ジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー

2017年11月25日(土) - 2018年3月11日(日)

ジャネット・カーディフとジョージ・ビュレス・ミラーのアジアで初めてとなる大規模個展を開催します。
高度な音響・映像技術と独創的な造形が駆使された彼らの作品は、「聞く」「見る」といった複合的な知覚経験を伴い、鑑賞者はまるで魔法にかけられるかのように、彼らが創りあげた独特の作品世界へと引き込まれます。彼らの作品の前に立つと、見えないものが見え、聞こえない音が聞こえ、私たちは異界へと通じる扉を開くように一瞬で現実を飛び越えて、知覚や価値観を揺さぶられながら彼らの物語に没入してしまうのです。
これまで日本国内では、メゾンエルメスで展示された「40声のモテット」のほか、ヨコハマトリエンナーレや越後妻有アートトリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭といった芸術祭にも参加し、作品を発表しています。本展では、《The Carnie》(2010)、《The Marionette Maker》(2014)、《Conversation with Antonello》(2015)などの近作の大型作品をはじめ、新作を含むいずれも日本初公開作品となる8点のインスタレーションで構成されます。金沢21世紀美術館の一つひとつが独立した展示空間に合わせて、いくつもの物語が共鳴するように展開します。現代美術シーンで高い評価を受け続けている彼らの作品世界を余すこと無く体験する絶好の機会となることでしょう。

ローカル・テキスタイル 1

TO&FRO うすく、かるく

2017年11月18日(土) - 2018年4月8日(日)

 「ローカル・テキスタイル」シリーズの第一弾は「TO&FRO」を取り上げます。「TO&FRO」は、金沢市とかほく市の会社「カジグループ」によるトラベルギア(旅行用品)ブランド。ブランド名は「行ったり、来たり」という意味で、気軽な旅をイメージしたものです。
 カジグループは、非常に細い糸を織ることのできる技術を磨き、薄くて軽いナイロンの生地を生産しています。この生地は、世界中のアウトドア製品を展開するブランドに使用されています。「TO&FRO」はこの生地を使ったオーガナイザーなどのプロダクトの自社ブランドです。当展覧会では、このオーガナイザーのほか、様々な布のサンプルを展示します。
 石川県は、織物業とともに織機をつくる工業も発達させてきました。カジグループは、グループ内に織機をカスタマイズする製作所もあり、分業されがちな織物業で、細く切れやすい糸でもテンションを調整できるようにして、薄い糸を織ることを可能にしています。高機能化によって海外の安価な大量生産品に対抗することは、日本の繊維産業の未来を考える上で重要な指針を与えてくれるでしょう。

提供:カジレーネ株式会社

泉太郎 突然の子供

2017年10月7日(土) - 2018年3月25日(日)

泉太郎(1976- )は、映像、パフォーマンス、ドローイング、絵画、彫刻といったあらゆるメディアを交錯させたインスタレーションを主な表現手法とし、国内外で精力的に作品を発表しているアーティストです。泉の作品の特徴として、日常の事物や時には大勢の人々を巻き込みながら、一見、無意味とも思える行為を映像に収めることで、日常に潜む不条理な体験を描き出す点が挙げられます。時間と空間、実像と虚像、表と裏、自由と不自由といった私たちが当然のように切り分けている常識を捏ねくり回し、思いがけない方向から問いを投げかけます。
 本展では新作4点の発表と1点の本の作品に取り組みます。シアター空間と長期インスタレーションルームでは作家にとって初となる長編映画作品とポスターやポップコーン屋台で構成された作品《B:「レンズは虎が通るのをはっきりと捉えていたのだ」》をはじめ、長期インスタレーションルーム外側には、「夜が窓にはめ込まれている」という作品《透明な空想のヨダレ》があります。会期途中に発表される《コンパクトストラクチャーたちの夜明け》は、様々な時間を複層的に重ねて制作した、構造としての映画とも言える作品です。さらに、金沢21世紀美術館の来場者について着目した《Y:「膝を上げよ、そのまま下げよ」 P:「転ばぬよう、石を片付けておきました」》など、金沢での長期滞在中に複数の作品が完成されていきます。また、これら映像やインスタレーション作品と並行して、言葉を操る批評家と泉とのコラボレーションによって言葉を代替し、それを超えるような伝達方法について探る本の作品《暗いネズミ色の本》(仮)にも取り組みます。
 長らく泉が探求し続け、決して解決することのない永遠に広がる問いかけである映像やイメージと身体や意識との捻れた関わりについて、これまでの取り組みを踏まえつつも、全く新しい方法で提示する極めて挑戦的な展覧会となることでしょう。

