コレクション展3 見ることの冒険

2018年1月27日(土) - 2018年6月24日(日)

「見る」という行為は主にさまざまな情報を得るために行われます。色、形、動きを捉え、ニュースやストーリーを読み取る。得られた情報は、瞬時に脳へ送られて次の行動の判断へと使われていきます。本展は、「見る」という行為にフォーカスし、観覧者の想像力をかきたてる抽象的な作品を通して、「見る」ことの奥深さについて探求します。

ジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー

2017年11月25日(土) - 2018年3月11日(日)

ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラーは、高度な音響・メディア技術と独創的な造形を駆使して、「聞く」「見る」といった複合的な知覚経験を伴う独特な世界を創り出します。いったん、彼らの作品世界に足を踏み入れると、まるで魔法にかけられたかのように、見えないものが見え、聞こえない音が聞こえるかのように、一瞬で現実を飛び越えて彼らの物語に没入してしまいます。
本展では日本初公開作品となる8点のインスタレーションをご紹介します。一つひとつの展示室が独立した、ユニークな構造を持つ金沢21世紀美術館の空間を生かし、ひとつの展示室でひとつの作品を展示していますが、全体は作品ごとに違う物語が共鳴するように展開しています。つくり込まれた作品の細部に至るまで、見て聞く楽しみは尽きることがありません。知覚や価値観を揺さぶられながら、次々と現れる物語の世界をゆっくりとお楽しみください。世界的に高い評価を得ているジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラーの作品世界を余すこと無く体験できる、絶好の機会となることでしょう。

ローカル・テキスタイル 1

TO&FRO うすく、かるく

2017年11月18日(土) - 2018年4月8日(日)

「ローカル・テキスタイル」シリーズの第一弾は「TO&FRO」を取り上げます。「TO&FRO」は、金沢市とかほく市の会社「カジグループ」によるトラベルギア(旅行用品)ブランド。ブランド名は「行ったり、来たり」という意味で、気軽な旅をイメージしたものです。
カジグループは、非常に細い糸を使用し、薄くて軽いナイロンの生地を生産しています。この生地は、世界中のアウトドア製品を展開するブランドやスポーツ製品に使用されていて、「TO&FRO」はこの生地を使ったオーガナイザーなどのプロダクトの自社ブランドです。当展覧会では、このオーガナイザーのほか、様々な布のサンプルを展示します。
石川県は、織物業とともに織機をつくる工業も発達させてきました。カジグループは、グループ内で一貫したテキスタイル開発や生産を行う事が可能であり、分業されがちな織物業で、細く切れやすい糸でも均一にテンションをかけられるなど高い技術力で、薄い生地を織ることを可能にしています。高機能化によって海外の安価な大量生産品に対抗することは、日本の繊維産業の未来を考える上で重要な指針を与えてくれるでしょう。

提供:カジレーネ株式会社

泉太郎 突然の子供

2017年10月7日(土) - 2018年3月25日(日)

泉太郎(1976- )は、映像、パフォーマンス、ドローイング、絵画、彫刻といったあらゆるメディアを交錯させたインスタレーションを主な表現手法とし、国内外で精力的に作品を発表しているアーティストです。泉の作品の特徴として、日常の事物や時には大勢の人々を巻き込みながら、一見、無意味とも思える行為を映像に収めることで、日常に潜む不条理な体験を描き出す点が挙げられます。時間と空間、実像と虚像、表と裏、自由と不自由といった私たちが当然のように切り分けている常識を捏ねくり回し、思いがけない方向から問いを投げかけます。
 本展では新作4点の発表と1点の本の作品に取り組みます。シアター空間と長期インスタレーションルームでは作家にとって初となる長編映画作品とポスターやポップコーン屋台で構成された作品《B:「レンズは虎が通るのをはっきりと捉えていたのだ」》をはじめ、長期インスタレーションルーム外側には、「夜が窓にはめ込まれている」という作品《透明な空想のヨダレ》があります。会期途中に発表される《コンパクトストラクチャーたちの夜明け》は、様々な時間を複層的に重ねて制作した、構造としての映画とも言える作品です。さらに、金沢21世紀美術館の来場者について着目した《Y:「膝を上げよ、そのまま下げよ」 P:「転ばぬよう、石を片付けておきました」》など、金沢での長期滞在中に複数の作品が完成されていきます。また、これら映像やインスタレーション作品と並行して、言葉を操る批評家と泉とのコラボレーションによって言葉を代替し、それを超えるような伝達方法について探る本の作品《暗いネズミ色の本》(仮)にも取り組みます。
 長らく泉が探求し続け、決して解決することのない永遠に広がる問いかけである映像やイメージと身体や意識との捻れた関わりについて、これまでの取り組みを踏まえつつも、全く新しい方法で提示する極めて挑戦的な展覧会となることでしょう。

