日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念展

日々の生活 – 気づきのしるし Everyday Life – Signs of Awareness

2017年8月5日(土) -
2017年11月5日(日)

インフォメーション

期間:
2017年8月5日(土) 〜2017年11月5日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館
展示室7〜12、14、光庭
料金:
■本展観覧券
一般=1,000円(800円)
大学生=800円(600円)
小中高生=400円(300円)
65歳以上の方=800円
※( )内は団体料金(20名以上)及び前売りチケット料金
※本展観覧券は、「ヨーガン レール 文明の終わり」との共通券です。本展観覧券にて「コレクション展2」(11月5日まで) も観覧できます。
チケット取扱:
チケットぴあ
TEL: 0570-02-9999
Pコード:[本展観覧券] 768-377
ローソンチケット
TEL: 0570-000-777
Lコード:[本展観覧券] 52171
販売期間:2017年5月8日(月)〜11月5日(日)まで
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800
休場日:
月曜日(ただし8月14日、9月18日、10月9日、10月30日は開場)、9月19日(火)、10月10日(火)

概要

デンマークと日本は、それぞれの歴史や文化を背景に、ときに影響しあいながら発展してきました。特に、機能と実用性に美的な意匠をまとった優れたデザインは、両国の文化的アイデンティティと美意識を示すものとして、きわめて高い評価が与えられています。デンマークは、建築、家具、生活用品をはじめ、福祉、教育、交通網など、国のグランド・デザインも含めた優れたモデルを構築して、屈指のデザイン大国として世界の人々の強い関心を集めてきました。一方の日本は固有の文化・思想に基づき、時代の象徴となるデザインを創造し、小型でシンプルな形を可能にした技術力、素材の特徴を最大限に引き出す伝統の技とその継承によって、デザインの分野でも独自の価値を提案し続けています。本展では、日本とデンマークのデザイナー、建築家、アーティストによる、日常を豊かにする気づきの「現れ」を紹介し、両国の現代の暮らしにみるモノとコトについて考察します。

関連プログラム

TALK SERIES VOL. 1 – 6

展覧会をより詳しく理解していただく為にデザイン、教育、医療、都市計画の分野に関わるトーク・シリーズを開催します。

会場:金沢21世紀美術館 レクチャーホール
定員:先着80 名(予約不要)
料金:無料
※進行の都合のため途中退場はご遠慮ください。

VOL. 1
原研哉( 日本デザインセンター代表)
「辺境の洗練−日本の簡素とデンマークの簡潔」
日時:8月5日(土) 10:30〜12:00(開場10:15)

VOL. 2
ルイーズ・キャンベル(デザイナー)
「自分のペースを探して走る人々の時代に歩く人であることの挑戦」
日時:8月5日(土) 13:30〜15:00(開場13:00)
※逐次通訳付(英-日)

VOL. 3
繁富(栗林)香織(北海道大学新渡戸スクール)
「細胞を折る?ー折り紙の折り畳み技術の医療への応用ー」
日時:9月15日(金) 18:30〜20:00(開場 18:00)

VOL. 4
大本綾(株式会社レア、クリエイティブ・プロセス・デザイナー
「デンマークと日本のデザイン教育の未来」
日時:9月16日(土) 13:00〜14:30(開場 12:30)

VOL. 5
クレスチャン・ホルムステズ・オーレスン(デザインミュージアム デンマーク、展覧会・収蔵部 部長)
「デンマークのデザイン – インターナショナルな表現」
日時:9月22日(金) 18:30〜20:00(開場 18:00)
※逐次通訳付(英-日)

VOL. 6
デヴィッド・シム(ゲール、クリエイティブ・ディレクター)「人々のための街をつくる」
日時:10月6日(金) 18:30〜20:00(開場 18:00)
※逐次通訳付(英-日)

EVENTS IN OCTOBER VOL. 1 – 2

VOL. 1
ヘンリック・ヴィブスコフ( アーティスト)

VOL. 2
ローサ・トルノウ・クラウスン(アーティスト)

