lab.3

DeathLAB:死を民主化せよ

2018年7月7日(土) - 2019年3月24日(日)

都市における「死」をめぐるさまざまな問題―人口集中とそれに伴う深刻な墓地不足、少子高齢化、無宗教を支持する人の増加、火葬の二酸化炭素排出による環境負荷など―を考えれば、これまでにない葬送の方法を発明しなくてはならないことは当たり前の話かもしれません。
コロンビア大学の「デスラボ」は、このような課題に正面から向き合い、環境、時間、空間といった街の多種多様な制約に対応できる「死」の未来を、宗教学や建築学、地球環境工学、生物学などを横断して探求する最先端の「死の研究所」として世界的に注目されています。
この展覧会では、デスラボを主催するコロンビア大学准教授のカーラ・ロススタインとともに、「郊外へ疎外される『死』をいかに街に生きた形で取り戻すのか」「現代の都市文化に見合う『生と死の循環』とは何か」「個人が死者を追悼する空間でありながら、都市のインフラストラクチャーにもなるような公共空間はどのように実現できるのか」といった問いに対する革新的な可能性を建築模型や映像資料を通してご紹介します。

起点としての80年代

2018年7月7日(土) - 2018年10月21日(日)

1970年代のコンセプチュアルでストイックな表現に対する反動から、80年代の日本では絵画や彫刻の復権が唱えられ、好調な経済状況を背景として、色彩豊かで伸び伸びとした筆遣いの「ニュー・ペインティング」などが広まりました。しかし、90年以降の美術は、むしろ「おたく」など80年代のサブカルチャーに影響を受けた表現が主流となります。そのため、それ以降、80年代の美術は参照されることが少なくなってしまいました。近年、「具体」や「もの派」など1970年代までの戦後日本美術に関する研究が国内外で急速に進んでいます。今こそ、70年代と90年代のはざまにある80年代の日本美術について深く見つめる時期に来ていると言えます。約30年を経た今日から振り返ると、80年代は、今日の美術において重要なインスタレーションという形式、作品制作への参加や社会との関係への意識、オルタナティブ・スペース、 メディア・アート、「美術」という制度を相対化する視点、日常性や軽やかさを大切にする感性などが新たに生まれた、充実した時代であったことがわかります。本展では今日の視点から80年代の日本の美術を見詰め直し、「起点」となる作品を紹介します。

アペルト08

七搦綾乃

2018年4月28日(土) - 2018年9月24日(月)

七搦綾乃(1987-)は山や森などの雄大な自然や、虹や霧などのはかなく消えていく自然現象をテーマとし、そこに独自の解釈や見立てを交えて木彫作品にします。本展で出品される、「rainbows edge」のシリーズでは、乾燥させたバナナの柄など、干からびた植物の形態と、布をかぶった自身の姿を合体させています。乾燥してよじれた植物のパーツと滑らかに仕上げられた布(身体)の部分が合体した様子は、若さと老いが同居しているような、もしくは布の中に奇妙な生物が隠れているような不穏な印象を与える一方で、仏像や神像のような静ひつさや、見てはいけないものを見てしまったような畏怖をも感じさせます。
みずみずしい生物が、年老い、枯れて、乾燥し、ゆっくりと形を変えていく、その変化の中に美しさを見いだす七搦の視線は、それらを忌避しがちな現代社会に生きる我々の価値観を大きく揺さぶることでしょう。

アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意

2018年4月28日(土) - 2018年8月19日(日)

アイ・チョー・クリスティン(Ay Tjoe Christine, 1973-)はインドネシアの西ジャワ州バンドン出身の、インドネシアで活躍している現代アーティストです。彼女はドライポイントなどの凹版印刷の技術を習得した後、テキスタイルデザイナーとしてキャリアを積み、2000年頃からアーティストとしての活動を本格的にスタートさせました。
キリスト教の説話や精神的主題に基づいて表現を行うアイ・チョーの作品は、人間の不完全性や二面性についての深い洞察に裏付けられています。とりわけ絵画における飛び散るような色彩の断片は自身の揺れ動く感情の在りようを示す一方、カンヴァスの余白との魅力的な調和をみせる抽象化されたイメージには、万物と人間との関係性を探求するアイ・チョーの真摯な姿勢が現れているようです。
アイ・チョーの日本の美術館での初個展となる本展は、活動初期のドライポイントやドローイング、具象から抽象の間で表現の可能性を探求してきた油彩画群、ソフトスカルプチャーや大規模なインスタレーション、さらに本展のために制作された新作の大型絵画など、約50点の作品を通して、およそ20年にわたる多角的な創作活動の成果をご紹介いたします。

