ジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー

2017年11月25日(土) -
2018年3月11日(日)

インフォメーション

期間:
2017年11月25日(土) 〜2018年3月11日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館
展示室 7〜14
料金:
■本展観覧券
一般=1,000円(800円)
大学生=800円(600円)
小中高生=400円(300円)
65歳以上の方=800円
※( )内は団体料金(20名以上)及び前売りチケット料金
チケット取扱:
チケットぴあ
TEL: 0570-02-9999
Pコード: 768-702
ローチケHMV
TEL: 0570-000-777
Lコード:53934
販売期間:2017年10月10日(火)〜2018年3月11日(日)まで
休場日:
月曜日(ただし1月8日、2月12日は開場)、12月29日(金)〜1月1日(月)、1月9日(火)、2月13日(火)
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800

概要

ジャネット・カーディフとジョージ・ビュレス・ミラーのアジアで初めてとなる大規模個展を開催します。
高度な音響・映像技術と独創的な造形が駆使された彼らの作品は、「聞く」「見る」といった複合的な知覚経験を伴い、鑑賞者はまるで魔法にかけられるかのように、彼らが創りあげた独特の作品世界へと引き込まれます。彼らの作品の前に立つと、見えないものが見え、聞こえない音が聞こえ、私たちは異界へと通じる扉を開くように一瞬で現実を飛び越えて、知覚や価値観を揺さぶられながら彼らの物語に没入してしまうのです。
これまで日本国内では、メゾンエルメスで展示された「40声のモテット」のほか、ヨコハマトリエンナーレや越後妻有アートトリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭といった芸術祭にも参加し、作品を発表しています。本展では、《The Carnie》(2010)、《The Marionette Maker》(2014)、《Conversation with Antonello》(2015)などの近作の大型作品をはじめ、新作を含むいずれも日本初公開作品となる8点のインスタレーションで構成されます。金沢21世紀美術館の一つひとつが独立した展示空間に合わせて、いくつもの物語が共鳴するように展開します。現代美術シーンで高い評価を受け続けている彼らの作品世界を余すこと無く体験する絶好の機会となることでしょう。

関連プログラム

アーティスト・トーク:ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー

日時:2017年11月26日(日) 14:00〜16:00
会場:金沢21世紀美術館地下1階 シアター21
料金:無料
定員:130名
申込方法:ウェブサイトにて11月14日(火) 10:00より申込受付開始(先着順)
※逐次通訳付

プロフィール

Portrait Cardiff & Miller | 2012
Courtesy of the artists, Luhring Augustine, New York and Gallery Koyanagi, Tokyo
Photographed in Grindrod, BC, Canada
Photo: Zev Tiefenbach

ジャネット・カーディフ
1957年オンタリオ州ブリュッセルズ(カナダ)生まれ

ジョージ・ビュレス・ミラー
1960年アルバータ州ヴェグレヴィル(カナダ)生まれ

1995年頃から共同制作を始め、現在はブリティッシュコロンビア州グリンドロッド(カナダ)とベルリンを拠点に活動している。ヘッドフォンから流れるカーディフの語りを聞きながら、公園や美術館、街中などを巡り、目前の光景と聞こえてくる音から創り出される情景と物語によって、鑑賞者のあらゆる知覚を活性化する「ウォーク」シリーズや、高度な音響技術を駆使したサウンド・インスタレーションを90年代より継続的に発表している。2012年のドクメンタ13では、カッセルの森の中に30個を超えるスピーカーを設置し、森が刻んできた千年の時の流れを体感させる壮大なサウンドスケープを現出させる「森、千年のあいだ」(2012年)、鑑賞者がiPodとイヤフォンを手にジャネットの声に導かれてカッセルの駅を歩く「Alter Bahnhof Video Walk」(2012年)を発表している。
第49回ヴェネチア・ビエンナーレのカナダ館代表、ヴェネチア・ビエンナーレ特別賞、第4回ベネッセ賞受賞(2001年)。ドクメンタ13(2012)など国際展多数参加。
日本国内では岡山市芸術祭公式プログラム『LOVE PLANET—愛の惑星』(2003年)のほか、横浜トリエンナーレ(2005年)、第1回恵比寿映像祭(2009年)、大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ(2009年)、瀬戸内国際芸術祭(2010年)、あいちトリエンナーレ2013に参加している。また、メゾンエルメスにて個展『ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー』(2009年)を開催。

