ジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー

2017年11月25日(土) - 2018年3月11日(日)

ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラーは、高度な音響・メディア技術と独創的な造形を駆使して、「聞く」「見る」といった複合的な知覚経験を伴う独特な世界を創り出します。いったん、彼らの作品世界に足を踏み入れると、まるで魔法にかけられたかのように、見えないものが見え、聞こえない音が聞こえるかのように、一瞬で現実を飛び越えて彼らの物語に没入してしまいます。
本展では日本初公開作品となる8点のインスタレーションをご紹介します。一つひとつの展示室が独立した、ユニークな構造を持つ金沢21世紀美術館の空間を生かし、ひとつの展示室でひとつの作品を展示していますが、全体は作品ごとに違う物語が共鳴するように展開しています。つくり込まれた作品の細部に至るまで、見て聞く楽しみは尽きることがありません。知覚や価値観を揺さぶられながら、次々と現れる物語の世界をゆっくりとお楽しみください。世界的に高い評価を得ているジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラーの作品世界を余すこと無く体験できる、絶好の機会となることでしょう。

ローカル・テキスタイル 1

TO&FRO うすく、かるく

2017年11月18日(土) - 2018年6月24日(日)

「ローカル・テキスタイル」シリーズの第一弾は「TO&FRO」を取り上げます。「TO&FRO」は、金沢市とかほく市の会社「カジグループ」によるトラベルギア(旅行用品)ブランド。ブランド名は「行ったり、来たり」という意味で、気軽な旅をイメージしたものです。
カジグループは、非常に細い糸を使用し、薄くて軽いナイロンの生地を生産しています。この生地は、世界中のアウトドア製品を展開するブランドやスポーツ製品に使用されていて、「TO&FRO」はこの生地を使ったオーガナイザーなどのプロダクトの自社ブランドです。当展覧会では、このオーガナイザーのほか、様々な布のサンプルを展示します。
石川県は、織物業とともに織機をつくる工業も発達させてきました。カジグループは、グループ内で一貫したテキスタイル開発や生産を行う事が可能であり、分業されがちな織物業で、細く切れやすい糸でも均一にテンションをかけられるなど高い技術力で、薄い生地を織ることを可能にしています。高機能化によって海外の安価な大量生産品に対抗することは、日本の繊維産業の未来を考える上で重要な指針を与えてくれるでしょう。

提供:カジレーネ株式会社

泉太郎 突然の子供

2017年10月7日(土) - 2018年3月25日(日)

 泉太郎(1976- )は、映像、パフォーマンス、ドローイング、絵画、彫刻といったあらゆるメディアを交錯させたインスタレーションを主な表現手法とし、国内外で精力的に作品を発表しているアーティストです。泉の作品の特徴として、日常の事物や時には大勢の人々を巻き込みながら、一見、無意味とも思える行為を映像に収めることで、日常に潜む不条理な体験を描き出す点が挙げられます。時間と空間、実像と虚像、表と裏、自由と不自由といった私たちが当然のように切り分けている常識を捏ねくり回し、思いがけない方向から問いを投げかけます。
 本展では新作8点の発表と1点の本の作品に取り組みます。シアター空間と長期インスタレーションルームでは作家にとって初めてとなる長編映画作品とポスターやポップコーン屋台で構成された作品《B:「レンズは虎が通るのをはっきりと捉えていたのだ」》を、レクチャーホール周辺では、見る/見られることに着目した映像作品《D:「夜はくしゃみを我慢した瞬間から始まるの?だとしたらお兄さん、長いくしゃみをしていきませんか」》、言語と映像についての問いかけから生まれた《古い名前、先客》など、金沢での長期滞在中に徐々に制作された作品が館内各所に展示されています。一つの作品がまた次の作品へと影響し呼応していくその制作過程は、まるですべての作品が必然的に生まれてきたかのように一つの環となって立ち現れてきます。また、これら映像やインスタレーション作品と並行して、言葉を代替し、それを超えるような伝達方法について探る本の作品《暗いネズミ色の本》にも取り組みます。
 長らく泉が探求し続け、決して解決することのない永遠に広がる問いかけである映像やイメージと身体や意識との捻れた関わりについて、これまでの取り組みを踏まえつつも、全く新しい方法で提示する極めて挑戦的な展覧会です。

コレクション展2 死なない命

2017年7月22日(土) - 2018年1月8日(月)

人工知能や遺伝子工学の発達によって「生命の編集」「機械との共存」「不死」といった主題が注目されるよう になり、これまでの生命観や倫理観がいま問われています。今回の展覧会では、当館のコレクションから9 作家を選び、「命が死によって消え去る」という従来の生命観に対して「死なない命」のあり方について考え させる作品を紹介します。さらに4作家の生物を媒体とした1930年代から今日までのテーマに沿う表現を 加えることで「新たな生命を造形する意味」や「人工的な自然を生きることの可能性」など、当館所蔵作品の 意味を新たな角度から読み直し、生命の「いま」について考えます。