《私たちが過大評価されているのは、あなたたちが私たちのことを全く理解していないから 01(細部)》 2015
油彩、カンヴァス / 170x300
個人蔵
© Ay Tjoe Christine, courtesy of Ota Fine Arts

EVENTイベント

映画 / 映像

金沢コミュニティシネマ/シネモンド企画

こども映画教室 2018年度〈初等クラス〉

2018年8月26日(日)

映画の始まりを体験したら、映画づくりのはじめの一歩へ!今年も夏休みにおこなわれる〈初等クラス〉では「映画のはじまり」や「スクリーンで映画を観るたのしさ」を体験します。映画が動いて見えるしくみを工作で体験したり、世界で一番最初の映画はどうやってできていたのか昔の人の気持ちになって観てみましょう。 「 映画のはじまり」を体験したら、「映画づくりのはじめの一歩」にチャレンジ!
とっておきの時間を切りとって, とっても短い映画を作ります。
最後にはみんなが撮影した映画をスクリーンに上映して鑑賞します。
夏休み、映画がもっと楽しくなるワークショップです。

パフォーマンス

アクラム・カーン カンパニー『Chotto Desh / チョット・デッシュ』

2018年8月17日(金)、18日(土)

子どもから大人まで楽しめるダンス作品!バングラデシュとイギリスの二つの文化を背景に持つ少年が、ダンサ ーになることを夢見て旅をする物語。Chotto Deshはベンガル語で「小さな祖国」を意味します。音楽、 照明、アニメーションが融け合い幻想的な世界を描き出す、子どもから大人まで楽しめるダンス作品です 。

Photo: Richard Haughton

パフォーマンス

伊藤郁女 『Je danse parce que je me méfie des mots / 私は言葉を信じないので踊る』

2018年8月4日(土)、5日(日)

フィリップ・ドゥクフレをはじめ、アンジュラン・プレルジョカージュ、ジェイムズ・ティエレ、シディ・ラルビ・シェルカウイ、アラン・プラテル等、世界の名だたる振付家たちにその才能を認められ、ヨーロッパのダンスシーンのなかで意欲的な活動を展開するダンサー・振付家 伊藤郁女。本作は、これまで40都市以上で上演された、娘である伊藤郁女が彫刻家の父親とのユニークな関係を綴った話題作。言葉を信じないと言う父娘が、舞台上のダンスと言葉の交差点で再び出会い、生真面目かつユーモラスに家族の肖像を描く。

Photo: Gregory Batardon

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

ボランティア講座「新しい自分と仲間をみつける10のレッスン」

塩瀬隆之 美術館で「触れるように見る」 ワークショップ

2018年8月25日(土)

子どもの好奇心を引き出す学びのワークショップを全国で100回以上開催してきた京都大学の塩瀬隆之准教授とともに、「見ているつもり」「知っているつもり」でいた感覚をもう一度見つめなおし、時代を越え、言葉を超えて「見ること」の本質を考えます。

「DeathLAB: 死を民主化せよ」とともに

絵本を読もう

2018年8月24日(金)

絵本を読んだ後、本展の作品を鑑賞します。

読み手:木貞友里(ライブラリアン)

「アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意」とともに

絵本を読もう

2018年8月7日(火)

絵本を読んだ後、本展の作品を鑑賞します。

読み手:木貞友里(ライブラリアン)

「アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意」展覧会に親しむ8月のプログラム

画材に親しむ ―オイルバーで描く―

2018年8月5日(日)

鮮やかな色彩と伸びやかなタッチによって自身の内面をカンヴァスに描き込むアイ・チョー・クリスティン。彼女が制作に用いる「オイルバー」は、大きなクレヨンのような柔らかい画材です。あなたもオイルバーで自由に絵を描き、その魅力に触れてみませんか。
(作品は持ち帰れます)

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

8月4日(土)、11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)