EVENTイベント

トーク

フランソワーズ・モレシャンのおしゃれ講座 〜時代を読む vol.26

サンローランとパリ左岸物語

2018年2月24日(土)

アートやファッション、そして現代社会についてモレシャン流の鋭い視点で時代を切り取るトークシリーズ。今回は、昨年パリとモロッコのマラケシュにミュージアムがオープンし話題を集めたイヴ・サンローランの物語です。この天才をめぐるさまざまな疑問を、同時代を生きたモレシャンさんならではの視点でひも解いていきます。ご期待下さい。

トーク

自治区 08

ワークショップ「日本語の心」

2018年2月4日(日)

そのTwitterの一言は、ほんとうに伝わっているのか?今年、岩波書店が国語辞典「広辞苑」に「ちゃらい」や「無茶振り」といった言葉を追加して、10年ぶりに改訂新版を発行しました。もちろん言葉は時代と共にありますが、共通に理解しているだろうという意味を付与したつもりでも、相手に伝わらなければ用が足りません。しかも、言葉にまとわりつく幻想の力はますます優性になり、まことに言葉の意味が伝わっているのかどうか、どうにも怪しくなってきているのではないでしょうか。そこで今回は自治区04でもお迎えした岡田利規さんと、日本語とその使い方をじっくりと考えるワークショップを開催します。参加者は岡田さんと、まず「言葉通りに捉えただけでは通じない、でも今日の文脈で含意を汲み取ることができる日本語」について考えます。こうした「言葉が真に受けられること」ができていない今日の日本語の抱える事情を「日本語の心」とし、演劇・朗読のワークショップを通じて、その「日本語の心」についてじっくり考え、想像します。「当然使えている」という思い込みを捨て、日本語との距離を改めてはかるよい機会になるのではないでしょうか。

©Kikuko Usuyama

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

泉太郎 突然の子供 関連イベント

連続ビデオトーク 3

2018年2月18日(日)

出品作品《B:「レンズは虎が通るのをはっきりと捉えていたのだ」》を中心に、合計3回のトークを開催いたします。

出演:泉太郎(出品作家)

「コレクション展3 見ることの冒険」とともに

絵本を読もう

2018年2月10日(土)

絵本を読んだ後、作品鑑賞を行います。

読み手:木貞友里(ライブラリアン)
展示案内:山下樹里(キュレーター)

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

市民ギャラリー

一般主催展覧会

書 白井佳象 陶 梅田純一 花 高瀬雄樹 Playful Art

2018年2月6日(火) - 2018年2月12日(月)

京都在住の書家 白井佳象が徳島在住の陶芸家 梅田純一氏、東京在住のフローリスト 高瀬雄樹氏の賛同を得て、書・陶・花 Playful Artとして約70mの壁面を各々の個性を活かし表現。書は漢字、大字書、仮名、近代詩を様々な大きさで展示。梅田氏の大皿による壁面アートにいろは48文字の花器をちりばめ、高瀬氏が花で全体の空間に命を生けこみます。

期間:
2018年2月6日(火) - 2018年2月12日(月)
10:00〜18:00(最終日15:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
Playful Art
後援等:
毎日新聞社、北國新聞社
お問い合わせ:
白井 佳象(千佳子)
TEL 090-9164-0773
FAX 075-712-4200
メール attack-chikashow@softbank.ne.jp

一般主催展覧会

平成30年石川県書きぞめ展覧会

2018年2月2日(金) - 2018年2月4日(日)

県下学生及び一般の書きぞめ作品を公募し、審査の上、優秀作品を展示する。今回は大賞から入選まで全作品を壁面に展示予定。2月3日(土)に同美術館シアター21において表彰式を行う。

