コレクション展1 PLAY / 粟津潔、マクリヒロゲル4 海と毛布ー粟津潔の 写真について

2017年4月29日(土) - 2017年7月23日(日)

PLAYは「遊ぶ」という意味だけでなく「演じる、演奏する、競技する、振る舞う、行動する」といったように、私たちの日常に起きている能動的で積極的な行為を表すことばです。そのように考えてみると、私たちの毎日はPLAYの連続で、それは個人の人生を、広くは人類の文化を構築しているとも言えるのかもしれません。
本展では、これら多義的な意味を持つPLAYをキーワードに12名のコレクション作家による作品を紹介します。鑑賞者の体験をとおして新しい発見や発想を促すものから、アーティストの日常の行為や思考の集積、演技や競技を作品に取り込むものまで多様な拡がりを認めることができます。本展をとおして、人類に備わる本質的な機能であるPLAYが、作品にどのように立ち現れてくるのか、あるいは、鑑賞者と作品とがどのような関係性を結ぶことができるのか考えてみたいと思います。そして、展覧会そのものが、鑑賞者の皆様に様々なPLAYを促すきっかけとなることを期待しています。

粟津潔、マクリヒロゲル4 海と毛布ー粟津潔の 写真について
金沢21世紀美術館は、約3000点の粟津潔の作品・資料をコレクションしています。「粟津潔、マクリヒロゲル」は2014年より開催している小特集シリーズで、粟津のコレクションを毎回異なる切り口で紹介しています。4回めにあたる今回は、粟津潔が撮影した写真作品についての調査を軸に展示を行います。

lab.1

OTON GLASS

2017年4月8日(土) - 2017年7月23日(日)

父親の失読症をきっかけに開発が進められている〈OTON GLASS〉。視覚的な文字情報を音声に変換することで「読む」行為をサポートする眼鏡型のデバイスです。ディスレクシア(難読症、読字障がい)の補助をはじめ、外国の街を歩く際など、文字を読むことが困難なさまざまなシーンでの「読む」能力の拡張を目指す〈OTON GLASS〉の取り組みを紹介します。さらに会場内には〈OTON GLASS〉のプロトタイプを装着し、実際にその機能を体験できるスペースを設け、開発者による実用化に向けた研究のプロセスを可視化します。既存のテクノロジーを組み合わせつつ、革新的なデバイスの開発に取り組むスタートアップの「現場」にぜひ立ち会ってください。

池田学展 The Pen ー凝縮の宇宙ー

2017年4月8日(土) - 2017年7月9日(日)

極めて細いペン先から壮大な世界を描き出すアーティスト、池田学(1973-)。1日に握りこぶしほどの面積しか描くことができないという画面は、緻密な描写や壮大な構成によって裏打ちされた、現実を凌賀(りょうが)するかのような異世界の光景を現出させ、米国をはじめ世界的に大きな評価を得ています。本展は、池田の画業の全貌を紹介する、初めての大規模な個展です。中でも米国ウィスコンシン州のチェゼン美術館の滞在制作プログラムにより3年にわたって制作された新作《誕生》は必見です。

アペルト06

武田雄介

2017年1月21日(土) - 2017年5月7日(日)

武田雄介(1985年、広島生まれ)は金沢美術工芸大学で油絵を専攻し、2014年に同大学院博士後期課程を修了、現在も金沢を拠点に制作を続け、絵画、写真、映像、音といった様々な素材を組み合わせたインスタレーションを発表してきた。武田は昨年10月より当館のプロジェクト工房をスタジオとして日々制作を進めており、本展ではこうした当館での滞在制作活動から生み出される最新の作品群を紹介する。絵画、映像、ドローイング、塑像など多様なメディアはそれぞれ独立した作品として展示空間に配置されるが、一方でそれらは「イメージの奥行き/イメージの湿度」を通奏低音としつつ、層状に重なり合い、切断され、ずれ、変容し続け、不定のもの、あるいは未分明のものとして私たちの眼前にとどまる。こうした作品とその相関は「可視と不可視」「現実と虚構」といったイメージが包含する座標軸を浮動させ、私たちの知覚に揺さぶりをかけるだろう。

