「キッズスタジオ・プログラム」とともに

絵本を読もう

2018年7月21日(土)

絵本を読んだ後、「アイ・チョー・クリスティン」展に関連した作品制作を行います。

読み手:木貞友里(ライブラリアン)
作品づくり案内:木村健(エデュケーター)

起点としての80年代

アーティスト・トーク:今村源、中原浩大、松井智惠

2018年7月7日(土)

本展にて再制作、再展示していただく3名の作家によるアーティスト・トークを行います。80年代の美術シーンに詳しい島館長がモデレーターをつとめます。

出演者:今村源、中原浩大、松井智惠
モデレーター:島敦彦(金沢21世紀美術館 館長)

アーティスト・トーク:今村源、中原浩大、松井智惠 記録動画(約110分)

「起点としての80年代」展 関連プログラム

《PRESENT SOCCER》 公開制作 1982 SPAIN→2018 RUSSIA

2018年7月7日(土)

日比野克彦は1982年の日本グラフィック展で大賞を受賞し、段ボールを素材にした軽やかでポップな作風で、一躍時代を代表するアーティストとなりました。本展でも展示される日本グラフィック展大賞受賞3部作の1点、《PRESENT SOCCER》は、サッカーワールドカップ1982年スペイン大会でのアルゼンチン対ペルーの試合をモチーフにしています。あれから36年。本展開幕日は、ワールドカップロシア大会2018の7月7日は準々決勝が行われる当日となります。再びワールドカップの試合をモチーフにロシアから帰国した日比野克彦が段ボールを素材に、公開制作を行います。

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

毎週土・日

7月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。