EVENTイベント

交流イベント

music@rt Season 11

Merry Marubi Christmas くるみ割り人形とねずみの王様

2017年12月23日(土)

絵本の朗読と音楽でお届けする、くるみ割り人形のひみつのおはなし。「これから マリーにくるみわり人形のひみつの話を してあげよう。 (中略)どうして こんなみにくい姿になってしまったのかというとね·····」(『くるみわり人形』 ブロンズ新社、2008 より)チャイコフスキーの作曲と華やかなバレエ作品でおなじみの物語ですが、実はバレエでは描かれなかった、あるお話がありました。このお話の原作はE.T.A.ホフマンの「くるみ割り人形とねずみの王様」。今年のMerry Marubi Christmasは、絵本の朗読とチャイコフスキーの名曲を織り交ぜてお届けします。

ジンポジウム

国際シンポジウム

「複合媒材」の 保存と修復を考える

2017年12月16日(土)

20世紀以降の工業の発達は、様々な素材を複合的に使用した製品を数多く社会にもたらしました。身の回りにある製品と同様に、あるいは時としてそれ以上に、現代の美術作品は媒材(材料や手法などの諸要素)が様々に交錯・干渉しながら成立すると言えます。現代のアーティストは表現の可能性を求めて新たに誕生した素材を美術に応用しつづけますが、そもそも物性や耐用年数などが明瞭でない新しい素材は、美術作品において想定外の劣化を引き起こしている例も少なくなく、材料の複合化が作品の保存や修復をより困難にしていることは否めません。そのようないわゆる「複合媒材(ミクスト・メディア)」の美術作品を永く公開可能にするためには、どのように保存・管理すべきなのでしょうか?
本シンポジウムでは、米国、香港、韓国から美術作品の保存に携わる専門家を招き、それぞれが実践している対処法を手がかりとしながら、美術のコレクションの保存と修復について考えます。

映画 / 映像

まるびぃシネマ・パラダイス! vol.4

ニッポンカゲキ 歌って踊ってる場合ですよ!!

2017年12月9日(土) - 2017年12月10日(日)

今回の特集は和製ミュージカル!戦前のものから(東京オリンピックがあった)60年代まで、名優による生き生きとした歌や踊りの演技をフィルムで披露します。また、今年は来場者の方々にイベントとしての「まるシネ」を楽しんでもらおうというねらいから、従来の映画館とは一風変わった上映環境や企画を用意してお待ちしています。
みなさん、歌って踊ってる場合ですよ!

表紙イラスト:山田健太

トーク

フランソワーズ・モレシャンのおしゃれ講座 〜時代を読む vol.25

私のディオール物語 part2

2017年12月2日(土)

アートやファッション、そして現代社会についてモレシャン流の鋭い視点で時代を切り取るトークシリーズ。
今回は、前回に引き続きクリスチャン・ディオールの物語をお届けします。今年メゾン創業70周年を迎えた、パリ・ファッション界のトップランナーであり続けるディオールの世界を、モレシャンさんとともに散策しましょう。

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

「TO&FRO うすく、かるく」とともに

絵本を読もう

2017年12月9日(土)

絵本を読んだ後、作品鑑賞を行います。

読み手:木貞友里(ライブラリアン)
作品鑑賞案内:鷲田めるろ(キュレーター)

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

毎週土日祝 ※年内は12月24日まで

12月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

Your Memory「あなたの思い出」の品々で クリスマス・リースを 作りましょう!

2017年12月2日(土)

日本・デンマーク外交関係樹立記念展「日々の生活ー気づきのしるし」では、思い出の一言を添えた品物を、誰かの思い出の品と交換するプロジェクト「Your Memory(あなたの思い出)」を開催しました。
今回は、Your Memoryで集まった誰かの思い出の品々を使って、クリスマス・リースをつくりましょう。
1年を感謝するこの季節に、思い出のリースで共に喜びを分かち合うことが出来るように、デンマーク・クラブ員がご一緒します。


※このワークショップは日本・デンマーク外交関係樹立記念展「日々の生活 – 気づきのしるし Everyday Life – Signs of Awareness」に合わせて活動するデンマーク・クラブが開催します。クラブ員と一緒に、おしゃべりしながら気軽に参加できる会です。ぜひお立ち寄りください。

ウェブ公開調査:粟津潔の写真についての情報募集 昭和34年に津軽地方で撮影された場所を調べています。

2017年7月7日(金) - 2017年12月20日(水)

