開館15周年記念

現在地:未来の地図を描くために[2]

2019年10月12日(土) - 2020年5月10日(日)

当館は開館15周年を迎え、コレクション収集を開始した開館前の2000年から20年の間に約3,880件に上る作品を収蔵するに至りました。その間、社会の状況は目まぐるしく変化し、コレクション作品もその時代の空気を鋭く読み取る作品が増えていきました。本展では、改めてコレクション作品を見直す中で、多様化、複雑化する現代において自分たちの現在地がどこにあるのかを見据え、未来に向けてどのような地図が描けるのかを考えます。

クリス・バーデン《メトロポリス》2004
photo: KIOKU Keizo
© Chris BURDEN

Lab.4 Space Syntax

2019年10月12日(土) - 2020年3月22日(日)

「つながり」「関係」という視点から、新しい空間分析手法を用いて都市/建築空間のデザインを手がける〈Space Syntax〉。彼らの理論と実践を紹介しつつ、当館の空間レイアウトを主な調査対象とし、本プロジェクトを通して美術館の空間が持つ特性について考えます。

開館15周年記念

現在地:未来の地図を描くために[1]

2019年9月14日(土) - 2019年12月19日(木)

当館は開館15周年を迎え、コレクション収集を開始した開館前の2000年から20年の間に約3,880件に上る作品を収蔵するに至りました。その間、社会の状況は目まぐるしく変化し、コレクション作品もその時代の空気を鋭く読み取る作品が増えていきました。本展では、改めてコレクション作品を見直す中で、多様化、複雑化する現代において自分たちの現在地がどこにあるのかを見据え、未来に向けてどのような地図が描けるのかを考えます。

エルネスト・ネト 《身体・宇宙船・精神》 2004
photo: FUKUNAGA Kazuo
© Ernesto NETO

EVENTイベント

パフォーマンス

&21(芸術交流共催事業)

鈴木ユキオプロジェクト「春の祭典」

2019年10月22日(火) - 2019年10月27日(日)

静謐に爆発する二つの身体が、現代社会に立ちはだかる壁と、迫り来る音楽に真っ向から対峙する-。空間に満ち溢れるエネルギーが観客を圧倒する話題作「春の祭典」を上演。鈴木ユキオによるワークショップも開催。

photo by bozzo

パフォーマンス

金沢21世紀美術館 Presents

高校生限定 劇的!バスツアー

2019年9月22日(日)、11月16日(土)、12月15日(日)

カンゲキする人生は、もっとおもしろい。
劇場という空間にあるのは、もうひとつの世界。そこでは、あらゆるアーティストのあらゆる表現が、生まれ、弾け、人々の心を動かしています。そんなパフォーミングアーツの世界にまだ触れたことのない高校生の皆さんのために、金沢21世紀美術館が特別なツアーチケットを用意しました。舞台作品の鑑賞はもちろん、バックステージの見学やアーティスト・専門家による移動中のトークなど、劇場の魅力を存分に体験できる日帰りツアーです。
費用は無料(食事代はご負担いただきます)、行き先はパフォーミングアーツという楽しみのある人生。あなたがまだ知らない「劇的」な体験を、この機会にぜひどうぞ。

教育普及プログラム

美術館がきっともっと面白くなる10のレッスン

2019年6月21日(金) - 2019年12月11日(水)

深く知り、体感し、実践する。美術館は発見を分かち合う学びの場所へ。美術館や鑑賞、コミュニケーションについて学ぶ「美術館がきっともっと面白くなる10のレッスン」。さまざまな分野の第一線で活躍する講師によるレクチャーやワークショップに参加して思いを巡らせるうちに、世界の見え方やいつもの生活がちょっと変わるかもしれません。美術館には作品と向き合い他の人とシェアすること、新しい物事を生み出す場に携わることなど創造的な機会がたくさんあります。このレッスンをきっかけに人や作品が出会い、つながり、新たな変化や挑戦が生まれることを期待しています。あなたも「面白い」をエンジンに、一歩踏み出してみませんか。

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

条件に該当する催しがありません。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

条件に該当する催しがありません。

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

シアター21

一般主催イベント

額公民館コーラス白もくれん 30周年記念コンサート

2019年10月30日(水)

コーラス(合唱)の発表会

期間:
2019年10月30日(水)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
14:00~15:30(開場13:30)
料金:
無料
主催:
額公民館コーラス白もくれん
共催:
金沢市額公民館
後援:
石川県合唱連盟・北國新聞社
お問い合わせ:
コーラス白もくれん30周年記念コンサート
実行委員長 村上美千代
TEL 076-298-1090

