2 01

開館

金沢21世紀美術館

MENU

EVENTイベント

金沢21世紀美術館友の会 スペシャルプログラム

「特別展示: マシュー・バーニー」 長谷川祐子館長によるギャラリーツアー&レクチャー

2022年9月10日(土)

インフォメーション

期間:
2022年9月10日(土)
18:00〜19:00(受付17:45より)
会場:
金沢21世紀美術館 レクチャーホール
定員:
30名程度(先着順、定員に達し次第締切)
料金:
無料(要会員証提示)
対象:
金沢21世紀美術館 友の会会員

友の会ご入会はこちら
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 友の会
TEL 076-220-2814(広報課)

概要

映画作品《拘束のドローイング9》の共同制作者である当館の長谷川祐子館長が、自ら展示をご案内します。続いて、公開から17年を経た現在、作品に込められた思いや現代から見た作品の意味、今だから話せる制作秘話などを披露します。

申込み

受付再開しました。
2022年9月9日(金) 18:00締切

友の会Web申込フォームはこちら

プロフィール

長谷川祐子

金沢21世紀美術館 館長 / 東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科 教授
キュレーター/美術批評。京都大学法学部卒業。東京藝術大学美術研究科修士課程修了。水戸芸術館学芸員、ホイットニー美術館客員キュレーター、世田谷美術館学芸員、金沢21世紀美術館学芸課長及び芸術監督、東京都現代美術館学芸課長及び参事を経て、2021年4月から現職。犬島「家プロジェクト」アーティスティック・ディレクター。文化庁長官表彰(2020年)、フランス芸術文化勲章(2015年)、ブラジル文化勲章(2017年)を受賞。これまでイスタンブール(2001年)、上海 (2002 年)、サンパウロ (2010 年)、シャルジャ(2013年)、モスクワ(2017年)、タイ(2021年)などでのビエンナーレや、フランスで日本文化を紹介する「ジャパノラマ:日本の現代アートの新しいヴィジョン」、「ジャポニスム 2018:深みへ―日本の美意識を求めて―」展を含む数々の国際展を企画。国内では東京都現代美術館にて、ダムタイプ、オラファー・エリアソン、ライゾマティクスなどの個展を手がけた他、坂本龍一、野村萬斎、佐藤卓らと「東京アートミーティング」シリーズを共同企画した。主な著書に、『キュレーション 知と感性を揺さぶる力』(集英社)、『「なぜ?」から始める現代アート』(NHK出版)、『破壊しに、と彼女たちは言う:柔らかに境界を横断する女性アーティストたち』(東京芸術大学出版会)、『ジャパノラマ-1970年以降の日本の現代アート』(水声社)、「新しいエコロジーとアート」(以文社)など。

新型コロナウイルス感染拡大予防のための対策について

新型コロナウイルス感染拡大予防のための当館の取り組みにご理解とご協力をお願いします。
新型コロナウイルス感染症に関する対応について

【お客様へのお願い】
・ 咳や発熱など体調の優れないお客様はご来場をお控えください。
・過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある場合は来館を自粛ください。

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]