コレクション展2 死なない命

2017年7月22日(土) - 2018年1月8日(月)

人工知能や遺伝子工学の発達によって「生命の編集」「機械との共存」「不死」といった主題が注目されるよう になり、これまでの生命観や倫理観がいま問われています。今回の展覧会では、当館のコレクションから9 作家を選び、「命が死によって消え去る」という従来の生命観に対して「死なない命」のあり方について考え させる作品を紹介します。さらに4作家の生物を媒体とした1930年代から今日までのテーマに沿う表現を 加えることで「新たな生命を造形する意味」や「人工的な自然を生きることの可能性」など、当館所蔵作品の 意味を新たな角度から読み直し、生命の「いま」について考えます。

EVENTイベント

ジンポジウム

国際シンポジウム

「複合媒材」の 保存と修復を 考える

2017年12月16日(土)

20世紀以降の工業の発達は、様々な素材を複合的に使用した製品を数多く社会にもたらしました。身の回りにある製品と同様に、あるいは時としてそれ以上に、現代の美術作品は媒材(材料や手法などの諸要素)が様々に交錯・干渉しながら成立すると言えます。現代のアーティストは表現の可能性を求めて新たに誕生した素材を美術に応用しつづけますが、そもそも物性や耐用年数などが明瞭でない新しい素材は、美術作品において想定外の劣化を引き起こしている例も少なくなく、材料の複合化が作品の保存や修復をより困難にしていることは否めません。そのようないわゆる「複ミクスト・メディア合媒材」の美術作品を永く公開可能にするためには、どのように保存・管理すべきなのでしょうか?
本シンポジウムでは、米国、香港、韓国から美術作品の保存に携わる専門家を招き、それぞれが実践している対処法を手がかりとしながら、美術のコレクションの保存と修復について考えます。

映画 / 映像

まるびぃシネマ・パラダイス! vol.4

ニッポンカゲキ 歌って踊ってる場合ですよ!!

2017年12月9日(土) - 2017年12月10日(日)

今回の特集は和製ミュージカル!戦前のものから(東京オリンピックがあった)60年代まで、名優による生き生きとした歌や踊りの演技をフィルムで披露します。また、今年は来場者の方々にイベントとしての「まるシネ」を楽しんでもらおうというねらいから、従来の映画館とは一風変わった上映環境や企画を用意してお待ちしています。
みなさん、歌って踊ってる場合ですよ!

表紙イラスト:山田健太

トーク

フランソワーズ・モレシャンのおしゃれ講座 〜時代を読む vol.25

私のディオール物語 part2

2017年12月2日(土)

アートやファッション、そして現代社会についてモレシャン流の鋭い視点で時代を切り取るトークシリーズ。
今回は、前回に引き続きクリスチャン・ディオールの物語をお届けします。今年メゾン創業70周年を迎えた、パリ・ファッション界のトップランナーであり続けるディオールの世界を、モレシャンさんとともに散策しましょう。

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

Your Memory「あなたの思い出」の品々で クリスマス・リースを 作りましょう!

2017年12月2日(土)

日本・デンマーク外交関係樹立記念展「日々の生活ー気づきのしるし」では、思い出の一言を添えた品物を、誰かの思い出の品と交換するプロジェクト「Your Memory(あなたの思い出)」を開催しました。
今回は、Your Memoryで集まった誰かの思い出の品々を使って、クリスマス・リースをつくりましょう。
1年を感謝するこの季節に、思い出のリースで共に喜びを分かち合うことが出来るように、デンマーク・クラブ員がご一緒します。


