アペルト05

樫木知子 ~Daydream~

2016年9月17日(土) - 2017年1月9日(月)

京都をおもな活動の舞台とする画家、樫木知子(1982年、京都生まれ)。樫木は繊細かつ流麗な描線と透明感のある穏やかな色彩によって、白昼夢のような幻想的な世界を画面に紡ぎ出します。人物をはじめ、多様なモティーフを多層的に描き重ねる樫木独自の描法は、臨場感のある不可思議な絵画空間を現出させ、その異次元世界に観る者を誘い込みます。
本展では京都市立芸術大学大学院在籍中に制作した《タイルの部屋》(2010年)や、本展のために新たに制作した3点の作品など、全7点を展覧します。

《うでピアノ》2015(部分)

コレクション展2

ダイアリー / 粟津潔と建築

2016年9月10日(土) - 2016年11月27日(日)

ダイアリー
ダイアリーとはラテン語の「一日」を指す「diēs」を語源とした、個人的な日記や日誌を意味することばです。書かれた、あるいは描かれたダイアリーには日々の記録が時間の積層として現れ、そこからは記憶、身体、痕跡、日常、反復といった要素を読み取ることができます。さらに個人が自らのために記したダイアリーは、パブリックに開かれることで「歴史」の一部ともなり得ます。
本展はこうした多様な拡がりを持つ「ダイアリー」というキーワードを手がかりとして、8名のアーティストによる作品を紹介します。過去の行為や出来事の記憶がかたちを伴って作品として現れるとき、私たちはそこにどのような「ダイアリー」を発見できるのでしょうか。

粟津潔、マクリヒロゲル 3 粟津潔と建築
金沢21世紀美術館は、約3000件の粟津潔の作品・資料をコレクションしています。「粟津潔、マクリヒロゲル」は、2014年より開催している小特集展示のシリーズで、粟津のコレクションを毎回異なる切り口で紹介しています。
3回目にあたる本展は、「建築」がテーマです。粟津は、1960年代の前衛的な建築運動「メタボリズム」に参加したことを契機に、多くの建築家と協働しながら空間的、環境的デザインを展開し、さらに、印刷メディアを通じて建築運動にも寄与しました。大衆に開くことを目指したモダニズムのデザインに、日本の伝統を再解釈して繋げた点に、粟津の独自性があります。本展では3つのセクション「メタボリズムと万博」「建築家との協働」「建築雑誌のデザイン」に分け、粟津のデザインが同時代の建築運動と共鳴し、それを豊かに増幅させた軌跡を紹介します。

公演「わかったさんのクッキー」関連プログラム

ちがったさんのラッキー

2016年8月11日(木) - 2016年9月4日(日)

展覧会「ちがったさんのラッキー」では、金氏徹平さん(アーティスト)が集めた素材の中から選んだ物を身につけながら、いつもとちょっとちがう自分になることができます。
岡田利規さん( 演劇作家・小説家・チェルフィッチュ主宰)は「いろんな物をいつもとちがう使い方をして撮った写真」を見て、お話をつくり、展示します。写真の登場人物は「ちがったーズ」という本展のコミュニケーターです。素材選びや組み合わせ、そしてできあがった姿かたちにまつわるお話づくりなどを会場で皆さんとご一緒します。
物や人とふれあいながら、いつもとちがった発見ができたあなたは、とってもラッキー!?

コレクション展1

Nous ぬう

2016年5月21日(土) - 2016年9月25日(日)

「Nous」とはフランス語で「わたしたち」を意味する言葉です。「わたしたち」は女性たちであり、また男性たちでもあります。ものを作り出すこと、思いを形にすることに女性と男性の区別はありません。ただ、その手法としての「手芸」を取り上げてみれば、この言葉はおもに女性の創作活動として認知されてきたという歴史があり、暮らしのなかで何かを表現したいと感じた女性たちの多くは、絵筆よりも身近にある、針と糸を思わず手にしてきました。
ひたすらに針をすすめる時間の恍惚感、家族のために縫うことの幸福感と疎外感、自分のために縫うかけがえのない時間、縫うことには多くの思いが込められています。また、縫うことによって生まれる衣服は、着る人そのものを伝えるものでもあります。日常の延長で生み出される作品に、名付けようのない些末で複雑な感情が表現されています。鑑賞者である「わたしたち」のこれまで意識しなかった感情も、これらの作品を通すことによって浮かび上がってくるのではないでしょうか。5名のコレクション作家と、4名のゲスト作家をあわせ、9名の女性作家の作品を展示し、手芸とアート、そしてジェンダーについて考えていきます。

no new folk studio「Orphe」

2016年5月21日(土) - 2016年9月25日(日)

