 音楽堂邦楽監督就任記念公演

出発日:2021年10月30日(土)
会場:石川県立音楽堂 邦楽ホール
定員:20名(先着順)
料金:1,000円
申込:

Peatix

ナビゲーター:徳前 藍(フリーアナウンサー、能・金沢市伝統芸能伝習者)

伝統芸能の継承に立ち会おう。野村万作(人間国宝)、萬斎、裕基の三代共演。
五穀豊穣を寿ぐ舞「三番叟 双之舞」と、狂言の演目の中で最も多くの人数を要する「唐人相撲」に能登の祭り文化を取り入れた「石川県バージョン」を披露します。小学生の頃に能に出会ったというフリーアナウンサーの徳前藍さんが皆さんの鑑賞をナビゲートします。

<スケジュール>
11:45 石川県立音楽堂(1階正面入口集合)
12:00-12:30 プレトーク
13:00-15:00 鑑賞
15:30-16:00 アフタートーク
16:00 現地解散

野村 萬斎(狂言師、石川県立音楽堂邦楽監督)

国内外で多数の狂言・能公演に参加、普及に貢献する一方、現代劇や映画・テレピドラマの主演、古典の技法を駆使した舞台作品の演出など幅広く活躍。重要無形文化財「能楽」総合指定。「狂言ござる乃座」主宰。東京藝術大学客員教授。21年4月より石川県立音楽堂邦楽監督に就任。

ナビゲータープロフィール

徳前 藍
石川県内で活動するフリーアナウンサー。2021年3月まで所属したテレビ金沢では情報番組「となりのテレ金ちゃん」MCをはじめ、全国アナウンサー特番にも出演。その後4月からはフリーアナウンサーとして県内のテレビ番組やCMなどに出演中。また、小学1年生の頃から伝統芸能・能を習い金沢市から「伝統芸能伝習者」にも指定されている。

〈舞台上映〉ナショナル・シアター・ライブ『戦火の馬』『夜中に犬に起こった奇妙な事件』

上『戦火の馬』© Brinkhoff & Mogenburg 
下『夜中に奇妙に起こった奇妙な事件』© Manuel Harlan

開催日:2021年12月18日(土)、19日(日) 各日1回上映
会場:シネモンド(香林坊東急スクエア4F)
定員:各回20名(先着順)
鑑賞料:各500円
申込:

Peatix

トークゲスト:柏木 しょうこ 翻訳家(字幕、吹き替え、戯曲、書籍)
協力・配給:カルチャヴィル

英国ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台をスクリーンで

『戦火の馬』
主人公が幼少時から愛し育てた馬が軍馬として徴用されたことから、数奇な運命をたどることに…。タイムズ紙の<10年間の最優秀劇場公演>に選出、S・スピルバーグ監督が感動し映画化した名舞台。

『夜中に犬に起こった奇妙な事件』
並外れた頭脳を持つ15歳の少年が隣人の犬を殺した犯人を探そうとする…。2013年のオリヴィエ賞で主要7部門を独占、ブロードウェイ公演では第69回トニー賞プレイ部門最優秀作品賞などを受賞した傑作舞台。

<スケジュール>
12:45 シネモンド現地集合
13:00-00:00 鑑賞
16:00-16:45 トークセッション ゲスト : 柏木 しょうこ
16:50-17:10 映写室見学
17:10 現地解散

ナショナル・シアター・ライブ

英国ナショナル・シアターが厳選した、世界で観られるべき傑作舞台をこだわりのカメラワークで収録し各国の映画館で上映する画期的なプロジェクト。緊張感あふれる劇場の空気をしっかりと捉えるカメラは、映画館でありながらベストシートで観劇する感覚で楽しめるよう、慎重に設定位置が決められている。
ナショナル・シアター・ライヴ

トークセッションゲストプロフィール

柏木 しょうこ
翻訳家・映像翻訳(字幕/吹替え)・書籍
1997年、慶應義塾大学法学部法律学科卒業。大学在学中より、舞台制作(劇作・演出・企画)および映像制作に携わる。卒業後は、演劇活動を続けながら法律事務所に勤務。本格的に翻訳の仕事をするため、1998年、同事務所を退社。1998年、劇団NLT からの依頼で戯曲を翻訳したのをきっかけに翻訳者デビュー。同年、日本映像翻訳アカデミーにて映像翻訳を学びながら、同校に勤務し、教材・講座開発に従事する。映画やドラマの吹替え翻訳および日本語台本チェッカー、舞台翻訳、映像作品の翻訳・制作に携わり、2003年に独立。その後、映像翻訳および書籍(フィクション/ノンフィクション)の翻訳家として活動。また、2013 年EAVE 主催TIES THAT BIND(Asia-Europe producers workshop)に選出され、国際共同合作のプロデュースを学び、カンヌ国際映画祭、釜山国際映画祭、ベルリン国際映画祭などの映画祭に参加し、国内の作品や商品を海外に広めるための活動や海外と共同制作の映像作品の企画・開発およびコーディネート業務を行う。

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じて実施します。参加者の皆さまには次の点についてご協力、ご了承をお願いいたします。
● マスクの着用及び咳エチケットの励行をお願いします。
● 体温が37.5℃以上ある方は参加をお断りいたします。
● PCR検査で新型コロナウイルス陽性とされた方との濃厚接触がある場合並びに過去2週間以内に入国制限、入国後の観察期間を必要とされる国・地域への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触がある場合は参加をお控えください。
● 手指の消毒や手洗いの徹底をお願いします。
● 万が一、開催日以降に感染発生が確認された場合、お名前、ご連絡先を保健所など行政機関に提供する場合があります。
● その他、各会場の新型コロナウイルス感染症対策について詳しくは各会場のホームページでご確認ください。
● 感染状況によっては公演の開催に変更が生じる場合があります。

高校生特別招待プログラム

金沢21世紀美術館の「芸術交流共催事業 アンド21」で採択された公演に無料招待します。お申込み方法は金沢21世紀美術館ウェブサイト内各イベントページ(開催日の2〜3か月前に詳細を更新予定)をご覧ください。

・〈音楽〉安永哲郎事務室『Memories of Shelter 坂本美雨 feat.平井真美子』
 2021年12月26日
・〈演劇〉安住の地『!PL AY!』
 2022年1月20日〜23日
・〈音楽〉東京塩麹『ジャーニー 目黒→横浜→金沢』
 2022月2月12日、13日

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]