アペルト03

坂野充学 可視化する呼吸

2016年1月30日(土) - 2016年5月8日(日)

本展では、坂野充学が2012年に制作した5面のスクリーンによる映像インスタレーション《Visible Breath》を展示する。坂野は、1977年石川県鶴来町(現白山市)に生まれ、同地で育ち、現在は東京と石川を拠点に活動する映像作家である。坂野は東ロンドン大学で美術と映像制作を学び、帰国後、映像による作品を制作してきたが、近年、地元鶴来の祭りなどの伝統に関心を持つようになった。その調査を受けて生まれたのが本作品である。「鶴来」が「剣」と同音であり、鉄の生産を通じて古代から出雲や大陸との交流があったことをモチーフに制作された。鶴来の伝説に坂野の解釈をちりばめたフィクショナルな内容で、文化の交流をめぐって、見る人の様々な想像力を喚起する。

鷲田めるろ(金沢21世紀美術館 キュレーター)

生誕百年記念

井上有一

2016年1月2日(土) - 2016年3月21日(月)

戦後の日本現代美術を代表する井上有一(1916〜1985年)の生誕百年を記念する大回顧展です。有一は、戦後まもなく世界的に高い評価を得た数少ない日本の現代の書家です。
有一は、紙と墨からなる「書」を現代芸術の文脈の中で、個人の表現物として開花させました。本展では、初期から晩年までの200点を越える代表作によって井上有一芸術の核心に迫ります。
出品作品は、1955年、抽象表現主義と呼応した抽象書「作品」シリーズ、1957年、サンパウロ・ビエンナーレ国際展に出品した初期の代表作《愚徹》、ボンドや凍らせた墨など、素材と描法に工夫を凝らした《好》《母》《風》などの60年代、思想と生き様の一致した《貧》などの70年代、また70年代末から80年代へと晩年に向かい豊かな世界を形成した 《鳥》 《月》 《刎》 《鷹》 などが並びます。
一字書だけでなく、他の代表的なスタイルの作品も展覧されます。戦争の悲惨さを自らの体験によって作品化した《東京大空襲》 《噫横川國民學校》などの多文字書、語りながら書いた 「言葉書」シリーズの《草野心平詩 蛙誕生祭》 《宮沢賢治童話 よだかの星》などのコンテや鉛筆、木炭による書、死に向き合って制作された《宮沢賢治童話 なめとこ山の熊》、臨書《顔氏家廟碑》 《上》、また絶筆ともいえる《心》。有一が生涯こだわった型破りで自由な書の世界を、生涯にわたって制作した作品群の紹介を通じ、回顧展形式で紹介します。

本展キュレーター 金沢21世紀美術館館長 秋元雄史

《心》 1985
ボンド墨・和紙、143×182 cm
個人蔵
© UNAC TOKYO

コレクション展2 歴史、再生、そして未来

2015年11月28日(土) - 2016年5月8日(日)

本年度のコレクション展Ⅰは、私たちにとっての「いま」を問いかける機会としました。それに続くコレクション展Ⅱは、近年新たに収集された作品の紹介とともに、既存のコレクションを再解釈することによって私たちの「未来」を考察する展覧会です。様々な国において、また国内の諸地域においても社会的な価値観が短期間で変化してゆく21世紀のなかで、現代美術はどのような可能性を持つのでしょうか。「歴史」や「再生」というテーマのもと、これからの私たちがたどる道程を皆さんと共に想像する機会となれば幸いです。
また昨年に続き、「粟津潔、マクリヒロゲル2」も同時開催します。今年度のタイトルは「グラフィックからヴィジュアルヘ:粟津潔の視覚伝達論」。1955年の第5回日本宣伝美術(日宣美)展にて《海を返せ》で日宣美受賞以降の日宣美展の出品作品ほか、1960年代の粟津潔のグラフィック及び表現を紹介します。

廣村正彰「金沢でJunglin'」おぼろげ

2015年11月21日(土) - 2016年5月8日(日)

デザインという言葉に含まれる「美」と「思考」が様々な問題解決の糸口を与えてくれます。それはデザインのすべきことをさらに拡張していき、デザイン自体のフィールドを大きく広げているのです。周辺から本質を見ると未来が見えてくる−デザイナー廣村正彰がデザインワークの思考プロセスで金沢の風景を読み解き、金沢21世紀美術館デザインギャラリー空間で新作を展開します。

2010年より始まった、デザイナー廣村正彰による映像インスタレーションのプロジェクト「Junglin’ジュングリン」。本展では新作「おぼろげ」を展示します。「知っている」と思っていた風景は、視点の少しの変化で簡単におぼろげなイメージになってしまいます。しかし、そのおぼろげな風景は、絵葉書の写真のような記号的なイメージからは遠く離れ、その場所の原始的な姿を見せてくれます。私たちが普段どのように風景を見ているのか、また見落としているのか、本作品を通して体験してください。