EVENTイベント

パフォーマンス

自治区 03

小金沢健人+曽我大穂「光の工作、巡る音」

2017年4月29日(土)

小金沢健人によるプロジェクタを用いた即興的な光のパフォーマンスと、CINEMA dub MONKSを率いマルチプレイヤーとして活躍する曽我大穂の音。ふたりのセッションによる光の工作、巡る音。

トーク

自治区 02

トーク・プログラム〈In a Grove〉 アルフレッド・ジャー「IT IS DIFFICULT」

2017年4月23日(日)

多元的な焦点によって不確かなままに留まる世界と、私たちはどのように関わることができるのか。「藪の中」をかき分けて進むように、もがきながらも自律的に行動するゲストによるトークシリーズ〈In a Grove〉。第1回は、ルワンダで発生したジェノサイドを主題とした「ルワンダ・プロジェクト」など、社会的・政治的な問題に対して透徹した眼差しを向け続けるアーティスト、建築家のアルフレッド・ジャーをゲストに招く。

イベント

自治区 01

八谷和彦「OpenSky 報告会」

2017年4月8日(土) - 2017年4月15日(土)

メディア・アーティスト八谷和彦による〈OpenSkyプロジェクト〉は、「個人的に飛行装置を作るプロジェクト」として2003年に始まった。宮崎駿・作『風の谷のナウシカ』に登場する飛行機「メーヴェ」をモデルとした、実際に乗れる一人乗りジェットグライダーを制作し、飛行するという夢のようなプロジェクトは、同年に勃発したイラク戦争への憤りをきっかけとして生まれた。実現のために立ちはだかる様々な困難をひとつひとつ解決しながら13年の歳月を経た2016年、とうとうジェットエンジンを積んだ機体《M-02J》が大空を旋回。メーヴェに似た機体が鮮やかに空を飛ぶ様子はSNSなどを通じて拡散し、多くの人が目撃することとなった。
今回のプログラムでは、実際に飛行に使われた機体を展示すると同時に、飛行の様子を地元金沢で活動する工房ヒゲキタ制作の3Qドーム(3/4球ドーム)で鑑賞する大迫力の上映会や〈OpenSky〉の現在と今後の展開について作家本人が語る報告会を開催。また、エージェンシーとして魅力的なクリエイティブを支え広げていく株式会社コルクの佐渡島庸平氏との対談や、プラモデルからサイズを計測し、実寸(1/1)で戦車の実物大模型を作る「プラモデルを1/1で作る会」代表の大橋保彦氏による《ドイツ軍空挺戦闘車ヴィーゼルⅡレプリカ》の展示など、作家と同じように無謀とも思える夢に立ち向かう人々の活動を紹介する。
プロジェクト名である〈OpenSky〉は、空をもっと自由に、身近にしたいという作家の願いが込められている。「開け、空!」の先に広がる世界を体感せよ。

OpenSky 《M-02J》 フライト写真
撮影:五十地輝

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

「まるびぃ みらいカフェ」オトナスタジオvol.9

まるびぃ ご近所めぐり「うら坂出逢いさんぽ」

2017年4月15日(土)

一緒にまるびぃご近所の坂道を堪能してみませんか?
上がって下がって振り向いて
見えてくる坂道にあなただけの名前をつけてみよう。

こんなオトナに向いています!(ひとつでもあてはまったら、ぜひ参加を!)
・坂に興味があるオトナ
・おしゃべりをしたいオトナ
・散歩コースを増やしたいオトナ
・知らない金沢を知りたいオトナ
・ワクワクを共有したいオトナ

池田学展 The Pen ー凝縮の宇宙ー

池田学 アーティスト・トーク「《誕生》が誕生するまで」

2017年4月8日(土)

2013年からの3年間、米ウィスコンシン州・チェゼン美術館での滞在プログラムで公開制作された《誕生》。この3×4メートルの巨大な作品には、東日本大震災のこと、娘の誕生、親友の死、利き腕の怪我など、さまざまな想いが込められています。
池田学アーティスト・トークでは、会場でしか聞けない制作秘話を交えながら、《誕生》のすべてを作家自身が語り尽くします。