 履き手が動くと楽器のように音を奏で、さまざまな光と色を放つ新感覚シューズOrphe(オルフェ)。ユーザーの動きに反応して奏でられる音と光の軌跡は、身体の動作によって生み出されます。no new folk studioは菊川裕也が2014年に立ち上げたスタートアップ事業です。音楽を生業にしたいと楽器を作りはじめ、音楽系ハッカソンで靴の形をした楽器Orpheのプロトタイプを開発しました。その後もエンジニアやデザイナーらとの恊働によりその精度を高め、いよいよ本格的な販売が始まります。靴や楽器といった固有の何かではなく、あらゆる境界やジャンルを乗り越えるOrpheは、ユーザーの使い方次第で無限の可能性を秘めています。
 本展では、Orpheを履いたダンサーが真夜中の美術館を縦横無尽に駆け巡る映像作品《Motion-Score》をご紹介します。ダンサーの動き(Motion)が音と光に変換され奏でられることから、動きがまるで楽譜(Score)のようです。3面スクリーンでは3つのテーマに基づき映像が展開されます。美術館内を自由に歩き廻る「回遊」、Orpheをまるで楽器のように操る「協奏」、そしてOrpheの音と光が建物と呼応し合う「反響」。次世代クリエイター集団が作り出す音楽インターフェースOrpheをご堪能ください。

SUPERFLEX One Year Project ― THE LIQUID STATE / 液相

2016年4月29日(金) - 2017年3月12日(日)

SUPERFLEXは、コペンハーゲン(デンマーク)を拠点に活動するヤコブ・フィンガー、ラスムス・ニールセン、ビョルンスティエルネ・クリスチャンセンの3人によるアーティスト・ユニットです。現代社会における既存の制度や枠組みに言及しつつ、コミュニティに対して働きかけ、新しい公共空間の創出を提案しています。
今回は、金沢21世紀美術館の建物を微生物を培養する「シャーレ」に見立て、コミュニティとの関係を「培養」「発酵」「醸成」の3つのキーワードで読み解く、約1年間にわたるプロジェクトに取り組みます。

EVENTイベント

パフォーマンス

おいしいおかしいおしばい

わかったさんのクッキー

2016年9月3日(土) - 2016年9月4日(日)

チェルフィッチュ主宰の岡田利規(台本・演出)、アーティスト金氏徹平(舞台美術)。二人の当館収蔵作家が、前野健太(劇中歌)とともに「おいしいおかしいおしばい」の世界を創りあげます。

Photo: Hideto Maezawa

アーティスト・イン・レジデンス

AIR21:カナザワ・フリンジ 2016

2016年6月11日(土) - 2016年9月11日(日)

金沢21世紀美術館を飛び出し、アートな視点で金沢の課題、人、場所に取り組むアーティスト・イン・レジデンス(滞在制作)プログラムです。2015年に「Museum x KNZ Fringe〜街と、人と、出会う」として実施し、2016年に「AIR21:カナザワ・フリンジ」と改名。本年は6月から9月にかけて、5人のディレクターが国内外より招聘するアーティストやクリエイターとともに7つのリサーチプロジェクトを実施します。そこで得られた収穫をもとに、2017年に新作の滞在制作を実施するプログラムへと繋げていきます。

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

「コレクション展1 Nous ぬう」とともに

絵本を読もう

2016年9月25日(日)

絵本を読んだあと、一緒に作品を見に行きましょう。

『エングラシアおばちゃんのおくりもの』
マリオ・モンテネグロ 文
オルガ・マラディアガ 絵
まつもととおる 訳
福音館書店 2005

読み手:大西洋子(ライブラリアン)
作品案内:高橋律子(展覧会担当キュレーター)

コレクション展1 Nous ぬう

ぬうカフェ・レクチャー

2016年9月19日(月)

「ぬう」展のテーマである「縫うこと」や「アート」についていろいろお話します!

5月21日から始まった「Nous ぬう」展もまもなく終了します。縫うことから始まり、縫われることで生まれる衣服にも着目したこの展覧会には9名の女性アーティストが出品しています。日常の延長から生まれる作品たちにはどんな思いが込められているのでしょうか。出品作家のモンデンエミコさんのトーク、「手芸」と「アート」に詳しい山崎明子さんのレクチャーなど盛り沢山。ドリンク片手にゆったりと、手芸やアートについて一緒に考えてみませんか?