金沢21世紀美術館では、「コレクション展1 粟津潔、マクリヒロゲル4 海と毛布—粟津潔の写真について」の開催にあたり、粟津潔が撮影した写真作品についての調査を進めました。特に、昭和34年に津軽地方を旅したときに撮影した写真について調査し、約40点の作品について制作年や撮影場所を明らかにすることができました。けれども、まだ詳細のわからない写真が残されています。
下記にあげた10枚の写真は、おそらく昭和34年3月の津軽地方で撮影されたと推測されるものですが、まだ場所を特定することができていません。撮影場所をご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ情報をお寄せください。
調査へのご協力のほどよろしくお願いいたします。

下記掲載の写真の撮影場所をご存知の方は、電話かメールにて下記にご連絡ください。メールの場合は、折り返しご連絡をさせていただきます。
電話 : 076-220-2801(担当:学芸課 高橋律子)
メール : aw@kanazawa21.jp (件名に「津軽の写真」または「粟津潔の写真」と記入ください。)

※調査の参考情報として活用させていただきます。個人情報ほか情報をそのまま公開することはございません。あらかじめご理解のほどお願いいたします。
※情報募集は2017年12月20日までとさせていただきます。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

茶室

一般主催展覧会

不完全性趣味による福音

2017年12月28日(木)

茶の湯の精神と禅の思想を考察する現代アート作品の展示。

期間:
2017年12月28日(木)
10:00〜20:00
会場:
金沢21世紀美術館 茶室
料金:
無料
主催:
Jun Atsushi &Kaoru Ichikawa Fine Art
お問い合わせ:
Jun Atsushi &Kaoru Ichikawa Fine Art
URL http://www.j-kfineart.sakura.ne.jp/

一般主催展覧会

金沢写真部FOCUS展2017

2017年12月20日(水) - 2017年12月24日(日)

 金沢写真部FOCUS初の合同作品展示!地元だから撮れる!私たちが見た、「石川にフォーカス」。カメラをはじめてから初めて知った場所や知った事。そして歴史も。身近なものほど知らなかったりしていませんか?自然、街並み、季節、祭り、人と5つのカテゴリーに分けました。ぜひ私たちの石川県を体感してください!
 他にも部員個人の作品や写真家 早見紀章氏、佐藤かな子氏の特別作品、さらには金沢が舞台の映画「金沢シャッターガール」の特別作品を展示。映画公開前にぜひご覧ください!

期間:
2017年12月20日(水) - 2017年12月24日(日)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
無料
主催:
金沢写真部FOCUS
後援等:
石川県 / 金沢市 / 北國新聞社 / テレビ金沢 / エフエム石川 / 月刊Clubism / 北陸朝日放送
お問い合わせ:
山下 辰行(金沢写真部FOCUS代表)
MAIL info@focus-kanazawa.com
URL http://focus-kanazawa.com/
茶室

一般主催展覧会

金沢卯辰山工芸工房 研修者茶道具展

2017年12月16日(土) - 2017年12月17日(日)

第12回卯辰山茶会の開催に合わせ、松涛庵立礼の間において研修者茶道具展を行います。陶芸・漆芸・染・金工・ガラス工房の研修者30名が作り手の視点で制作した茶道具を展示致します。

期間:
2017年12月16日(土) - 2017年12月17日(日)
16日9:30〜17:00、17日9:30~14:30
会場:
金沢21世紀美術館 茶室
料金:
無料
主催:
金沢卯辰山工芸工房
後援等:
北國新聞社・北陸放送事業部・テレビ金沢・FM石川
お問い合わせ:
金沢卯辰山工芸工房
TEL 076-251-7286
FAX076-251-9113
MAIL utatsu@city.kanazawa.isihikawa.jp
URL http://www.utatsu-kogei.gr.jp/
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第六十五回石川県民書道展覧会

2017年12月13日(水) - 2017年12月17日(日)

期間:
2017年12月13日(水) - 2017年12月17日(日)
10:00〜17:00(最終日16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
無料
主催:
石川県書道協会
お問い合わせ:
石川県書道協会
村上 秀康
TEL 090-3768-9984
市民ギャラリー

一般主催展覧会

2017ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭 第74回北國写真展

2017年12月13日(水) - 2017年12月17日(日)

期間:
2017年12月13日(水) - 2017年12月17日(日)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
500円
※中学生以下無料
主催:
2017ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭実行委員会、石川県、一般財団法人石川県芸術文化協会、北國写真連盟、北國新聞社、
後援:
北陸放送、テレビ金沢、エフエム石川、ラジオかなざわ、ラジオこまつ、ラジオななお、ラジオたかおか、金沢ケーブルテレビネット
お問い合わせ:
北國写真連盟事務局
〒920-8588
金沢市南町2-1
TEL 076-260-3581
FAX 076-260-3426
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第79回一水会金沢展

