橋本雅也 間(あわい)なるもの

2014年5月24日(土) - 2014年8月31日(日)

「橋本雅也 間(あわい)なるもの」では代表的なふたつのシリーズを紹介する。
ひとつは花のシリーズである。鹿の骨と角から生まれた彫刻で、誕生は一頭の鹿の死から始まる。橋本は猟師に同行し、冬山で一頭の鹿の死に立ち会う。鹿は、骨、肉、皮となって、橋本の元に残った。白い花を彫り、スイセン、さくらなどの作品となった。2010年の作である。
もうひとつは橋本自身が断髪した髪をモチーフにして制作した髪飾りの作品である。自身の存在論的問いかけが髪を仲介して作品となった。大きくても15,6センチほどのサイズで、水牛の角と漆で出来ている黒くつややかな作品である。2009年の制作である。

《ゲッカビジン》 2010
鹿角、鹿の骨
ロンドンギャラリー蔵

開館10周年記念

レアンドロ・エルリッヒ ーありきたりの?

2014年5月3日(土) - 2014年8月31日(日)

レアンドロ・エルリッヒ(1973年ブエノスアイレス/アルゼンチン生まれ、モンテビデオ/ウルグアイ在住)は、金沢21世紀美術館にとって特別なアーティストのひとりです。「レアンドロのプール」の愛称で多くの人々に親しまれている作品《スイミング・プール》は、妹島和世+西沢立衛/SANAAの設計したこの美術館において、ひときわ大きな役割を果たしてきました。90年代はじめから湧き出るように出現した多様な表現の中で、誰もが共有できる物や事を通して現実の認識に変容をもたらす作風は、現在まで続く現代美術の特徴のひとつとして指摘することができます。《スイミング・プール》は「プール」というありきたりのものを未知で新しい要素と組み合わせて非日常化してしまうことで、見る側の問題意識を誘発している作品です。日常の中に大胆に介入して、常識的な見方でそのものの存在に反応してしまう私たちの姿を見事に映し出し、同時に親しみやすさや気軽さによって、人々が作品に向き合ったときに創造力を惜しみなく発揮して、全身で受け止めることが身につくように促してくれています。現代美術が以前にも増して人々に愛されていることに大きく寄与しているのは間違いありません。本展は《スイミング・プール》の他に最新作を含む17点を紹介する、日本で初めての個展となります。またそれが開館10周年を迎える2014年の記念の年に開催できることは大きな喜びです。つねに外に向かってひらかれている、交感の場を提案するエルリッヒの作品世界を、ぜひお楽しみください。 

《スイミング・プール》2004
Photo: Atsushi Nakamichi / Nacása & Partners
© Leandro Erlich Studio

好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム フードクリエイション+東京大学総合研究博物館

2014年4月26日(土) - 2015年3月31日(火)

※「好奇心をあじわう小部屋」、「好奇心の祝宴」は10月13日で終了いたしました。


今年金沢21世紀美術館は開館10周年を迎えました。「好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム」は、みなさんとともにこれを祝う「祝宴」の場をつくりあげるプログラムです。その中心となるのは、あらたな「食」の価値を提案する諏訪綾子が主宰するフードクリエイションと、<驚異の部屋>をつくりだす東京大学総合研究博物館。博物館の原点でもある「好奇心」に立ちかえりながら、「あじわい」をテーマに据えた、ユニークなプログラム「好奇心をあじわう小部屋」と「好奇心の祝宴」を開催。あじわいのプログラムは街中へと広がっていきます。

諏訪綾子 《Scent of woman》 2014 Photo: Hiroshi Iwasaki
+ ウシ頭骨 東京大学総合研究博物館

中村好文 小屋においでよ!