※このワークショップは日本・デンマーク外交関係樹立記念展「日々の生活 – 気づきのしるし Everyday Life – Signs of Awareness」に合わせて活動するデンマーク・クラブが開催します。クラブ員と一緒に、おしゃべりしながら気軽に参加できる会です。ぜひお立ち寄りください。

ウェブ公開調査:粟津潔の写真についての情報募集 昭和34年に津軽地方で撮影された場所を調べています。

2017年7月7日(金) - 2017年12月20日(水)

金沢21世紀美術館では、「コレクション展1 粟津潔、マクリヒロゲル4 海と毛布—粟津潔の写真について」の開催にあたり、粟津潔が撮影した写真作品についての調査を進めました。特に、昭和34年に津軽地方を旅したときに撮影した写真について調査し、約40点の作品について制作年や撮影場所を明らかにすることができました。けれども、まだ詳細のわからない写真が残されています。
下記にあげた10枚の写真は、おそらく昭和34年3月の津軽地方で撮影されたと推測されるものですが、まだ場所を特定することができていません。撮影場所をご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ情報をお寄せください。
調査へのご協力のほどよろしくお願いいたします。

下記掲載の写真の撮影場所をご存知の方は、電話かメールにて下記にご連絡ください。メールの場合は、折り返しご連絡をさせていただきます。
電話 : 076-220-2801(担当:学芸課 高橋律子)
メール : aw@kanazawa21.jp (件名に「津軽の写真」または「粟津潔の写真」と記入ください。)

※調査の参考情報として活用させていただきます。個人情報ほか情報をそのまま公開することはございません。あらかじめご理解のほどお願いいたします。
※情報募集は2017年12月20日までとさせていただきます。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

条件に該当する催しがありません。

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

シアター21

一般主催イベント

永島留美×平尾美恵 白と黒

2017年12月26日(火) - 2017年12月27日(水)

作曲家・ピアノ奏者の永島留美と美術家・平尾美恵の作品を展示し、ピアノによる即興演奏、ライヴ・ペインティングなどのパフォーマンスをおこないます。会期中、観客参加プログラムも同時に開催します。

​作曲家・永島留美はこれまで、「生」について強く訴える歌曲《息の結晶》(詩:ツェラン)や、フルートの特殊奏法を用いた〈○△□〉などの現代音楽から重唱曲〈春への憧れ〉のようなシンプルな調性に基づく作品まで、多様な作品を生み出してきました。また、水によって描かれたイメージが消えていくことを通して「無常観」を伝えようとした〈水の語らい〉などのコンセプチュアル作品も制作しています。

美術家・平尾美恵は、多彩な作風を持ち、「蟻」シリーズ、「りんご」シリーズでは、ひとつのモチーフを立体、平面、インスタレーションなどさまざまなスタイルに変化させています。また、「ホワイト・ペインティング」シリーズでは「無とは何か?」という問いを鑑賞者に投げかけています。その他、エネルギーにあふれるライヴ・ペインティングをおこなうことでも知られています。

永島と平尾は、それぞれの制作活動の他、観客参加型作品の制作やワークショップを積極的におこない、「参加する楽しさ」、「ともにつくる喜び」を伝えようとしてきました。会期中、会場で二人はパフォーマンスをおこないます。音やかたちが生み出される一瞬、一瞬を体感しながら、「話す」、「歩く」、「紙を撒く」など、みなさんにご参加いただけるプログラムを用意しています。「参加する楽しさ」、「ともにつくる喜び」を感じながら、「白と黒」に囲まれた空間を是非、味わってみてください。

観客参加プログラム、即興演奏、ライヴ・ペインティング開催日時、プログラム詳細につきましては、ウェブサイトをご覧ください。https://rrrngsm.wixsite.com/shiro-kuro

期間:
2017年12月26日(火) - 2017年12月27日(水)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
(1)12月26日(水)13:00~18:00 (2)12月27日(水)10:00~18:00
料金:
無料
主催:
Atelier N
後援:
アジア同時代音楽協会(ADOK)、北國新聞社
協力:
ミュージックアート北野印房
お問い合わせ:
Atelier N
TEL 090-2125-3286
MAIL 2017shirokuro@gmail.com
URL https://rrrngsm.wixsite.com/shiro-kuro