廣村正彰「金沢でJunglin’」おぼろげ

ザ・コンテンポラリー3

Ghost in the Cell:細胞の中の幽霊

2015年9月19日(土) - 2016年3月21日(月)

情報に生命は宿るかーバイオテクノロジーとアートの融合

新しい技術が普及した近未来の問題を題材にした作品で国際的な議論を巻き起こしてきたアーティストユニットBCLが、現在の日本のポップカルチャーの代表格としてインターネット上で世界的な人気を誇る歌声合成ソフト「初音ミク」に遺伝子と細胞を与え、生命/非生命の境界、そして二次創作や芸能/芸術のはざまで育まれる現代日本の特異な想像力の可能性を探究します。

BCL + Semitransparent Design 《Ghost in the Cell》 2015
© Crypton Future Media, INC.

EVENTイベント

トーク

フランソワーズ・モレシャンのおしゃれ講座 ~時代を読む vol.20

マリー・アントワネット 最後のフランス王妃 Part 2 —トリアノン宮殿からギロチン台まで

2016年3月26日(土)

アートやファッション、そして現代社会についてモレシャン流の鋭い視点で時代を切り取るトークシリーズ。王制から共和制への移行というフランス最大の歴史的転換点とその象徴となったマリー・アントワネット。今回は前回の続編として、彼女の人生の最後までを学びます。

Photo by Antoine POUPEL

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

「コレクション展2 歴史、再生、そして未来」とともに

絵本を読もう

2016年3月19日(土)

絵本の読み聞かせのあと、キュレーターと一緒に作品を見に行きましょう。

『もとにもどす』(「こどものとも年少版」1997年11月号)
かみやしん 作 泉水寛人 撮影
福音館書店(現在品切れ)

読み手:大西洋子(ライブラリアン)
作品案内:野中祐美子(展覧会担当キュレーター)

生誕百年記念 井上有一

今福龍太 レクチャー 「〈筆〉と〈踏み手〉─井上有一と宮沢賢治」

2016年3月13日(日)

井上有一の書は、記号と化してしまった文字(=ふみ)への不断の反逆です。言語が抽象的な記号体系に回収される以前の、古い身体的な「模倣」と「交感」をめぐる豊かな対話が、井上有一と宮沢賢治のあいだで交わされていたのです。「言語」と「身体記憶」の境界上に立ち上がる井上有一芸術の美について語ります。

講師:今福龍太(文化人類学者・批評家。東京外国語大学教授)

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

2016年3月(毎週土日祝)

3月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

粟津潔、マクリヒロゲル 2 グラフィックからヴィジュアルへ 粟津潔の視覚伝達論

原広司講演会「 粟津潔と日本の伝統 」

2016年3月5日(土)

本展は、日本宣伝美術協会(日宣美)賞を受賞した1955年から1960年代の粟津潔のグラフィック及び活動を紹介しています。1960年代は、60年世界デザイン会議の日本開催及びメタボリズム・グループの結成に始まり、64年東京オリンピック、70年大阪万国博覧会への準備、65年ペルソナ展、70年日宣美解散など、粟津を含むデザイン界において劇的な発展と変化の時代でした。
建築家として現在第一線で活躍する原広司は、66年「空間から環境へ」展に参加、66から70年まで発行された季刊誌『デザイン批評』の責任編集、68年草月アートセンターでのシンポジウム/イヴェント「なにかいってくれ、いまさがす」への参加など、粟津が主導した活動に携わってきました。原氏による粟津邸(72年完成)は反射性住居(リフレクション・ハウス)の形式の始まりでもあります。本講演会では、1960年代の社会動向、粟津潔等当時のクリエーターの創造活動を、原氏自身の活動交えて講演いただきます。

講演者:原広司(建築家 / 東京大学名誉教授)
モデレーター:林道郎(美術史家 / 美術批評家 / 上智大学国際教養学部教授)

アペルト03 坂野充学 可視化する呼吸

鶴来現代美術祭アーカイブ展

2016年1月26日(火) - 2016年5月8日(日)