期間:
2018年2月2日(金) - 2018年2月4日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
無料
主催:
石川県書道教育研究会
後援等:
石川県、金沢市、七尾市、小松市、加賀市、白山市、北國新聞社、北陸放送、テレビ金沢 他
お問い合わせ:
石川県書道教育研究会事務局
TEL 076-223-7611
FAX076-223-7617
MAIL i-shoken@pony.ocn.ne.jp
URL http://i-shoken.com/

一般主催展覧会

MADI もう一つの幾何学アート

2018年1月31日(水) - 2018年2月11日(日)

「作品は表現しない、作品は説明しない、作品は意味しない」MADI「MATERIALISMO DIALETTICO:弁証法的唯物論の頭文字をとった名前だが諸説ある」のルーツはこの原則にあり、1946年カルメロ・アルデン・クインらによりブエノスアイレスで設立された国際的な芸術運動です。今回は世界から23名のアーチスト、44作品が展示されます。

期間:
2018年1月31日(水) - 2018年2月11日(日)
10:00〜18:00(2月5日は休場)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
NPOつなぐ-日本とイタリア
共催:
イタリア文化会館大阪
後援:
在大阪イタリア総領事館、北國新聞社、パレルモ大学文化社会学科
協賛:
株式会社ALP金沢、株式会社YAMADA神戸

お問い合わせ:
NPOつなぐ-日本とイタリア
TEL 080-1460-6262
MAIL npojapanitaly@gmail.com

一般主催展覧会

10th Anniversary Exhibition EYES ー Every single moment of sight ー

2018年1月30日(火) - 2018年2月4日(日)

独学で描き始めて10周年を迎えました。初期の作品から、ケニア、ニューヨーク、メキシコなどの旅から帰国して、描き下ろした新作もお披露目致します。10年の軌跡、彩り溢れる世界を是非お楽しみください。

期間:
2018年1月30日(火) - 2018年2月4日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日20:00まで、最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
有料(ドネーション制)
※入場料はNGO団体に寄付します。
主催:
mikimikimikky1016
お問い合わせ:
MAIL mikimikimikky1016@gmail.com
URL http://www.mikimikimikky1016.com/

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

シアター21

一般主催イベント

金城大学短期大学部美術学科 ファッションショー Kinjo Art Show Case

2018年2月25日(日)

金城大学短期大学部でファッションを学ぶ学生によるファッションショーを開催します。学生自身がデザイン、縫製し、演出などもセルフプロデュースします。ショーの演出ではデザイナーのコンセプトに合わせた映像が流れます。これは美j通学科の学生が制作するものです。また、染色を学ぶ学生による浴衣で発表し、ショーを盛り上げます。

期間:
2018年2月25日(日)
16:00~17:00(開場15:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
金城大学短期大学部美術学科
後援:
北國新聞社(予定)
お問い合わせ:
金城大学短期大学部
TEL 076-246-0711
MAIL chardin@kinjo.ac.jp
URL https://www.kinjo.ac.jp/kjc/
シアター21

一般主催イベント

作家 千早茜さんトークショー

2018年2月10日(土)

期間:
2018年2月10日(土)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
14:00〜15:00(開場13:30)
料金:
無料(要入場整理券)
主催:
金沢市
お問い合わせ:
金沢市文化政策課
TEL 076-220-2442
FAX 076-220-2069
MAIL bunshin@city.kanazawa.lg.jp

一般主催イベント

BUNKA FASHION RENAISSANCE 2018(ブンカファッションルネサンス2018)

2018年2月8日(木) - 2018年2月12日(月)

BFR2018、2/8~2/9の展示期間中はアパレル造形デザイン科2年生とデザイン専攻科の作品展示を行います。2/12(月祝)は、それらの作品をファッションショー形式で発表いたします。是非、皆様のお越しをお待ちしております。

期間:
2018年2月8日(木) - 2018年2月12日(月)
8日(金)10:00~18:00 9日(土)10:00~17:00 12日(月祝)(1)13:30~14:30(開場13:00)(2)16:30~17:30(開場16:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
学校法人金沢文化学園 専門学校金沢文化服装学院
後援:
石川県、金沢市、(一社)石川県繊維協会、(一社)いしかわファッション協会、繊研新聞社、北國新聞社
お問い合わせ:
専門学校金沢文化服装学院
TEL 076-242-2330
FAX 076-242-2362
MAIL info@kanabun.ac.jp
URL http://www.kanabun.ac.jp