日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念展

日々の生活 – 気づきのしるし Everyday Life – Signs of Awareness

2017年8月5日(土) - 2017年11月5日(日)

デンマークと日本は、それぞれの歴史や文化を背景に、ときに影響し合いながら発展してきました。特に、機能と実用性に加え、美しい意匠をまとった優れたデザインは、両国の文化的アイデンティティと美意識を示すものとして、極めて高い評価が与えられています。
デンマークは、建築、家具、生活用品をはじめ、福祉、教育、交通網など、国のグランド・デザインも含めた優れたモデルを構築して、屈指のデザイン大国として世界の人々の強い関心を集めてきました。一方の日本は固有の文化・思想に基づき、時代の象徴となるデザインを創造し、小型でシンプルな形を可能にした技術力、素材の特徴を最大限に引き出す伝統の技とその継承によって、デザインの分野でも独自の価値を提案し続けています。本展では、日本とデンマークのデザイナー、建築家、アーティストによる、日常を豊かにする気づきの「現れ」を紹介し、デザインを通して両国の現代の暮らしに見るモノとコトについて考察します。

ヨーガン レール 文明の終わり Jurgen Lehl The End of Civilization

2017年8月5日(土) - 2017年11月5日(日)

自然とともに暮らし、その尊さを伝えてきたデザイナー、ヨーガン レール(1944-2014)が「最期の仕事」に選んだのは、深刻な環境の問題に向かい、海岸に打ち寄せられた廃品のプラスティックから美しい照明を作り出すことでした。決して自然に還ることのないプラスティックが、再び実用の場を与えられ輝き出します。
また、展覧会ではこれらの照明と共に、ヨーガン レールが、その唯一無二の美しさに魅了され、長い時間をかけて拾い集めた、ババグーリ/瑪瑙石を展示いたします。この対照的な展示には、2014年に急逝したヨーガン レールの、自然への敬意をもって生きることの強いメッセージが込められています。

lab.2

Sight

2017年8月5日(土) - 2017年11月5日(日)

視覚経験を全く新しいものに変える感覚拡張デバイス「Sight」の開発に取り組むプロジェクト(和家尚希、鈴木良平、伏見遼平、宗像悠里)の活動を紹介します。イルカやコウモリが音を手掛かりに空間を移動し餌をとるように、目にする映像を音に変換することで視覚の世界を「聴く」デバイスの開発状況をプレゼンテーションしつつ、継続的なリサーチの場として開きます。

※実験室や研究室を意味する「laboratory」の短縮形である「lab」を冠したこの展覧会シリーズでは、会場となるデザインギャラリーを単なる作品展示の場所として用いるのではなく、調査・研究・実験の場として開きつつ、そのプロセスをプレゼンテーションします。本年度は「知覚の拡張と補完」をテーマに「lab.1 OTON GLASS」(4/28〜7/23)を紹介。

コレクション展2 死なない命

2017年7月22日(土) - 2018年1月8日(月)

人工知能や遺伝子工学の発達によって「生命の編集」「機械との共存」「不死」といった主題が注目されるよう になり、これまでの生命観や倫理観がいま問われています。今回の展覧会では、当館のコレクションから9 作家を選び、「命が死によって消え去る」という従来の生命観に対して「死なない命」のあり方について考え させる作品を紹介します。さらに4作家の生物を媒体とした1930年代から今日までのテーマに沿う表現を 加えることで「新たな生命を造形する意味」や「人工的な自然を生きることの可能性」など、当館所蔵作品の 意味を新たな角度から読み直し、生命の「いま」について考えます。

アペルト07

川越ゆりえ 弱虫標本 Insect Specim en of a Coward

2017年5月27日(土) - 2017年9月24日(日)

川越ゆりえ(1987-)は「人の感情の蠢きを虫にしたら」と発想し、心の動きを仮想の虫の姿態に呼応させて、幻想的な世界を表現します。擬人化ならぬ擬虫化したモチーフは、さらに、昆虫標本に仕立てられ、人間 の滑稽さや愛すべき表情にも見えてきます。今回の個展では最新作を含め代表作《弱虫標本》(2013)などを展示、川越が愛おしいと語る様々な感情たちや弱虫たちの世界を紹介します。