「鶴来現代美術祭」は、1991年より1999年まで鶴来を舞台に7回にわたって開催された。特に1995年までは、金沢市の姉妹都市であるゲント市の現代美術館の館長であり、1992年のドクメンタのコミッショナーもつとめたヤン・フートが企画に関わった。それにより、国際的なアーティストが鶴来に滞在し、鉄加工業など地元の職人の協力を得て制作を行うことが実現した。
鶴来現代美術祭は、近年各地で盛んに開催されている地域の芸術祭の先駆的な事例である。開催事務局を地元の商工会青年部が担い、制作にも協力したことも特徴で、それが可能となった背景には、「造りもの」で有名な地域の祭り「ほうらい祭り」での恊働作業が伝統的に続いてきたことがある。
本アーカイブ展では、鶴来商工会に残る紙資料や記録写真・映像の展示を中心に、新たに関係者へのインタビューを行い、その記録映像を公開する。鶴来現代美術祭に関する資料の散逸を防ぐこと、そして、そこで起きたことを知ることを通じて地域と芸術の関わり方について考察することが本展の目的である。また、坂野充学は鶴来の出身で中学生のときに鶴来現代美術祭を体験したことで作家を志した。本展は坂野の作品の背景を理解する助けともなるだろう。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

市民ギャラリー

一般主催展覧会

第36回 和紙 萠之会展

2016年3月17日(木) - 2016年3月21日(月)

期間:
2016年3月17日(木) - 2016年3月21日(月)
10:00〜17:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
川越萌志
TEL 090-5173-1230
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第六十三回石川県民書道展覧会

2016年3月16日(水) - 2016年3月21日(月)

期間:
2016年3月16日(水) - 2016年3月21日(月)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
石川県書道協会
理事長 清水聖鵬
TEL/FAX 0767-52-3931
市民ギャラリー

一般主催展覧会

金沢卯辰山工芸工房研修者作品展

2016年3月8日(火) - 2016年3月13日(日)

金沢卯辰山工芸工房は平成元年金沢市政100周年の記念に設立された陶芸、漆芸、染、金工、ガラスの5分野における工芸の研修施設です。現在、31名の若い作家達が研修者として日々研究制作をしております。今回、平成28年3月8日より13日まで、金沢21世紀美術館において作品展を開催することになりました。研修者のこの一年の研鑽成果を広く紹介致します。

期間:
2016年3月8日(火) - 2016年3月13日(日)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
無料
主催:
金沢卯辰山工芸工房
後援等:
NHK金沢放送局、北國新聞社、北陸放送、エフエム石川、ラジオかなざわ
お問い合わせ:
金沢卯辰山工芸工房
TEL 076-251-7286
FAX 076-251-9113
MAIL utatsu@city.kanazawa.ishikawa.jp
URL http://www.utatsu-kogei.gr.jp
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第9回 日本風景写真協会石川支部展~四季の彩り~

2016年3月8日(火) - 2016年3月13日(日)

期間:
2016年3月8日(火) - 2016年3月13日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
諸谷三代次
TEL 090-8965-7679
市民ギャラリー

一般主催展覧会

金沢発信アウトサイダーアート vol.8

2016年3月8日(火) - 2016年3月13日(日)

アウトサイダーアート(生の芸術)とは、正規の美術教育を受けていない人が何物にもとらわれず自分の感性だけで創作した美術。金沢アート工房は、そんな人たちの作品をもっと世の中に理解してもらい金沢発信のアーティストを育てたいという気持ちから誕生しました。彼らの心のエネルギーを感じてください。金沢アート工房のメンバーは知的障害や精神に障害のあるアーティスト達です。

期間:
2016年3月8日(火) - 2016年3月13日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
後援:
金沢市
協力:
愛育学園、グローブル・菓子処和吉
お問い合わせ:
〒920-0806
金沢市神宮寺3-7-17
(株)スクリーンプロセスクニエダ内
金沢アート工房連絡事務所
TEL 076-251-1155
FAX 076-251-1157
Email info@kanazawa-art.jp
URL http://www.kanazawa-art.jp
市民ギャラリー

一般主催展覧会

金沢美術工芸大学卒業制作展

2016年2月25日(木) - 2016年3月1日(火)

期間:
2016年2月25日(木) - 2016年3月1日(火)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
市民ギャラリーB(地下1階)同時開催
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢美術工芸大学
TEL 076-262-3531

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

シアター21

一般主催イベント

「密のあわれ」特別試写会

2016年3月23日(水)

「密のあわれ」映画公開を記念して、石井岳龍監督と大杉漣氏によるトークショーと映画上映を行います。

期間:
2016年3月23日(水)
18:30~20:50(開場18:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
【定員に達しました】無料(要事前申込、先着順)
※お問い合わせ先で3月1日(火)~6日(日) 9:30~17:00電話受付
主催:
室生犀星記念館
お問い合わせ:
室生犀星記念館
TEL 076-245-1108
FAX 076-245-1205
MAIL saisei@city.kanazawa.ishikawa.jp
URL http://www.kanazawa-museum.jp/saisei/