主な作品紹介

《The Marionette Maker》(部分) 2014
Courtesy of the artists, Luhring Augustine, New York and Gallery Koyanagi, Tokyo

The Marionette Maker

展示室に置かれた1台の古いキャンピングトレーラー。その中をのぞき込むとマリオネットたちの小さな世界が広がっている。音楽を奏でそれに合わせて踊りだすマリオネットや動物たち。トレーラー内で眠っている女性の夢の世界を、その夢の住民が書き記し、さらにその夢を再現しているという入れ子の作品でもある。見る私たちもまた彼女の夢の中で世界をふかんしているかのような不思議な雰囲気に包まれる。

ビデオクリップ

《The Carnie》 2010
Courtesy of the artists, Luhring Augustine, New York and Gallery Koyanagi, Tokyo
Photo: Larry Lamay

The Carnie

1940年代に製造され、各地のカーニバルに巡業したであろうアンティークのメリーゴーランド。馬やキリン、鹿といったさまざまな木製の動物たちがまぶしい光を浴びながら回転する。動物の口に取り付けられたスピーカーからは奇妙な音が流れ、天蓋につるされている古いマネキンは、天使のように宙を舞っている。悪夢や狂気の世界に引きずり込まれるような不気味なカーニバルの光景である。

ビデオクリップ

《Conversation with Antonello》2015
Collection of the Vancouver Art Gallery, Gift of the Artists
Courtesy of the artists, Luhring Augustine, New York and Gallery Koyanagi, Tokyo

Conversation with Antonello

ロンドンのナショナルギャラリーで2015年に開催された展覧会「サウンドスケープ」において、同館所蔵のヴェネチア・ルネッサンスの画家アントネロ・ダ・メッシーナによる絵画《書斎の聖ヒエロニムス》(1475)をもとに、本作品を制作発表。フランドル派から影響を受けた細密描写が用いられた精緻な二次元の空間表現を三次元の建築模型にして、のぞき込むとさまざまな角度から立体的に体感できる。照明とプロジェクションは窓外の景色や建物の影を昼から夜へと変化させ、さらには音(建物の中を歩く自らの足音に続き、画家やモデルとなった聖ヒエロニムスの足音が聴こえ、「ヴェルニネ・ベラ」を歌うカウンターテナーの歌声が響く)が鑑賞者を修道院の内部空間へと誘う。

ビデオクリップ

関連書籍

Something Strange This Way - Janet Cardiff and George Bures Miller

2014年から15年にかけてARoSオーフス美術館(デンマーク・オーフス)で開催された彼らの個展に際し刊行された書籍をベースに、当館での出品作品を加え改版した日本語版。日本国内では初となる彼らのモノグラフです。作品画像や彼らの制作や生活の様子を捉えた多数の写真のほか、アーティスト本人のコメントやキュレーター・Maria Kappel Blegvadの論考、さらには彼らの活動や作品、その背景に関連するキーワードを辞典形式で収録しています。
発行元:青幻舎
発行予定日:2017年11月25日
予価:2,500円(税別)
仕様:23×16.5cm/約200ページ/上製本

Images

    《Opera for a Small Room》 2005 (部分)
    Courtesy of the artists, Luhring Augustine, New York and Gallery Koyanagi, Tokyo
    Photo: Markus Tretter (Kunsthaus Bregenz)

    《The Killing Machine》 2007
    Courtesy of the artists, Luhring Augustine, New York and Gallery Koyanagi, Tokyo
    Photo: Seber Ugarte & Lorena Lopez

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
後援:
カナダ大使館