2014年4月26日(土) - 2014年8月31日(日)

建築家・中村好文は、長年にわたってクライアントの暮らしに寄り添った普段着のように居心地のいい住宅をつくってきました。この展覧会は、中村が子供のころから心奪われ、同時に「住宅の原型」として位置づけてきた小屋に関する考察と展示を通じて「住宅とはなにか?」を問い直す企画です。会場は「長期インスタレーションルーム」と「光庭」ですが、光庭には、エネルギー自給自足を目指すひとり暮らし用の小屋「Hanem Hut」を原寸サイズで展示いたします。
3.11以降、エネルギー問題や環境汚染の問題は、ますます避けて通ることのできない重要なテーマとなってきています。この小屋の展覧会が、そうした問題解決への糸口となり、提案となることを願ってやみません。

「Hanem Hut」2013
Photo: AMEMIYA Hideya

コレクション展 I  透過と反射

2014年4月12日(土) - 2014年9月21日(日)

開館10周年を記念し、これまでに収集してきたコレクションの中から初公開や久々の展示となる作品を中心に、コミッションワークや金沢ゆかりの作家の作品を含め、当館の収蔵作品21点を展観します。
「コレクション展Ⅰ 透過と反射」では、光を透過し、あるいは反射する素材が用いられた立体作品をはじめ、自己の反射としての自画像やレンズを通すことで像を得る写真など、さまざまな表現から浮かび上がってくる「透過と反射」がテーマとなっています。
古来より人間は、透明な物質や磨き上げられた表面に強い関心を示してきました。美術でもまた作品が窓や鏡にたとえられてきたように「透過と反射」は繰り返し登場してきた概念です。透明性の高い素材や鏡面の技法が生み出す効果は、私たちに大きな驚きと直感的な愉しみを与え、さらにそれぞれの作品に眼を凝らすことで透けて見えてくるもの、映し出されるものは私たちの視覚のチャンネルを変え、新しい思考を誘発します。
本展を見終わってもう一度美術館を散策したとき、美術館を覆う円形のガラス壁や、ここそこにある大きな透明の扉にはどんな姿が映し出され、その向こうにはどんな光景が広がっているでしょうか。

フィロソフィカル・ファッション 3: ミントデザインズ ‒ happy people

2013年12月7日(土) - 2014年5月18日(日)

目まぐるしく移り変わる流行、それを支えるファストファッションの隆盛が顕著ないま、衣服の意味を問い直し、一貫したコンセプトでファッションを提案するクリエイターを紹介するシリーズ「フィロソフィカル・ファッション」。その第三弾として「mintdesigns(ミントデザインズ)」を取り上げます。

勝井北斗と八木奈央によるファッション・ブランド「ミントデザインズ」は、独自に開発するテキスタイルのユニークさを生かした衣服のデザインが注目されてきました。一方で、食器や家具、和菓子など、異業種とのコラボレーションにも積極的に取り組み、そのデザイン領域を拡大し続けています。衣服にとどまらず、日常生活の時間を豊かにするためのプロダクトデザインを目指す彼らの活動は、「流行」と同義ではない「ファッション」の可能性を提案しています。

本展は、「happy people」をテーマに、ミントデザインズの衣服を日常へ浸透させる実験です。東京と金沢で暮らす人々が、それぞれの日常空間のなかでミントデザインズに出会う、その瞬間を展示します。

金沢21世紀美術館キュレーター 平林恵

EVENTイベント

トーク

フランソワーズ・モレシャンのおしゃれ講座〜時代を読む vol.14

モレシャンのおしゃれ告白

2014年5月24日(土)

これまで歴史や文化、アート、食文化、ライフスタイルなど、様々な角度から時代を切り取るトークを繰り広げてきた「フランソワーズ・モレシャンのおしゃれ講座〜時代を読む」。自身を「ファッショニスタ(ファッション狂)」と称するモレシャンが、ライフスタイルや個人の考え方、政治的趣向までもがみえてくるという「装い」に関する疑問に答え、「おしゃれ」の本質に迫ります。

Golden まるびぃ Week '14

2014年4月26日(土) - 2014年5月6日(火)

美術館中がアートなプログラムで賑わう「Golden まるびぃ Week」も今年で10年目を迎えます。毎年恒例のミニSL、アートzaマーケット、まるびぃ茶会などに加え、新企画も続々と登場します。桜色の香りから新緑へと変化するこの季節を、アートエナジー溢れる美術館で楽しもう!