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

2016年9月(毎週土日祝)※22日(木)は休館

9月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

公演「わかったさんのクッキー」関連プログラム

ちがったさんのラッキー

2016年8月11日(木) - 2016年9月4日(日)

展覧会「ちがったさんのラッキー」では、金氏徹平さん(アーティスト)が集めた素材の中から選んだ物を身につけながら、いつもとちょっとちがう自分になることができます。
岡田利規さん( 演劇作家・小説家・チェルフィッチュ主宰)は「いろんな物をいつもとちがう使い方をして撮った写真」を見て、お話をつくり、展示します。写真の登場人物は「ちがったーズ」という本展のコミュニケーターです。素材選びや組み合わせ、そしてできあがった姿かたちにまつわるお話づくりなどを会場で皆さんとご一緒します。
物や人とふれあいながら、いつもとちがった発見ができたあなたは、とってもラッキー!?

詳細はこちらへ

コレクション展1 Nous ぬう

モンデンエミコの刺繍日記

2016年5月21日(土) - 2016年9月25日(日)

アートライブラリーの空間に展開される本展の関連プロジェクトは、アーティスト、モンデンエミコによる会期中(ほぼ)毎日更新される刺繍日記。生まれたばかりの長女とともに金沢21世紀美術館を散歩しつつ、日々の記録を積み重ねていく。

※インスタグラムでも作品を公開しています
モンデンエミコ Instagram

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

一般主催展覧会

WEWANTOSEE 日本・ベルギー国際交流美術展in金沢

2016年9月28日(水) - 2016年10月9日(日)

「WEWANTOSEE(ウィーワントゥーシー)日本・ベルギー国際交流美術展in金沢」は、日本・ベルギー友好150周年を記念する文化事業の一環として、両国の美術作家32名が参加する国際交流美術展です。中世の面影を色濃く残すベルギー・ゲント市の姉妹都市として、45年に及ぶ厚みのある国際交流実績を持つ金沢市で、両国ゆかりの美術作家の作品を集めた展覧会を開催し、今後の文化交流と異文化理解にさらなる深みをもたらす事を目的としています。

期間:
2016年9月28日(水) - 2016年10月9日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
日本・ベルギー国際交流美術展in金沢実行委員会(北陸ベルギー友好協会)
後援等:
金沢市、ベルギー大使館、公益財団法人フランダースセンター
お問い合わせ:
本展実行委員会(北陸ベルギー友好協会事務局)
TEL 076-292-3900
FAX 076-292-3901
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第25回全国公募水墨画北水展

2016年9月21日(水) - 2016年9月25日(日)

期間:
2016年9月21日(水) - 2016年9月25日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
水墨画北水会
お問い合わせ:
水墨画北水会事務局
橋口 百歩
電話:076-252-3656
市民ギャラリー

一般主催展覧会

アートアクアリウム展 ~金沢・金魚の密~

2016年9月16日(金) - 2016年10月14日(金)

「アクアリウム」と「アート」、「デザイン」、「エンターテインメント」を融合させ、変幻自在の水槽デザイン、ハイレベルな水質調整、知り尽くした生体管理とライティング、映像等の最新技術を組み合わせた作品の展覧会

期間:
2016年9月16日(金) - 2016年10月14日(金)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
高校生以上 当日:1,200円、前売:1,100円
中学生以下 当日:600円、前売:500円
※3歳以下無料
主催:
アートアクアリウム展金沢実行委員会(北陸朝日放送、北國新聞社、サンライズプロモーション北陸、テレビ朝日、朝日放送、北海道テレビ、HTBプロモーション、メ~テレ、広島ホームテレビ)
後援等:
石川県、金沢市、公益財団法人金沢芸術創造財団、abn長野朝日放送、福井新聞社、FBC福井放送
お問い合わせ:
アートアクアリウム展金沢実行委員会(北陸朝日放送内)
電話076-269-8826
FAX076-269-8853
メールchizaki@hab.co.jp
URL http://artaquarium.jp/
市民ギャラリー

一般主催展覧会

平成28年度 石川の書展

2016年9月3日(土) - 2016年9月9日(金)

石川県の重鎮、新鋭書作家の秀作展

期間:
2016年9月3日(土) - 2016年9月9日(金)
9:30〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館
市民ギャラリー
料金:
500円
主催:
石川県書美術連盟、北國新聞社
お問い合わせ:
石川県書美術連盟事務局
TEL 076-260-3581
FAX076-260-3426

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

一般主催イベント

室内楽コンサート“あなたのために”vol.1

2016年9月23日(金)