一般主催イベント

こども映画教室2015年度〈中等クラス〉

2016年3月19日(土) - 2016年3月21日(月)

「こども映画教室<中等クラス>」は、第一線で活躍するプロの映画監督を特別講師に迎え、小学生のこどもたちが3日間で実際に映画を作るワークショップです。今回の特別講師は、『ニシノユキヒコの恋と冒険』の井口奈己監督です。井口監督が考えたテーマを基に、4~7人のチームで、お話しづくり、取材、撮影、出演、編集、ポスター制作などの映画作りに挑戦し、最終日には金沢21世紀美術館のホールで、保護者や一般のお客さんの前で舞台挨拶と上映会を行います。
映画作りに正解やマニュアルはありません。講師もサポートスタッフも、こどもたちの作品に「手出し口出し」をしません。チームのみんなでアイディアを出し合って、自分たちにしか作れないオリジナルな映画を作り、たくさんの人に観てもらおう!詳細、お申し込みはホームページへどうぞ。

期間:
2016年3月19日(土) - 2016年3月21日(月)
10:00~16:00(最終日は18:30まで)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
参加費:8000円(3日間通しの料金です。兄弟割引7000円)
主催:
金沢市コミュニティシネマ、金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]
共催:
有限会社シネモンド
協力:
Kist金沢科学技術専門学校、こども映画教室
後援:
金沢市教育委員会、北國新聞社、北陸放送、エフエム石川
支援:
金沢市、こども映画教室サポーターズクラブ、子ども夢基金(独立行政法人国立青少年教育振興機構)助成活動
お問い合わせ:
金沢市コミュニティシネマ「こども映画教室」事務局(担当:上野)
TEL 076-220-5007
FAX 076-220-5008
MAIL mail@cine-monde.com
URL http://qq4q.biz/rN5q

一般主催イベント

石橋義正×川口ゆい「MatchAtria-extended」

2016年3月12日(土) - 2016年3月13日(日)

各回最大30席限定。
お客様全員にダンサー・川口ゆいとつながった心臓オブジェが抹茶のごとく振る舞われます。
彼女の心拍を掌で味わって頂きながら、立体映像と立体音響によって皆様をその内的世界にいざなう超体感型ダンス公演。
2014年のベルリン初演以降、6ヶ国11都市で観客を驚嘆させた「マッチャトリア」、ついに日本凱旋ツアーが決定!

期間:
2016年3月12日(土) - 2016年3月13日(日)
各日2回公演 13:00〜13:40(開場12:50)/ 15:00~15:40(開場14:50)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売券2,500円、当日券2,800円
※チケット取扱先
・金沢21世紀美術館ミュージアムショップ TEL 076-236-6072(窓口販売のみ火~日 10:00~18:30、金・土 10:00~20:30)
・ローソンチケット(Lコード57438)URL http://l-tike.com/
主催:
石橋プロダクション
後援:
北國新聞社、北陸放送、テレビ金沢、FM石川
お問い合わせ:
石橋プロダクション
TEL 080-4200-4551(平日10:00~18:00)
MAIL mail@ishipro.info
URL http://www.matchatria.com
シアター21

一般主催イベント

アプリコットコンサート

2016年3月6日(日)

5才から大人までピアノ教室でピアノを習っている生徒たちがそれぞれ一生けん命練習した曲を演奏します。
ゲストにはヴァイオリニスト西澤和江さんをお呼びしました。
●西澤和江さんプロフィール●
東京藝術大学、大学院修了。同大学で安宅賞受賞、第56回日本音楽コンクールにて第1位、第22回ロン=ティボー国際音楽コンクール第3位、石川県芸術奨励賞を受賞

期間:
2016年3月6日(日)
13:30〜15:30(開場13:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
松本加澄ピアノ教室
後援:
北國新聞社
お問い合わせ:
松本加澄ピアノ教室
TEL 076-221-2264(自宅)
TEL 090-9443-7244
シアター21

一般主催イベント

金城大学短期大学部美術学科 第14回 ファッションショー Kinjo Art Show Case

2016年3月5日(土)

金城大学短期大学部でファッションを学ぶ学生によるファッションショーを開催いたします。2年間の集大成として発表し、ショーの中では染色を学ぶ学生の制作による浴衣の発表や、デザインを学ぶ学生が制作する映像で演出を盛り上げます。

期間:
2016年3月5日(土)
16:00~16:30(開場15:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
入場無料
主催:
金城大学短期大学部
後援:
北國新聞社
お問い合わせ:
金城大学短期大学部
TEL 076-276-4411
FAX 076-275-4183
MAIL chardin@kinjo.ac.jp
URL https://www.kinjo.ac.jp/kjc/