EVENTイベント

パフォーマンス

芸術交流共催事業

劇団新人類人猿 「 R E P T 」

2017年9月16日(土) - 2017年9月18日(月)

「わたくしといふ現象は/仮定された有機交流電燈の/ひとつの青い照明です/・・・」3・11東日本大震災から6年。これは宮沢賢治の「春と修羅」をモチーフに、研ぎ澄ませた感覚と、極めてゆっくりな動きの身体を軸に、<記録>と<記憶>と<想像力>で作る「一瞬の風景」の残像です。

パフォーマンス

トヨタ コレオグラフィーアワード 2016 受賞者 レジデンシープログラム

平原慎太郎「聖獣記」成果発表公演

2017年9月9日(土) - 2017年9月10日(日)

次代を担う振付家・平原慎太郎が、踊る。2016年、トヨタ コレオグラフィ―アワードにおいて「次代を担う振付家賞」「オーディエンス賞」をダブル受賞の平原慎太郎が自身のカンパニーOrganWorksを率いて臨む、新作。

Photo: HARU
Organ Works アレコレ2『Triple Bill』
「Reason to Believe」より[ENDING]
会場:あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

「コレクション展2 死なない命」とともに

絵本を読もう

2017年9月23日(土)

絵本を読んだ後、作品鑑賞を行います。

読み手:木貞友里(ライブラリアン)

日々の生活 – 気づきのしるし Everyday Life – Signs of Awareness 関連プログラム

TALK SERIES VOL.5 クレスチャン・ホルムステズ・オーレスン「デンマークのデザインーインターナショナルな表現」

2017年9月22日(金)

※講師急病のため、中止となりました。誠に申し訳ございません。

デンマークのデザイン ー インターナショナルな表現
デンマークのデザインが国際的な広がりを見せたのは、1949年にアメリカのジャーナリストが紹介したのがはじまりです。アメリカは前衛芸術の流れを受けて、古き良き時代に戻ろうとしていた時代でした。このデンマーク・デザインの紹介により、古くから無駄を省いて高度に洗練された農耕文化を持っているデンマーク工芸品の質の高さが人気を集め、デンマークのデザインは国際的なブランドになりました。そうであるなら、昔から現代までのデンマークデザインは、どのように特徴づけられているのでしょうか?

デンマークのデザイナーのハンス・J・ ヴィーイナ(Hans J. Wegner)は、デンマークのデザインの特徴を本質を純化していくプロセスとして説明しました。これは、デンマークのデザイナーが、絶えまなくデザインを洗練し続けた結果、ロング・デザインの伝統を築いていたことを意味しています。世界で他のどの国においても、デンマークのように過去のものを研究し、その研鑽から現代的なものに発展させるということに焦点を絞っている国は見当たりません。例えば、他の文化のひとつ、特に日本文化における形態について言及できることは、プライベートでも公共空間においても、なだらかに高度なデザイン社会として育まれて発展してきたということです。それは、すべてのものがあらゆる場所で伝統と工芸の美徳の影響を示しているといえます。デンマークのデザインについて言及できることは、時代を超越している、ということ、またあるいは少なくとも素材の耐久性に優れているということがいわれています。 それは長年の伝統に支えられているのです。

lab.リレートーク

2017年9月17日(日)

2017年度よりはじまった新しい展覧会シリーズ「lab」。実験室や研究室を意味するこのシリーズでは、作品展示の場所としてだけでなく、調査・研究・実験の場として開きつつ、そのプロセスを紹介してきました。「lab.リレートーク」では、第1回のOTON GLASS、第2回のSightより中心メンバーをお招きし、各プロジェクトの成果報告や今後の展開について語っていただきます。トークのあとは「知覚の拡張」をテーマにディスカッションを予定。

