12 03

開館

金沢21世紀美術館

MENU

EXHIBITION展覧会

デザインで あそぶ まなぶ つながる コドモチョウナイカイ

2021年4月3日(土) - 2022年3月21日(月・祝)

Photo: 池田ひらく

インフォメーション

期間:
2021年4月3日(土) - 2022年3月21日(月・祝)
10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 デザインギャラリー
料金:
無料
休場日:
月曜日(ただし5月3日、8月9日、9月20日、11月1日、11月22日、1月3日、1月10日、3月21日は開場)、5月6日(木)、8月10日(火)、9月21日(火)、11月24日(水)、12月29日(水)~2022年1月1日(土)、1月4日(火)、1月11日(火)
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800

概要

建築家の式地香織を中心に2014 年に発足したコドモチョウナイカイ事務局は、デザインを通じて子どもたちが自ら課題を発見し、創造的に問題を解決する、柔らかな「理性や感性」を育むワークショップ・プログラムを企画・運営する団体です。子どもたちによるデザインチーム「コドモチョウナイカイ」の活動を見守り支える事務局という役割を担っています。「コドモチョウナイカイ」のデザイン活動は最終的に「おまつり」として完成し、地域とつながります。おまつりをデザインした子どもたちは、おまつりを楽しむたくさんの子どもたちや家族、地域の人たちを目の当たりにします。また、自分たちの活動に寄り添い、暖かく見守るたくさんの大人と触れ合います。コドモチョウナイカイプログラムにおける「おまつり」は子どもたちの成功体験や社会参加の場となっていきます。本展では、2014 年からのコドモチョウナイカイの活動を概観しながら、金沢版コドモチョウナイカイとして、デザイン教育のプロセスを子どもたち、地域の方々と体験するとともに、「デザインで」何ができるのか、金沢での「おまつり」開催に向けて活動をしていきます。

〈展覧会の要素〉
コドモチョウナイカイのアーカイブ
2014年の設立以来、コドモチョウナイカイが取り組んできた活動を壁面で紹介します。コドモチョウナイカイでは、おまつりづくりをみんなのプロジェクトと して共有するために、毎年テーマを設定し、ファッションや建築など様々なデザインを切り口に、そのテーマにアプローチしていきます。

誰でも参加型ワークショップ「みんなでつくろう!デザインの森」
デザインギャラリーのガラス壁面を生かして、来場した方なら誰でも参加できるワークショップ を開催します。4月のスタートは「みんなでつくろう!デザインの森」。ガラス壁面に植えられた抽象的な「たね」からどんな木が成長してくるのか。みんなで考えて描いてみましょう。みんなでつくったデザインの森は、金沢版コドモチョウナイカイの活動の拠点となります。

進行形の金沢版コドモチョウナイカイ
金沢のクリエイターたちと一緒に、金沢版コドモチョウナイカイは展開します。1年をかけてどんなことが起こるのか、子どもたちが中心になってつくっていく予定です。まずは6月のファーストコドモミーティング、「デザインで何ができるのか」を考え、みんなで共有できる「テーマ」 探しから活動をスタートします!

「金沢版コドモチョウナイカイ」メンバー募集

多様な生き方やあり様を尊重し、社会に存在する境界や限界を、デザインの力で超えるコドモチョウナイカイを金沢で結成します。金沢版コドモチョウナイカイでは、クリエイターの方や地域の方々と一緒に、話を聞いたり、意見を伝えたりしながら、協働でデザインワークを完成させる経験を積み重ねていきます。最後にはその経験をもとに、子どもたちが中心となっておまつりを開催します。コドモチョウナイカイの活動は、来場者の方々とさらにつながり、広がっていきます。

※申込を締め切りました。

対象:5歳(年長)から小学生
※未就学児のお子さんについては、保護者の方の同伴でのご参加をお願いいたします。
※保護者の方も見学可能です。
会場:金沢21世紀美術館プロジェクト工房ほか
定員:10名程度

日時:第1回 6月27日(日)
   第2回 8月22日(日)
   第3回 10月24日(日)
   第4回 12月5日(日) 各日とも13:30〜16:00
   第5回 2022年2月27日(日) 金沢版コドモチョウナイカイまつり(時間未定)
参加費:3,000円(5回分、材料費を含む)

「金沢版オトナチョウナイカイ」メンバー募集

2022年3月21日(月・祝)までデザインギャラリーで開催されている「デザインで まなぶ あそぶ つながる コドモチョウナイカイ」で、プログラムをサポートしてくださるオトナのメンバーを募集いたします。

詳細はこちら

コドモチョウナイカイについて

Photo: ひらのまゆみ

子どもたちが「コドモチョウナイカイ」と称するデザインチームを組んで、デザインの課題を通して共に遊び学びあいながら、まちやまちの人たちを元気にする「おまつり」をつくりあげるワークショップのプログラムや、子どもたちと社会課題の出会いや多様な人々との対話・協働のプラットホームをデザインしています。

プロフィール

コドモチョウナイカイ事務局代表 式地香織

伊東建築塾子ども建築塾講師、まちの研究所が運営を開始する渋谷区子育てネウボラ 地域子育て支援事業にてアトリエスタとして参加予定。1973年生まれ。日本女子大学大学院修士課程修了。伊東豊雄建築設計事務所を経て、式地香織建築設計事務所設立。大学・専門学校等でデザイン教育に携わった経験が、自分の育児に生きているという実感から、デザイン教育と幼児・児童教育の親和性に着目し、こどもたちがチームとなって「デザインであそぶ・デザインでまなぶ」ワークショップのコンセプト「コドモチョウナイカイ 」を提案。趣旨に共感する仲間と共に、こどもたちの想像性や創造力、そして存在の力を「地域力」につなげるようなプログラムづくりを目指している。
第11回キッズデザイン賞 子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門、JIAゴールデンキューブ賞 組織部門特別賞 2016/2017、2019/2020受賞。

Images

    Photo: 池田ひらく

    Photo: 池田ひらく

    Photo: 池田ひらく

    Photo: 池田ひらく

    Photo: 池田ひらく

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
協賛:
富士フイルムイメージングシステムズ株式会社
協力:
株式会社中川ケミカル