lab.1

OTON GLASS

2017年4月8日(土) -
2017年7月23日(日)

インフォメーション

期間:
2017年4月8日(土) 〜2017年7月23日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 デザインギャラリー
料金:
入場無料
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800
休場日:
月曜日(ただし5月1日、7月17日は開場)、7月18日(火)

概要

父親の失読症をきっかけに開発が進められている〈OTON GLASS〉。視覚的な文字情報を音声に変換することで「読む」行為をサポートする眼鏡型のデバイスです。ディスレクシア(難読症、読字障がい)の補助をはじめ、外国の街を歩く際など、文字を読むことが困難なさまざまなシーンでの「読む」能力の拡張を目指す〈OTON GLASS〉の取り組みを紹介します。さらに会場内には〈OTON GLASS〉のプロトタイプを装着し、実際にその機能を体験できるスペースを設け、開発者による実用化に向けた研究のプロセスを可視化します。既存のテクノロジーを組み合わせつつ、革新的なデバイスの開発に取り組むスタートアップの「現場」にぜひ立ち会ってください。

〈OTON GLASS〉について

世界には文字を読むことに困難を抱えている人々が沢山います。学習障がいの一種であるディスレクシアは、文字を読むのに著しく時間がかかったり、読み間違えることがあります。また眼鏡をかけても視力が上がらない弱視者や、自分の母国語が使われていない地域に渡航している外国人も、文字を読むことに困難を抱えていると言えます。〈OTON GLASS〉は、文字を音声に変換することで、この問題を解決します。視点と同一位置にあるカメラで撮影した文字を、文字認識技術でテキストデータに変換、音声として読み上げることで、ユーザーは内容を理解することができます。私たちの最終的な目標は〈OTON GLASS〉をユーザーの手元に届けることです。今年は、ユーザーの方々と試作を重ねると共に、施設と連携して実証実験を行ないます。来年中に、少量生産での製品化を目指しています。また、それと並行して、企業や美術館などと協働し、人間の知覚を更新するデバイスとしての〈OTON GLASS〉の可能性を模索しています。

島影 圭佑

シリーズ〈lab〉について

2017年4月よりデザインギャラリーで、新しい展覧会シリーズがはじまります。
タイトルは「lab」。実験室や研究室を意味する「laboratory」の略です。会場となるデザインギャラリーを作品展示の場所として用いるだけでなく、調査・研究・実験の場として開きつつ、そのプロセスをプレゼンテーションします。本年度は「知覚の拡張」をテーマに、2組のプロジェクトを紹介予定。

開発者プロフィール

島影 圭佑(SHIMAKAGE Keisuke)

1991年生まれ。株式会社 OTON GLASS 代表取締役。2013年、首都大学東京在学時、父の失読症をきっかけに、視覚的な文字情報を音声に変換することで「読む」行為をサポートする眼鏡型のデバイス「OTON GLASS」の研究開発を始める。2014年に情報科学芸術大学院大学[IAMAS]に進学し、同年に株式会社 OTON GLASSを設立、代表取締役に就任。現在も、ディスレクシア(難読症、読字障がい)や弱視者の補助をはじめ、外国の街を歩く際など、文字を読むことが困難なさまざまなシーンでの「読む」能力を拡張するデバイスとして、研究開発と事業化を進めている。主な受賞歴に「James Dyson Award 2016 国内3位」「GUGEN 2016 優秀賞」「YouFab Global Creative Awards 2016 グランプリ」。

栗元 啓光(KURIMOTO Hiromitsu)

1980年生まれ。株式会社 OTON GLASS 最高技術責任者。2004年に大学院修了後、国内コネクターメーカー等に勤務。2016年にOTON GLASSの開発に参加、主にハードウェアの開発を担当。2017 年、CTOに就任。

Images

    Photo: KATO Hajime

    Photo: KATO Hajime

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]