8月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

東アジア文化都市2018金沢 「変容する家」 プレ企画

かえっこバザール in 石引商店街

2018年8月3日(金)

遊ばなくなったおもちゃをもってみんなあつまれ!中国や韓国のおもちゃもあるかも!
「かえっこバザール」は、アーティストの藤浩志さんが考案した、遊ばなくなったおもちゃをもちよって取りかえっこできる、お金を使わない買い物遊びのワークショップです。東アジア文化都市2018金沢のコア事業としてまちなか展覧会「変容する家」が石引エリアで開催されるのにあわせて「かえっこバザール」が石引商店街で開催されます。スタッフとしてお客様としてふるってご参加ください。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

一般主催展覧会

磯野宏夫展〈生命の森〉の響き

2018年8月28日(火) - 2018年9月9日(日)

このたび、工芸の町、金沢21世紀美術館にて磯野宏夫(1945~2013)の展覧会を開催します。
磯野宏夫は愛知県に生まれ、愛知教育大学美術家を卒業後、名古屋、東京のデザイン会社を経て24歳から東京を拠点にフリーランスのイラストレータとして活動を行い、47歳からは愛知県に活動の場を移し、40年以上にわたり〈生命の森〉をテーマに作品を描き続けました。画家は、光や自然の生命力に満ち溢れる森に魅せられ、生涯自然への畏敬の念を持ち続け、実際の森を輝く森ときらめく生き物たちの作品に描き上げました。
この展覧会ではライフワークとして描いた20代から晩年に至るまでの作品とゲーム「聖剣伝説」、教科書、カレンダー、ポスターなど仕事で手掛けた作品など色彩豊かなアクリル画約70点によりその魅力を紹介します。

期間:
2018年8月28日(火) - 2018年9月9日(日)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
一般500円、大学生300円、高校生以下無料
主催:
エメラルドフォレスト
後援:
北國新聞社
お問い合わせ:
エメラルドフォレスト
TEL 0587-21-3646
FAX 0587-21-3646
MAIL isonoforest@deluxe.ocn.ne.jp
URL http://emeraldforest2015.web.fc2.com

一般主催展覧会

「ほんとはすごいぞ子どもたち」和久洋三のわくわく創造アトリエ作品展

2018年8月28日(火) - 2018年9月2日(日)

美的創造活動と知的創造活動を融合させて「表現すること、考えることの好きな子を育てる」和久洋三氏の提唱する「創造共育」に共鳴し、平成18年10月「わくわく創造アトリエ金沢プレイルーム」を開校から11年目。毎回、活動のテーマや素材(絵具、石膏、木端、発泡スチロールetc)に興味をもち、夢中になり、集中し、やりきって完成させる作品には、子どもの感性と色彩の豊かさ、個性に「ほんとにすごい!」と感動する。どの子も持っている輝く感性が自らもっと成長しようとするエネルギーにつながる活動は底知れない。創造的作品が生れる、この現実を作品展で幼児教育に関わる方々にも観て戴きたいと願っています。

期間:
2018年8月28日(火) - 2018年9月2日(日)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
和久洋三のわくわく創造アトリエ金沢プレイルーム
後援等:
金沢市教育委員会、いしかわ子育て支援財団
お問い合わせ:
和久洋三のわくわく創造アトリエ
金沢プレイルーム 清水 泰子
電話 076-240-6346
FAX 076-240-6346
MAIL hoptree@r4.dion.ne.jp
URL https://www.hoptree.jp/

一般主催展覧会

手描き透視図展

2018年8月28日(火) - 2018年9月2日(日)

建築・ランドスケープの手描き、手描きハイブリッドによる透視図等、主に金沢や県内をロケーションとした作品約40点を展示します。
※出展:翠善蔵 高井洋 寺垣素子 天田美智 顧問:故・由田潔(石川県透視図協会理事長)

期間:
2018年8月28日(火) - 2018年9月2日(日)
10:00〜18:00(金・土は20:00まで、最終日は17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
Handwrite Pers Club(ハンドライトパースクラブ)
後援:
北國新聞社
お問い合わせ:
事務局(Yo建築・環境設計室内)
高井 洋
TEL 076-283-0400
EMAIL akiyou@yacht.ocn.ne.jp
URL http://yo1961s36.jp/contact/default.html