Photo: IKEDA Hiraku

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

「中村好文 小屋においでよ!」関連プログラム

つのだたかし「小屋に捧げるリュートの夕べ」

2014年5月31日(土)

リュートとは、今から400年前、ルネサンス、バロックのヨーロッパで愛された弦楽器です。2本ずつ並べて張られた細い弦と、涙の形の丸いボディからニュアンスのあるまろやかな響きが生まれます。西洋のリュートと日本の琵琶は祖先を同じくする弦楽器ですが、展示室で小屋を紹介している鴨長明も琵琶の名手だったといわれ、小屋には琴と琵琶が置かれていました。小屋と弦楽器は切っても切れない関係にあるのかもしれません。小屋のまわりで、優雅で甘い音色をゆっくりとお楽しみください。

「橋本雅也 間なるもの」関連プログラム

アーティスト・トーク

2014年5月24日(土)

骨を削り、命を紡ぐ―。作家・橋本雅也は、猟師に同行し、一頭の鹿の死に立ち会うことをきっかけに、生と死、そしてそれらの痕跡ともいえる材料―骨や角など―から生命の温もりを湛えた白い花を彫りだしました。生と死に向かい合うこと、そしてそれを通じてもたらされる材料をもとに新たな命を紡ぎだすことは、橋本氏にとっていかなる意味を持つのでしょうか。今回のアーティストトークでは、橋本氏がこれまでの作品を紹介しながら、創作の源泉について語ります。

「フィロソフィカル・ファッション」クロージング・トーク

FINAL HOME × ANREALAGE × mintdesigns

2014年5月18日(日)

1年4ヶ月にわたり開催した「フィロソフィカル・ファッション」展のクロージング・プログラムとして、3組のデザイナーが集い、それぞれの「ファッション」を語り合います。

「フィロソフィカル・ファッション」シリーズ
1: FINAL HOME  2013年1月12日~6月30日
2: ANREALAGE “A COLOR UN COLOR”  2013年7月12日~11月24日
3: ミントデザインズ ‒ happy people  2013年12月7日~2014年5月18日

「レアンドロ・エルリッヒ ーありきたりの?」関連プログラム

アーティスト・トーク

2014年5月3日(土)

私たちが見ているものや理解していると考えることは至極当然のことと思いがちです。しかし、日常的でありきたりの事物こそ、実は一人一人の認識のズレを考えるときには格好の題材なのです。レアンドロ・エルリッヒの作品は、まさしく当然と思われる事象への疑問が形づくられています。今回はエルリッヒ氏が、これまでの作品やプロジェクトを紹介しながら、創造の源を語ります。

※逐次通訳付

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!

2014年5月(毎週土日祝)

5月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。
子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。
いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!
(内容は日によって変わります)


★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。
包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品など
ボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

金沢21世紀美術館

一般主催展覧会

iichiko design展

2014年5月29日(木) - 2014年6月1日(日)

期間:
2014年5月29日(木) - 2014年6月1日(日)
10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館
料金:
無料
お問い合わせ:
三和酒類株式会社
TEL 0978-32-1431
市民ギャラリー

一般主催展覧会

金沢芸術祭 和楽2014

2014年5月28日(水) - 2014年6月1日(日)

期間:
2014年5月28日(水) - 2014年6月1日(日)
10:00~17:00(最終日は12:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
株式会社 六曜社
TEL 03-5774-7321
市民ギャラリー

一般主催展覧会

かなざわ白鳥押花倶楽部 春の合同押花展2014

2014年5月20日(火) - 2014年5月25日(日)

期間:
2014年5月20日(火) - 2014年5月25日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢市香林坊2-4-5長寿ビル4F
かなざわ白鳥押花倶楽部(白鳥学園内)
TEL 076-221-7716
金沢21世紀美術館

一般主催展覧会

わたしと宇宙展

2014年5月14日(水) - 2014年5月24日(土)

期間:
2014年5月14日(水) - 2014年5月24日(土)
10:00~21:00(最終入場 20:30)※会期中無休
会場:
金沢21世紀美術館
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢市高尾南1-100
創価学会石川文化会館
TEL 076-296-8601
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第38回石川アンデパンダン展

2014年5月13日(火) - 2014年5月18日(日)