出演:池田学(出展アーティスト)
   内呂博之(本展担当キュレーター)


トーク終了後 サイン会あり
現在発売中の作品集「池田学 The Pen」 にのみサインいたします。
トークに参加できなかった方も入場可能です。

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

毎週土日祝

4月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

一般主催展覧会

金魚美抄展~金魚を描くアーティストたち~

2017年4月22日(土) - 2017年5月21日(日)

本展は美術家 深堀隆介 さん監修のもと、美術作家や造形家、イラストレーターなど22名が、金魚をモチーフにそれぞれの観点で描いたり、造作したりした約160点の金魚アートを一堂に展示します。

期間:
2017年4月22日(土) - 2017年5月21日(日)
10:00〜18:00(最終日16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
一  般 前売:800円、当日900円
高・大生 前売:600円、当日700円
小・中生 前売:400円、当日500円
主催:
北陸中日新聞、石川テレビ放送
後援:
石川県、金沢市、金沢市教育委員会、いしかわ結婚・子育て支援財団、エフエム石川 ほか
お問い合わせ:
北陸中日新聞事業部
電話076-233-4642
FAX076-233-4646
URL http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第24回仙之会木版画展

2017年4月20日(木) - 2017年4月23日(日)

期間:
2017年4月20日(木) - 2017年4月23日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
小泉 久美雄
TEL 076-243-4608
市民ギャラリー

一般主催展覧会

ふしぎな花倶楽部中部花の輪いしかわ 押花合同展

2017年4月20日(木) - 2017年4月23日(日)

期間:
2017年4月20日(木) - 2017年4月23日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
葛葉 タカ
TEL 090-9443-0661
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第39回北研写真展

2017年4月20日(木) - 2017年4月23日(日)

期間:
2017年4月20日(木) - 2017年4月23日(日)
10:00〜18:00(最終日16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
土田 貴夫
TEL 076-251-0723
金沢21世紀美術館

一般主催展覧会

第73回現代美術展

2017年3月30日(木) - 2017年4月16日(日)

1945 (昭和20)年10月に第1回展を開いて以来、毎年行われている現代美術展は、今年73回展を迎えます。その間、文化勲章受章者、文化功労者、日本芸術院会員、人間国宝(重要無形文化財保持者)をはじめ多くの作家を生み出し、その成果は「美術王国・石川」として大きく花ひらいております。全国地域美術展の最高峰として高く評価されている現代美術展では、所属会派を超えて、日本画・洋画・彫刻・工芸・書・写真の6部門から、一般財団法人石川県美術文化協会会員らの秀作に、一般公募からの入賞・入選者の意欲作を合わせた約1100点を展示します。

期間:
2017年3月30日(木) - 2017年4月16日(日)
9:30~18:00会期中無休
会場:
金沢21世紀美術館
石川県立美術館
料金:
一般:1,000円(前売:900円)
高大生:600円(前売:500円)
小中生:500円(前売:400円)
※団体(20人以上)は前売料金の各100円引き
主催:
一般財団法人石川県美術文化協会、北國新聞社、北陸放送、テレビ金沢、石川県、金沢市、石川県教育委員会、金沢市教育委員会、一般財団法人石川県芸術文化協会
後援:
加賀市、小松市、能美市、白山市、野々市市、かほく市、羽咋市、七尾市、輪島市、珠洲市、内灘町、津幡町、金沢商工会議所、金沢中央ライオンズクラブ、北國新聞文化センター、NHK金沢放送局、エフエム石川、ラジオかなざわ・こまつ・ななお、金沢ケーブルテレビネット
お問い合わせ:
金沢市南町2番1号 北國新聞社事業局内
一般財団法人石川県美術文化協会
TEL 076-260-3581

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

一般主催イベント

ユネスコ・インターナショナル・ジャズデイ

2017年4月30日(日)

ジャズが教育や世界平和、連帯、相互対話に資するツールとなりうることの認識が広まることを目的として、2011年11月のユネスコ総会にて、4月30日を「国際ジャズデイ」と定めることが決定されました。
これに賛同して金沢でも2013年より毎年開催しているコンサートです。