日々の生活 – 気づきのしるし Everyday Life – Signs of Awareness 関連プログラム

TALK SERIES VOL.4 大本綾「デンマークと日本のデザイン教育の未来」

2017年9月16日(土)

展覧会をより詳しく理解していただくためにデザイン、教育、医療、都市計画の分野に関わるトーク・シリーズを開催します。

日々の生活 – 気づきのしるし Everyday Life – Signs of Awareness 関連プログラム

TALK SERIES VOL.3 繁富(栗林)香織「細胞を折る? ―折り紙の折り畳み技術の医療への応用―」

2017年9月15日(金)

展覧会をより詳しく理解していただくためにデザイン、教育、医療、都市計画の分野に関わるトーク・シリーズを開催します。

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

毎週土日祝

9月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

ウェブ公開調査:粟津潔の写真についての情報募集 昭和34年に津軽地方で撮影された場所を調べています。

2017年7月7日(金) - 2017年12月20日(水)

金沢21世紀美術館では、「コレクション展1 粟津潔、マクリヒロゲル4 海と毛布—粟津潔の写真について」の開催にあたり、粟津潔が撮影した写真作品についての調査を進めました。特に、昭和34年に津軽地方を旅したときに撮影した写真について調査し、約40点の作品について制作年や撮影場所を明らかにすることができました。けれども、まだ詳細のわからない写真が残されています。
下記にあげた10枚の写真は、おそらく昭和34年3月の津軽地方で撮影されたと推測されるものですが、まだ場所を特定することができていません。撮影場所をご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ情報をお寄せください。
調査へのご協力のほどよろしくお願いいたします。

下記掲載の写真の撮影場所をご存知の方は、電話かメールにて下記にご連絡ください。メールの場合は、折り返しご連絡をさせていただきます。
電話 : 076-220-2801(担当:学芸課 高橋律子)
メール : aw@kanazawa21.jp (件名に「津軽の写真」または「粟津潔の写真」と記入ください。)

※調査の参考情報として活用させていただきます。個人情報ほか情報をそのまま公開することはございません。あらかじめご理解のほどお願いいたします。
※情報募集は2017年12月20日までとさせていただきます。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

一般主催展覧会

版画家上田淑子を偲ぶー無垢で甘美な少女の思い出

2017年9月26日(火) - 2017年10月1日(日)

平成25年(2013)に金沢市平和町の自宅火災で急逝した版画家上田淑子。金沢美術工芸大学教授・森嘉紀の版画講習会に参加後、昭和28年(1953)「北国版画協会」の発足と同時に会員となり同協会で作品を発表し続けました。その活動は決して華やかではありませんでしたが、家族との思い出を極めて個人的なメルヘンとして作品化していくその世界観に惹かれる根強いファンが多くいました。本展は、上田淑子の作品を残したいという強い思いを共有する人たちの協力により開催されます。

期間:
2017年9月26日(火) - 2017年10月1日(日)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
NPOひいなアクション
共催:
金沢市
後援:
北國新聞社
お問い合わせ:
高橋 律子(NPOひいなアクション)
TEL 090-2030-5664
メール hiinaaction@gmail.com
URL http://www.facebook.com/hiinaaction
市民ギャラリー

一般主催展覧会

水彩画アーティスト明石泰一マンダラ画アーティスト明石露香二人展

2017年9月26日(火) - 2017年10月1日(日)

期間:
2017年9月26日(火) - 2017年10月1日(日)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
明石 泰一
お問い合わせ:
明石 泰一、露香
TEL
・080-5065-4096
・0266-78-3559
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第34回石川県写真家協会展

2017年9月26日(火) - 2017年10月1日(日)

期間:
2017年9月26日(火) - 2017年10月1日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
石川県写真家協会事務局
お問い合わせ:
石川県写真家協会事務局
TEL076-261-5959
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第26回全国公募水墨画北水展

2017年9月20日(水) - 2017年9月24日(日)