※日時は後日発表

主な出品作家

ベン アンド セバスチャン、カイ・ボイイスン、ルイーズ・キャンベル、ローサ・トルノフ・クラウスン、ナナ・ディツェル、オラファー・エリアソン、ソーレン・エングステッド、原研哉、ポウル・ケアホルム、イーレク・マウヌスン、バアウ・モーウンスン、アネ・ファブリーシュス・ムラ、ナガオカケンメイ+D&DEPARTMENT、マグレーデ・オズゴー、呉夏枝、ペアニレ・ポントビダン・ピーダスン、三分一博志、繁富(栗林)香織、スーパーフレックス、鈴木俊治+金沢工業大学、トラフ建築設計事務所、トーラ・ウルップ、ヘンリック・ヴィブスコフ

企画

黒澤浩美 Hiromi Kurosawa(金沢21世紀美術館チーフキュレーター)
セシリエ・マンツ Cecilie Manz

1972年生まれ、コペンハーゲン在住。コペンハーゲンのデンマーク王立芸術アカデミー卒業後、ヘルシンキ芸術デザイン大学に留学。MDS-Gイッセイ・ミヤケデザインスタジオギャラリー(東京)、コペンハーゲン装飾芸術美術館、第3回Design for Architectureシンポジウム、アルヴァ・アアルト アカデミー(フィンランド)、メゾン・ドゥ・ダンマルク(パリ)、ほか多数のグループ展、個展に参加。

ポタリング・クラブ 運営メンバー募集

Rabo Chariot
since 1976
Photo: RABO TRICYCLES A/S

「ポタリング= Potter + ing =自転車で気ままな散歩」
デンマークの自転車のおもしろさを見つけませんか?
お客さまの試乗を案内するポタリング・クラブの運営メンバーを大募集!

メンバー募集 説明会
デンマークと聞けば自転車と言われるほど、多くの人が自転車を愛し、すてきに乗りこなしています。そんな様子をご紹介しながら、ポタリング・クラブの活動内容を説明します。
※説明会に参加はできず、ポタリング・クラブに関心がある方はお問い合わせください。

日時:7月23日(日)14:00〜15:00
会場:金沢21世紀美術館 サポートスタッフ室

詳しくはこちら

パブリック・ライフ調査 in 金沢 まち調査隊 隊員募集

まちを行き交う人の歩行者数の計測や、人の振る舞いや活動の観察などからわかることがあります。公共空間における豊かな生活—パブリック・ライフを考える第一歩として、ふだんとは違う目線で金沢のまちの風景を観察してみませんか。 調査結果は、2017年8月より始まる展覧会「日本・デンマーク外交樹立150周年記念展 日々の生活」で発表します。

まち調査隊員 説明会+レクチャー
調査内容の説明に合わせて、公共空間を調査する意義について鈴木俊治氏がミニレクチャーを行います。
調査隊の活動に関心を寄せていただく高校生以上の方であれば、どなたでも説明会に参加できます。

日時:4月23日(日) 13:00〜15:00
   4月24日(月) 19:00〜20:00
会場:金沢21世紀美術館 会議室1
講師:鈴木俊治 (すずき しゅんじ)
※事前予約不要

詳しくはこちら

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
後援:
デンマーク文化省、デンマーク芸術振興財団 プロジェクト支援 工芸・デザイン委員会、デンマーク王国大使館、(株)北國新聞社
助成:
スカンジナビア・ニッポン ササカワ財団
協賛:
バング&オルフセン ジャパン、(株)大泉物産、(株)木村硝子店
協力:
(株)福光屋、スカンジナビア航空、(株)日本ハウスホールディングス、(株)アンデルセン、金沢市農林水産局森林再生課、金沢工業大学、ゲール、(株)鹿島出版会、青森市教育委員会、五割一分、(株)LIXIL、(株)良品計画、DUNE
国際協力:
クヴァドラ、ルイスポールセン、マースクライン、スキャン・グローバル・ロジスティックス、(株)アクタス、日進木工(株)