期間:
2017年4月30日(日)
17:00〜19:00(開場16:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
500円(当日ワンコイン)
※事前予約あり
主催:
金沢ジャズ連盟、石川県ユネスコ協会
お問い合わせ:
金沢ジャズ連盟
TEL 076-249-8911
FAX 076-249-8951
MAIL mickey-lfi@hb.tp1.jp

一般主催イベント

映画「なぜ生きる-蓮如上人と吉崎炎上-」上映会

2017年4月27日(木)

シリーズ100万部突破のベストセラー書籍「なぜ生きる」が映画化されました。昨年5月から全国の映画館で公開され、29週連続上映を記録するなど大反響を呼びました。新たな映画館からも引き続き上映希望が寄せられています。たくさんの感動の声が寄せられ、さらに多くの方々にご覧になって頂きたく、ホールでの上映を開催しています。

期間:
2017年4月27日(木)
(1)10:30〜12:00(開場10:00)(2)14:00~15:30(開場13:30)(3)19:00~20:30(開場18:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
当日券大人1,000円、4才~小学生500円
障がい者手帳をお持ちの方+付き添いの方500円
主催:
(株)チューリップ企画
お問い合わせ:
(株)チューリップ企画
TEL 0120-901-267(平日9:00~18:00、土曜日9:00~12:00)

一般主催イベント

映画「なぜ生きる-蓮如上人と吉崎炎上-」上映会

2017年4月25日(火)

シリーズ100万部突破のベストセラー書籍「なぜ生きる」が映画化されました。昨年5月から全国の映画館で公開され、29週連続上映を記録するなど大反響を呼びました。新たな映画館からも引き続き上映希望が寄せられています。たくさんの感動の声が寄せられ、さらに多くの方々にご覧になって頂きたく、ホールでの上映を開催しています。

期間:
2017年4月25日(火)
(1)10:30〜12:00(開場10:00)(2)14:00~15:30(開場13:30)(3)19:00~20:30(開場18:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
当日券大人1,000円、4才~小学生500円
障がい者手帳をお持ちの方+付き添いの方500円
主催:
(株)チューリップ企画
お問い合わせ:
(株)チューリップ企画
TEL 0120-901-267(平日9:00~18:00、土曜日9:00~12:00)
シアター21

一般主催イベント

17th Concert

2017年4月16日(日)

期間:
2017年4月16日(日)
14:00~16:00(開場13:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
ケラハー所村かがり門下生
お問い合わせ:
ケラハー所村かがり
TEL 090-8264-4397
シアター21

一般主催イベント

言語造形公演「 なめとこ山の熊」

2017年4月15日(土)

シンプルな明かりと語り、そしてピアノの即興演奏で送る、熊と熊撃ちの、互いの命を差し出しながらの澄んだやりとりの物語。
心に浮かぶ風景と匂いをお楽しみください。

期間:
2017年4月15日(土)
14:30~16:00(開場14:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売り当日券とも:1,200円、小学生~高校生無料
主催:
ことばのアトリエ「はんの木」
お問い合わせ:
ことばのアトリエ「はんの木」
TEL 0767-66-1011(たや)
MAIL yoshikonoto@gmail.com
URL https://www.facebook.com/hannoki7

一般主催イベント

Mediquarスプリングコンサート

2017年4月2日(日)

『Mediquar』は金沢に住む現役の医学生4名で結成された弦楽四重奏団です。
学生ならではの情熱と、溢れ出る音楽に対する愛情をお届け出来ればと思います。
偶然にも金沢というこの地で、音楽を愛する4名が集まったという“絆”に感謝して、金沢に恩返しをすべく、心を込めて演奏させていただきます。
皆様のご来場をお待ちしております。
曲目:ドヴォルザーク弦楽四重奏第12番『アメリカ』他

期間:
2017年4月2日(日)
14:00〜16:00(開場13:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
当日券500円
主催:
弦楽四重奏団Mediquar
後援:
北國新聞社、テレビ金沢、北陸放送、エフエム石川、ラジオかなざわ
お問い合わせ:
弦楽四重奏団Mediquar
TEL 090-2038-5012(堀)
MAIL mediquar@gmail.com
URL https://twitter.com/mediquar0402