期間:
2017年9月20日(水) - 2017年9月24日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
水墨画北水会
お問い合わせ:
水墨画北水会事務局
橋口 百歩
電話:076-252-3656
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第43回松映水墨画塾水暈墨章展

2017年9月12日(火) - 2017年9月18日(月)

松映水墨画塾主宰小川伸洋(能美市)の一門会員が日本独自の水墨画の継承と、石川県における水墨画の発展向上をめざし日頃研鑽の成果を発表します。墨の濃淡やぼかしと余白の美が特徴の「和の水墨」を基調とした作品と「現代水墨画」といわれる公募展出品作品を交え約180点を出品予定。

期間:
2017年9月12日(火) - 2017年9月18日(月)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
松映水墨画塾
後援等:
北國新聞社、石川県水墨画協会
お問い合わせ:
松映水墨画塾
事務局長 山上 憲治
TEL090-5689-3352
メール:kenyama@mirror.ocn.ne.jp
市民ギャラリー

一般主催展覧会

和紙ちぎり絵展 金沢サークル

2017年9月5日(火) - 2017年9月10日(日)

日本の伝統である和紙をちぎって貼った絵画です。ちぎり絵和紙のやわらかさと暖かさを感じていただきましたら幸いでございます。

期間:
2017年9月5日(火) - 2017年9月10日(日)
10:00〜17:00(最終日16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
和紙ちぎり絵金沢サークル
後援等:
北國新聞社、テレビ金沢
お問い合わせ:
和紙ちぎり絵金沢サークル
村戸 静江
TEL076-267-1052(090-7746-0701)
FAX 076-267-1052
市民ギャラリー

一般主催展覧会

浦建築作品展2017 カタチと夢をつなぐものⅤ

2017年9月5日(火) - 2017年9月10日(日)

建築とは「夢」を空間という「カタチ」で表現すること。
その二つをつなぐのが、まさしく「設計」という仕事であると私たちは考えます。
デザインにおいて、機能において、環境において、コミュニティにおいて・・・
60周年を迎えた浦建築研究所の新たな取り組み、未来に向けての提案をご紹介します。

期間:
2017年9月5日(火) - 2017年9月10日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
株式会社 浦建築研究所
お問い合わせ:
株式会社浦建築研究所
電話076-261-4131
FAX076-223-1251
URL http://www.uraken.co.jp
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第6回 I・P・C写真展 ISHIKAWA 絆

2017年9月5日(火) - 2017年9月10日(日)

期間:
2017年9月5日(火) - 2017年9月10日(日)
10:00〜18:00(最終日は16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
石川プロフォトサークル
お問い合わせ:
金沢写真院 留田
TEL 076-243-0088

一般主催展覧会

POWER OF PRINCESS ディズニープリンセスとアナと雪の女王展

2017年9月2日(土) - 2017年9月30日(土)

「白雪姫(白雪姫)」「シンデレラ(シンデレラ)」「オーロラ姫(眠れる森の美女)」「アリエル(リトル・マーメイド)」「ベル(美女と野獣)」「ジャスミン(アラジン)」「ラプンツェル(塔の上のラプンツェル)」「アナとエルサ(アナと雪の女王)」の9人のプリンセスを取り上げます。
アートやセル画、実写映画、テーマパークのドレスや小道具、マケット(模型)、フィギュアなど貴重なアイテムを一堂に展示します。
©Disney

期間:
2017年9月2日(土) - 2017年9月30日(土)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
一 般    前売1,300円、当日1,500円
高校・大学生 前売1,000円、当日1,200円
4歳~中学生 前売700円、当日 800円
主催:
石川テレビ放送、北陸中日新聞、電通
後援等:
石川県、金沢市、金沢市教育委員会、石川県私立幼稚園協会、エフエム石川、富山テレビ放送、福井テレビジョン放送
お問い合わせ:
石川テレビ放送 事業部
電話076-267-6483(平日9:30~18:00)
URL http://www.ishikawa-tv.com

一般主催展覧会

2017 印章展北陸「はんこの美」

2017年9月2日(土) - 2017年9月3日(日)