一般主催展覧会

第27回こうさくてん

2018年8月21日(火) - 2018年8月26日(日)

今回で27回目を迎えるこうさくてんは、これまで国内では東京、沖縄、熊本、石川、海外では台湾で展覧会を行ってきました。作品は平面・立体作品を中心に、最近では映像作品そしてコンテンポラリーダンスの公演も行っています。今年のテーマは「Sukiyaki×MakunouchiBento」です。作品スタイルは十人十色なので同じ傾向の作品はありません。実はこの何でもありの八百屋スタイルこそが楽しく見ていただける要因ではないかと思っています。出品者の自由でユニークな発想をお楽しみ下さい。また、8月25日(土)と26日(日)の13:00と15:00~コンテンポラリーダンスの公演を会場内で行いますので、是非ご来場下さい。

期間:
2018年8月21日(火) - 2018年8月26日(日)
10:00〜18:00(金土20:00まで、最終日16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
日本こうさく学研究会
お問い合わせ:
〒920-1192
金沢市角間町金沢大学人間社会4号館 学校教育系江藤研究室内
日本こうさく学研究会事務局
TEL 076-264-5582
EMAIL etoh@ed.kanazawa-u.ac.jp
市民ギャラリー

一般主催展覧会

2018北陸二紀展

2018年8月21日(火) - 2018年8月26日(日)

期間:
2018年8月21日(火) - 2018年8月26日(日)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
二紀会北陸支部石川会
後援等:
北國新聞社、テレビ金沢、北陸放送
お問い合わせ:
太田 喜代司
TEL 076-275-8125
FAX 076-275-8125
市民ギャラリー

一般主催展覧会

キルトリーダース石川 第3回作品展

2018年8月14日(火) - 2018年8月19日(日)

公益財団法人日本手芸普及協会会員による石川キルトリーダースです。シンボルキルト ティータイムを会員1~2枚(約50枚 45cm×45cm)を会場入口正面に展示します。タペストリー大、中、小や、日々の暮しの中で使う事が出来る、小物類やバッグ、ヌイグルミ、ミニ壁掛など、色や形など様々です。会員が時間をかけて作りあげた作品です。手作りの温かさを是非ご覧下さい。

期間:
2018年8月14日(火) - 2018年8月19日(日)
10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
キルトリーダース石川
後援等:
北國新聞社、北陸放送、テレビ金沢、金沢ケーブルテレビネット(株)、公益財団法人日本手芸普及協会
お問い合わせ:
キルトリーダース石川 塚山
TEL 0761-77-1018
FAX 0761-77-1018
市民ギャラリー

一般主催展覧会

全日本写真連盟石川県本部会員展・日本の自然全国展

2018年8月14日(火) - 2018年8月19日(日)

期間:
2018年8月14日(火) - 2018年8月19日(日)
10:00〜18:00(最終日16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
全日本写真連盟石川県本部
お問い合わせ:
山口 高文
TEL076-222-1882

一般主催展覧会

石川県立金沢二水高等学校 創立70周年記念「第2回からたち美術展」

2018年8月8日(水) - 2018年8月12日(日)

石川県立金沢二水高等学校は、平成30年10月に創立70周年を迎えます。その記念事業の一環として同窓生による美術展を開催いたします。絵画・書・工芸・写真ほか、様々なジャンルの作品 総勢225点が一堂に集結します。どうぞお気軽にお楽しみください。

期間:
2018年8月8日(水) - 2018年8月12日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
石川県立金沢二水高等学校同窓会
後援等:
北國新聞、北陸中日新聞、北陸放送、石川テレビ、テレビ金沢、北陸朝日放送
お問い合わせ:
石川県立金沢二水高等学校同窓会事務局
電話 076-241-8119
FAX 076-241-3773
MAIL info@nisui-dousoukai.com
URL http://www.nisui-dousoukai.com/

一般主催展覧会

き・らめく・・・展

2018年7月31日(火) - 2018年8月5日(日)

「もっと自由に・・・」の言葉のもとに集った新進作家が織りなす展覧会。絵画、人形、陶芸、工芸、写真・・・それぞれのジャンルで活躍中の作家が「赤と青」をテーマに表現を競う。
この「きらめくプロジェクト」は2016年にスタートし、各美術館を転遷。現在、26人のメンバーで活動中。この展覧会では、そのうちの23の作品を展示。今までにありそうでなかった展示会をお楽しみください。