2017年12月6日(水) - 2017年12月10日(日)

東京都美術館で平成29年9月20日(火)から10月5日(木)まで開催されました「第79回一水会展」の巡回展として中央基本作品74点、中央からの受賞作品37点と地元出品者の作品76点、合計187点を展覧します。
同展は金沢で毎年開かれている洋画の巡回展で、今回で62回目の多きを数え、石川の美術界の恒例行事となっています。
基本作品の主な作家は一水会代表 小川游 一水会運営委員の久保田辰男・玉虫良次・山本勇など

期間:
2017年12月6日(水) - 2017年12月10日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
市民ギャラリーB同時開催
料金:
前売券600円
当日券800円
団体割引:前売料金(原則として20名以上)
主催:
一水会・北國新聞社
後援等:
石川県・金沢市・金沢市教育委員会・NHK金沢放送局・北陸放送・テレビ金沢・北國新聞文化センター
お問い合わせ:
山本 勇
TEL0761-23-0689
FAX0761-23-0689
市民ギャラリー

一般主催展覧会

大連工業大学・金沢美術工芸大学交流展

2017年11月23日(木) - 2017年12月3日(日)

期間:
2017年11月23日(木) - 2017年12月3日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
市民ギャラリーB同時開催
料金:
無料
主催:
金沢美術工芸大学、大連工業大学、2017ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭実行委員会
共催:
一般財団法人石川県芸術文化協会
後援:
金沢市、北國新聞社、NHK金沢放送局、北陸放送、テレビ金沢、石川テレビ、北陸朝日放送、金沢ケーブルテレビネット
お問い合わせ:
金沢美術工芸大学
TEL 076-262-3531

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

シアター21

一般主催イベント

永島留美×平尾美恵 白と黒

2017年12月26日(火) - 2017年12月27日(水)

作曲家・ピアノ奏者の永島留美と美術家・平尾美恵の作品を展示し、ピアノによる即興演奏、ライヴ・ペインティングなどのパフォーマンスをおこないます。会期中、観客参加プログラムも同時に開催します。

​作曲家・永島留美はこれまで、「生」について強く訴える歌曲《息の結晶》(詩:ツェラン)や、フルートの特殊奏法を用いた〈○△□〉などの現代音楽から重唱曲〈春への憧れ〉のようなシンプルな調性に基づく作品まで、多様な作品を生み出してきました。また、水によって描かれたイメージが消えていくことを通して「無常観」を伝えようとした〈水の語らい〉などのコンセプチュアル作品も制作しています。

美術家・平尾美恵は、多彩な作風を持ち、「蟻」シリーズ、「りんご」シリーズでは、ひとつのモチーフを立体、平面、インスタレーションなどさまざまなスタイルに変化させています。また、「ホワイト・ペインティング」シリーズでは「無とは何か?」という問いを鑑賞者に投げかけています。その他、エネルギーにあふれるライヴ・ペインティングをおこなうことでも知られています。

永島と平尾は、それぞれの制作活動の他、観客参加型作品の制作やワークショップを積極的におこない、「参加する楽しさ」、「ともにつくる喜び」を伝えようとしてきました。会期中、会場で二人はパフォーマンスをおこないます。音やかたちが生み出される一瞬、一瞬を体感しながら、「話す」、「歩く」、「紙を撒く」など、みなさんにご参加いただけるプログラムを用意しています。「参加する楽しさ」、「ともにつくる喜び」を感じながら、「白と黒」に囲まれた空間を是非、味わってみてください。

観客参加プログラム、即興演奏、ライヴ・ペインティング開催日時、プログラム詳細につきましては、ウェブサイトをご覧ください。https://rrrngsm.wixsite.com/shiro-kuro

期間:
2017年12月26日(火) - 2017年12月27日(水)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
(1)12月26日(水)13:00~18:00 (2)12月27日(水)10:00~18:00
料金:
無料
主催:
Atelier N
後援:
アジア同時代音楽協会(ADOK)、北國新聞社
協力:
ミュージックアート北野印房
お問い合わせ:
Atelier N
TEL 090-2125-3286
MAIL 2017shirokuro@gmail.com
URL https://rrrngsm.wixsite.com/shiro-kuro
シアター21

一般主催イベント

裏野音楽教室 大人の発表会

2017年12月3日(日)

大人の生徒によるピアノ発表会です。
ピアノ以外にトランペット、フルートなどの管楽器も参加予定です。

期間:
2017年12月3日(日)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
14:30〜16:30(開場14:15)
料金:
無料
主催:
裏野ピアノ教室
お問い合わせ:
裏野ピアノ教室
TEL 090-2379-1659(裏野)
FAX 076-286-0815