開館15周年記念

現在地:未来の地図を描くために[2]

2019年10月12日(土) - 2020年5月10日(日)

当館は開館15周年を迎え、コレクション収集を開始した開館前の2000年から20年の間に約3,880件に上る作品を収蔵するに至りました。その間、社会の状況は目まぐるしく変化し、コレクション作品もその時代の空気を鋭く読み取る作品が増えていきました。本展では、改めてコレクション作品を見直す中で、多様化、複雑化する現代において自分たちの現在地がどこにあるのかを見据え、未来に向けてどのような地図が描けるのかを考えます。

クリス・バーデン《メトロポリス》2004
photo: KIOKU Keizo
© Chris BURDEN

Lab.4 Space Syntax

2019年10月12日(土) - 2020年3月22日(日)

「つながり」「関係」という視点から、新しい空間分析手法を用いて都市/建築空間のデザインを手がける〈Space Syntax〉。彼らの理論と実践を紹介しつつ、当館の空間レイアウトを主な調査対象とし、本プロジェクトを通して美術館の空間が持つ特性について考えます。