期間:
2018年7月31日(火) - 2018年8月5日(日)
10:00〜18:00(金・土は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
きらめくプロジェクト
お問い合わせ:
きらめくプロジェクト
実行委員長 中村のりゆき
TEL 090-1507-4539

一般主催展覧会

明日への工芸展Ⅲ

2018年7月31日(火) - 2018年8月5日(日)

障害のある人たちに自分たちの作品展示を通して感じる喜びや達成感、社会参加を目的に始めた「明日への工芸展」は、今回で3回目の開催となります。金沢の伝統工芸である水引細工作品や、月に一度のステンドグラス教室で製作した作品を展示します。入場無料ですので、皆様ぜひお立ち寄りください。

期間:
2018年7月31日(火) - 2018年8月5日(日)
10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
株式会社VSサポート
後援等:
北國新聞社、北陸放送、テレビ金沢、エフエム石川
お問い合わせ:
株式会社VSサポート
TEL 076-221-1233
FAX 076-221-1233
MAIL info-support@vs-s.jp
URL http://www.vs-s.jp

一般主催展覧会

石川県特別支援学校 ホッと・アーッと展

2018年7月31日(火) - 2018年8月5日(日)

この作品展は県内の特別支援学校に通う子どもたちが創り上げてきた作品展です。今年度で15回目の開催となります。これまでいろいろな場所で作品展を開催してきましたが、子ども達の作品にもっと光をあてたい、一人でも多くの県民の皆様に子ども達の感性に満ち溢れた作品を見ていただきたいと考え、昨年度から名称もコンセプトもリニューアルし、金沢21世紀美術館にて開催することになりました。子ども達の心の向くまま、手の向くまま、自由に表現されたユニークな作品展です。皆様のお越しをお待ちしています。

期間:
2018年7月31日(火) - 2018年8月5日(日)
10:00〜18:00(最終日15:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
石川県教育委員会、石川県特別支援学校
お問い合わせ:
石川県立いしかわ特別支援学校
電話 076-258-1101
FAX 076-258-1102
MAIL ishiks@m1.ishikawa-c.ed.jp
URL http://cms1.ishikawa-c.ed.jp/~ishiks/NC2/htdocs/

一般主催展覧会

スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展

2018年7月27日(金) - 2018年8月25日(土)

スタジオジブリ作品には力強いメッセージが込められています。その作品の世界観をより多くの人に伝えるため、監督の意図を理解して作品と真摯に向き合うことで、その本質に読み取り、「言葉」にして伝えてきたのがプロデューサーの鈴木敏夫です。
高畑勲、宮崎駿と出会って40年。「風の谷のナウシカ」「千と千尋の神隠し」、そして「風立ちぬ」「かぐや姫の物語」まで。ジブリはどこから始まりどこへ向かうのか。その秘密に迫ります。

期間:
2018年7月27日(金) - 2018年8月25日(土)
10:00〜18:00(金・土は20:00まで、初日(7/27)は13:00開場)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
一般  1,200円
中高生  800円
小学生  600円
未就学児  無料
主催:
北陸中日新聞、テレビ金沢
後援:
石川県、金沢市
特別協力:
スタジオジブリ
協賛:
ア・ファクトリー
お問い合わせ:
北陸中日新聞 事業部
076-233-4642(平日10時~17時)
テレビ金沢 事業局
076-240-9043(平日9時30分~18時)

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

一般主催イベント

アレクセイ・ウテキン ピアノリサイタル

2018年8月24日(金)

ドイツ ヴュルツブルグ音楽大学講師アレクセイ・ウテキンによるピアノリサイタル
・モーツァルト ファンタジー ハ短調 KV475
・シューベルト 3つのピアノ曲 D946より第2番アレグレット 変ホ長調
・ベートーヴェン ピアノソナタ 変イ長調 op.110
・リスト 巡礼の年 第2年 イタリア

期間:
2018年8月24日(金)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
19:00~21:00(開場18:30)
料金:
前売券、当日券とも1,000円
主催:
アレクセイ・ウテキンピアノリサイタル実行委員会
お問い合わせ:
前垣内 健吉
TEL 070-5631-3693
mail concert@alexejoutekhin.com
URL http://www.alexejoutekhin.com
シアター21

一般主催イベント

桂まん我ひとり会

2018年8月22日(水)

NHK新人演芸大賞、文化庁芸術祭新人賞受賞、新進気鋭の“桂まん我”。粋で洒落てて、でも泥臭くって、人間臭い…。そんな落語の中のあったかい登場人物たちを生き生きと表現します。ぜひ、お見逃しなく!