はんこの美と題してハンコの事を理解していただく内容です。歴史を年表・展示物からひも解き職人の手彫り技術を作品を通じて感じる技術者の実演や来場者の体験できる篆刻教室を行います。昔ながらの技術から現代の最新彫刻まで来場者にPRする事を目的とします。

期間:
2017年9月2日(土) - 2017年9月3日(日)
10:00〜17:00(最終日16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
公益社団法人 全日本印章業協会
後援:
石川県・金沢市・北國新聞社・北陸朝日放送・テレビ金沢・北陸放送
お問い合わせ:
福岡俊明
TEL 076-231-5545・080-6356-9869
FAX076-231-4778
メールhanya2meikohdo@lake.ocn.ne.jp
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第3回黒田街子パッチワークキルト教室展in金沢

2017年9月1日(金) - 2017年9月3日(日)

黒田街子作品をはじめ、生徒50名が教室で学んだ技術を活かして作った小物からベッドカバーサイズまでのキルト約150点を展示。

期間:
2017年9月1日(金) - 2017年9月3日(日)
10:00〜18:00(最終日16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
黒田 街子
後援等:
公益財団法人 日本手芸普及協会
お問い合わせ:
宮腰裕子
TEL/FAX 076-296-3372
MAIL miyakoshi3372@rapid.ocn.ne.jp
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第10回日本風景写真協会石川県支部展「四季の彩り」

2017年8月29日(火) - 2017年9月3日(日)

期間:
2017年8月29日(火) - 2017年9月3日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
日本風景写真協会石川県支部
お問い合わせ:
諸谷 三代次
TEL090-8965-7679

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

シアター21

一般主催イベント

桂まん我ひとり会 ~桂まん我の落語を聴く会 金沢篇 第30回スペシャル~

2017年9月24日(日)

桂まん我ひとり会金沢編、めでたく丸十年、三十回を迎えることとなりました。
日頃のご贔屓に感謝し、今回はスペシャルヴァージョン!
落語とともに、裏方のお囃子、三味線太鼓の実演を舞台上で見ていただこうという趣向です。
この機会、お見逃しなく!!
=出演=
桂まん我、桂米輝
=三味線=
豊田公美子(石川県出身)
「お囃子あれこれ」あり

期間:
2017年9月24日(日)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
14:00〜16:00(開場13:30)
料金:
前売券 2,500円、当日券 3,000円
※中学生未満の入場はご遠慮ください
※チケット取り扱い
 ○石川県音楽堂チケットボックス TEL 076-232-8632
 ○チケットぴあ Pコード458-796 TEL 0570-02-9999
※インターネット予約URL http://katsura-manga.jimdo.com
主催:
桂まん我
お問い合わせ:
米朝事務所
TEL 06-6365-8281(平日10:00~18:00受付)
MAIL rakugo.manga@gmail.com
URL http://katsura-manga.jimdo.com
シアター21

一般主催イベント

第55回宣伝会議賞特別セミナー

2017年9月23日(土)

第55回宣伝会議賞の開催にあわせ、特別セミナーを開催いたします。東京、金沢で活躍するコピーライターをゲストに招き、自身のお仕事のことはもちろん、これまでの宣伝会議賞受賞作品などを通して、「よい広告」「よいコピー」とな何か?についてもお話いただきます。
広告、クリエイティブに興味をお持ちの方、宣伝会議賞への応募をお考えの方、ぜひお気軽にご参加ください。
登壇者:中村 禎 氏、小林 幹 氏

期間:
2017年9月23日(土)
19:30〜21:00(開場19:15)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料(webサイトからお申込みをお願いします)
お申込みURL http://www.sendenkaigi.com/event/detail.php?id=11502
主催:
(株)宣伝会議
お問い合わせ:
(株)宣伝会議北陸本部
TEL 076-224-3010
FAX 076-224-3475
MAIL hokuriku@sendenkaigi.co.jp
URL http://www.sendenkaigi.com/event/detail.php?id=11502