一般主催イベント

犀星生誕130  PIANO & ONDES MARTENOT ~ピアノとミステリアスなオンド・マルトノで奏でる犀星詩コンサート~

2019年10月12日(土)

今年は犀星生誕130周年です。
それを記念して、ピアニストで作曲家である谷川賢作氏とオンド・マルトノ奏者の原田節氏のコラボ演奏で犀星詩を歌います。ミステリアスな音色を奏でるオンド・マルトノとは、1928年、フランス人電気技師モーリス・マルトノによって発明された電気楽器および電子楽器の一つです。
二人は2018年に中原中也、萩原朔太郎らの近代詩をテーマとしたCD「ぽつねん」を制作しました。

100年の時を経て、今、新たによみがえる犀星ワールドへようこそ!

期間:
2019年10月12日(土)
18:30開演(開場18:00)20:30終演予定
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
一般    前売券1,500円(当日券2,000円)
高校生以下 前売券700円(当日券1,000円)
※7月6日より室生犀星記念館にて前売券発売開始

主催:
室生犀星記念館・(公財)金沢文化振興財団・(公財)金沢芸術創造財団
お問い合わせ:
室生犀星記念館
電話  076-245-1108
FAX  076-245-1205
メール saisei@kanazawa-museum.jp
URL https://www.kanazawa-museum.jp/saisei/

一般主催イベント

トリオ・ラディアンス ファーストコンサート 〜ダブルリードとピアノが奏でる隠れた名曲への誘い〜

2019年10月6日(日)

「トリオ・ラディアンス(Trio Radiance)」は、石川県在住のオーボエ奏者今井絢子、石川県出身のファゴット奏者水本芳枝を中心として結成した、オーボエ・ファゴット・ピアノによる三重奏グループ。
国内でもプレイヤー人口が少ないとされるダブルリード楽器(オーボエ・ファゴット)の魅力を演奏を通し広く伝えていくことで、オーボエ・ファゴットの普及と認知向上の一助となることを目指し活動するものである。
本公演はその活動の皮切りとなる初回公演であり、当該編成のために作られたオリジナル楽曲を中心に多数演奏する。
なお、本公演のピアニストには七尾市在住で第16回北陸新人登竜門コンサート 優秀者の川畑夕姫氏を、ゲストにオーケストラ・アンサンブル金沢ファゴット奏者の柳浦慎史氏を迎え開催する。

期間:
2019年10月6日(日)
14:00〜16:00(開場13:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
<全席自由>
一般:1,800円
高校生以下:1,300円
※当日券各200円増し
主催:
トリオ・ラディアンス
協賛:
ノナカ・ダブルリードギャラリー/株式会社ダク/管楽器専門店ウィンズラボ/株式会社開進堂楽器/篠田楽器
/ドルチェ楽器管楽器アヴェニュー東京/日本ダブルリード株式会社/フオックスウインズ株式会社/うつのみや MUSE INN
後援:
金沢市/内灘町/(公財)石川県音楽文化振興事業団/(公財)金沢芸術創造財団/日本ファゴット(バスーン)協会/北陸ファゴット協会/北陸中日新聞/北國新聞社/読売新聞北陸支社/テレビ金沢/北陸放送/エフエム石川/管楽器専門店ウィンズスタイル/金沢楽器/島村楽器金沢フォーラス店/アンサンブル・リュミエ/オーケストラ・マミューズ
お問い合わせ:
電話 050-5359-7958
メール trioradiance@animato.info
URL http://trioradiance.animato.info

一般主催イベント

石川シネマフェスティバル 第5回

2019年10月5日(土)

石川県、金沢市を舞台にした映画・ドラマは数多くあり、映像との関わりが根付きつつある中で、地元より発信し日本全国から世界へと石川県・金沢市をアピールするために、映像文化を通じて多くの人にまず興味と理解を深めてもらうことが目的です。

期間:
2019年10月5日(土)
10:30~21:00(10:00開場)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
主催:
石川シネマフェスティバル実行委員会
後援:
石川県・金沢市・北國新聞社・テレビ金沢・北陸放送・石川テレビ・北陸朝日放送・エフエム石川
お問い合わせ:
石川シネマフェスティバル実行委員会
電話 076-245-1010
FAX 076-245-2020
メール westwood24@hyper.ocn.ne.jp