期間:
2018年8月22日(水)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
19:00〜21:00(開場18:30)
料金:
前売券 2,500円、当日券 3,000円
※小学生以下の入場はご遠慮ください
※インターネット予約URL http://katsura-manga.jimdo.com
主催:
桂まん我
お問い合わせ:
米朝事務所
TEL 06-6365-8281
MAIL rakugo.manga@gmail.com
URL http://katsura-manga.jimdo.com

一般主催イベント

金沢 現代中国映画上映会 2018

2018年8月19日(日)

 2015年5月、上海で「日本映画祭」が行われ、これに呼応した交流活動として、鎌倉川喜多映画記念館は、謝飛監督「黒い雪の年」「香魂女」、鄭大聖監督「王勃の死」「廉吏于成龍」の4作品を上映し、金沢でも11月に同4作品を上映しました。これが本上映会の始まりとなりました。政治環境の厳しい中でこうした市民の文化交流こそ、相互理解、友好の基礎となるものと考えました。
 2016年7月には、東京神楽座で「中国芸術映画展2016」として、上海電影発行放映行業協会と上海芸術電影聯盟が、第28回東京国際映画祭で評価の高かった4作品を上映し、このうち金沢では17年3月、榺俊杰監督「京劇―覇王別姫」と忻鈺坤監督「心迷宮」の2作品を上映しました。
 2017年9月からは、会場が金沢のみになり、李雲波監督「呼吸正常」、曹保平監督「殺し屋追跡」、王一淳監督「暗がりに何がある」の3作品とレセプション「日中友好の夕べ」を開催しました。
 今年は8月19日(日)に、第30回東京国際映画祭で評価の高かった周子陽監督「老いた獣」、張大磊監督「八月」の2作品と、2013年上海国際映画祭で注目され今年中国国内で劇場公開された方剛亮監督「ぼくとママの追いかけっこ」を上映します。

期間:
2018年8月19日(日)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
10:45~、12:35~、14:40~(開場10:15)
料金:
1回券:1,000円、2回券:1,500円、3回券:2,000円
主催:
金沢現代中国映画上映会実行委員会
お問い合わせ:
金沢現代中国映画上映会実行委員会
TEL 076-229-2693(櫻田)
mail sakuradayoshiki@gmail.com

一般主催イベント

夏休み特別企画 第12回 「親子で楽しく学ぼう!お金ってなに?」

2018年8月8日(水) - 2018年8月9日(木)

お金の大切さやお金の役割などについて、講座やクイズ等を通して楽しく学んでもらうイベントです。
主に小学生とその保護者を対象としますが、どなたでもご参加いただけます。(入場無料!)

【主な内容】
・お金のミニ講座
 -大学生の講座、小学生のおかね入門、お札のひみつ
・お買い物ごっこ
・クイズラリー
 ークイズに解答すると、子ども用電卓とお札の裁断片入りシャープペンシルをプレゼント!(電卓はなくなり次第貯金箱となります)
・お札で身長測定
・お札のパズル
・お札の顔出しパネル
・大金庫(写真)をバックに1億円と記念撮影

※10人以上の団体の場合、事前の電話予約が必要です(予約状況等によりお断りする場合がございます)。
※会場内が混雑した場合、入場制限を行うことがありますので予めご了承ください。

期間:
2018年8月8日(水) - 2018年8月9日(木)
10:00〜16:00(最終入場15:45)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
石川県金融広報委員会、石川県銀行協会、石川県信用金庫協会
後援:
石川県、金沢市、北陸財務局、日本銀行金沢支店、金融広報中央委員会
協力:
金沢大学、金沢工業大学
お問い合わせ:
石川県金融広報委員会(日本銀行金沢支店内)
TEL 076-223-9519