今ここに捧げる…
日々誰かのために書かれてきた音。
いつの時代もそれは、そこにいた“あなた”に捧げられてきました。
今宵、作曲家が書き上げた珠玉の一曲を集め、あなたに特別なひとときをお贈りします。
ピアノ:大宅さおり
クラリネット:山根孝司
ヴィオラ:般若佳子

期間:
2016年9月23日(金)
19:00〜21:00(開場18:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売券2,000円、当日券2,500円
※チケット予約はお問い合わせ先まで
主催:
室内楽コンサート“あなたのために”実行委員会
後援:
ベルギー王国大使館
お問い合わせ:
室内楽コンサート“あなたのために”実行委員会
TEL 070-1466-5891
MAIL yoshialto73@gmail.com

一般主催イベント

ロジャー・ターナー金沢公演2016ライブ・アット・シアター21

2016年9月22日(木)

英国演奏家ロジャー・ターナーが昨年に続いて金沢のアヴァン・バイオリン奏者、島田英明とデュオ演奏を行うコンサートを開催します。

期間:
2016年9月22日(木)
18:30〜20:30(開場18:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売券2,500円、当日券3,000円
お問い合わせ先へのメールまたはお電話にて前売予約承ります
主催:
島田英明
お問い合わせ:
島田英明
TEL 076-245-4191
MAIL hsppico@gmail.com
URL https://sites.google.com/site/hsppico/

一般主催イベント

金沢JAZZ STREET 2016 "ワールド・ライブ・ステージ"

2016年9月17日(土) - 2016年9月18日(日)

金沢JAZZ STREET 2016の特別イベント。
欧米やアジアから表現豊かな音楽家たちを招いた国際交流ライブ。
出演:Roberto Olzer Trio、Marco Mezquida Trioほか

期間:
2016年9月17日(土) - 2016年9月18日(日)
17日(土)12:00〜21:00(開場11:30)18日(日)11:00~20:20(開場10:45)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
当日券1,000円(前売券なし、全席自由)
主催:
金沢JAZZ STREET実行委員会
共催:
金沢市、金沢市教育委員会、[一財]石川県芸術文化協会、[一財]北國芸術振興財団、北國新聞社
後援:
北陸放送、テレビ金沢、エフエム石川、金沢ケーブルテレビネット
お問い合わせ:
金沢JAZZ STREET 2016 事務局
TEL 076-224-8133
FAX 076-224-8134
MAIL info@kanazawa-jazzstreet.jp
URL http://kanazawa-jazzstreet.jp

一般主催イベント

Bartlett Schoolが見た日本と建築へのアプローチ~世界最高のロンドン建築学生は…東京と京都に何を感じたのか~

2016年9月16日(金)

University College London(UCL)の建築学部としてBartlett School of Architectureがあります。
その中のUnit 9は日本をテーマに建築のアプローチを進めてきました。
海外の者達が見た日本、それをどのように建築へとすすめ表現しているかを、ぜひスクリーンにてご覧いただき、交流の場としたいことが趣旨であります。
美大、工大、教授のみなさん、そして建築に興味があるみなさんと交流し、建築に関してのディスカッションの場を創りたい。
どうぞご高覧のうえ、楽しんでいただければと思います。

期間:
2016年9月16日(金)
(1)13:00~15:00 (2)15:30~17:30
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売券・当日券とも800円
URL https://www.facebook.com/BartlettArchitectureUCL/?fref=ts
URL https://www.facebook.com/events/295848467437041/
主催:
Bartlett School of Architecture Unit 9
お問い合わせ:
Issui Shioura
MAIL issui736@gmail.com

一般主催イベント

第54回宣伝会議賞特別セミナー

2016年9月14日(水)

宣伝会議が昨年10月に開設した北陸本部では、第54回宣伝会議賞特別セミナーを開催いたします。
東京、金沢で活躍するコピーライターをゲストに招き、自身のお仕事のことはもちろん、宣伝会議賞作品などを通して、「よい広告」「よいコピー」とは何か?についてお話しいただきます。
広告、クリエイティブに興味をお持ちの方、ぜひお気軽にご参加ください。

期間:
2016年9月14日(水)
19:30〜21:00(開場19:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料(webサイトからお申込みをお願いします)
お申込みURL http://www.sendenkaigi.com/event/detail.php?id=7082
主催:
(株)宣伝会議
お問い合わせ:
(株)宣伝会議北陸本部
TEL 076-224-3010
MAIL hokuriku@sendenkaigi.co.jp
URL http://www.sendenkaigi.com