アンデパンダン展は、出品したい方すべての作品を受け入れ、審査をしない公募展です。そこでは、初心者からプロまで、あらゆる作品が展示され、出品者は合評会を通じて交流を図ります。また、会期中5月17日(土)午後3時から、石川県立美術館別館ホールにて、美術講演会を開催いたします。(入場無料)
・演題 「日本近代美術における越境者」「岡田三郎助と藤田嗣治」
・講師 内呂 博之(金沢21世紀美術館学芸員)

期間:
2014年5月13日(火) - 2014年5月18日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
入場無料
主催:
石川美術会
後援:
石川県、金沢市教育委員会、北國新聞社、かゆう堂
お問い合わせ:
石川美術会事務局第38回アンデパンダン実行委員会
TEL 076-278-2876
URL http://isikawabijyutu.saloon.jp/isibi/
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第38回中日文化センター美術展

2014年5月13日(火) - 2014年5月18日(日)

中日文化センターで開かれている水彩・デッサン・油絵教室で洋画家 美谷順一先生の指導を受け、美術を楽しんでいるグループの美術展である。現役の受講者のほか、修了生も含み、毎年発表の場を設け、励みにしている。約50点を展示する。

期間:
2014年5月13日(火) - 2014年5月18日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
入場無料
主催:
中日文化センター水彩・デッサン・油絵教室
後援:
北陸中日新聞、石川テレビ放送、中日文化センター
お問い合わせ:
代表者 美谷順一
TEL 076-298-1346
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第21回仙之会 木版画展

2014年5月13日(火) - 2014年5月18日(日)

期間:
2014年5月13日(火) - 2014年5月18日(日)
10:00〜18:00(最終日16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
入場無料
お問い合わせ:
吉田 明
TEL 076-244-0973

一般主催展覧会

12 visual point ~ 明日への視線~ 展

2014年4月29日(火) - 2014年5月11日(日)

12 visual points ~ 明日への視線~は、「金沢」、「21世紀美術館」という場所に魅力を感じ集まった11名と1ユニットの作家と、それに賛同したギャラリー「巷房」で作り上げる現代美術展覧会です。世代、活動の場、表現手段の異なる作家どうしが、緩やかに関わり合いながら、創作、発表、地域との交流の場として本展覧会を運営しています。会期中「金沢湯涌創作の森」協力のもと、創作と教育をテーマとしたワークショップも行います。
〈参加作家〉 揚村 弘美/石田 眞利/大村 雅章/柏 淳子/加藤 哲/清野 泰行/小森 琢己/今 道子/徂徠 友香子/田島 木綿/田中 里実/line 有賀 次雄 池谷 明治  武田 衛

期間:
2014年4月29日(火) - 2014年5月11日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
入場無料
主催:
visual points 実行委会
後援:
北國新聞・ 北陸放送・ テレビ金沢・ エフエム石川・ ラジオ金沢・ FM-N1
協賛:
AGE CORPORATION
協力:
巷房、 金沢湯涌創作の森
お問い合わせ:
visual points 実行委会
〒104-0061 
東京都中央区銀座1-9-8 
奥野ビル3F (巷房)
TEL 03-3567-8727
FAX 03-3567-8727
URL http://visualpoints.web.fc2.com
市民ギャラリー

一般主催展覧会

こどもフォトコンテスト2013-14「笑って泣いて、21世紀を楽しむこども達」

2014年4月29日(火) - 2014年5月11日(日)

期間:
2014年4月29日(火) - 2014年5月11日(日)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
料金:
入場無料
主催:
全国共済農業協同組合連合会石川県本部
共催:
シナジー株式会社
お問い合わせ:
全国共済農業協同組合連合会石川県本部
TEL 076-240-5531
FAX 076-240-5509

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

シアター21

一般主催イベント

ナオユキ VS 桂まん我(桂まん我の落語を聴く会・番外編)

2014年5月30日(金)

R-1ファイナリストのスタンダップコメディアン『ナオユキ』とNHK新人演芸大賞の落語家『桂まん我』の激突!何が飛び出すかお楽しみ!!
出演:「スタンダップコメディ」ナオユキ、「落語」桂まん我
演目は当日のお楽しみ。

期間:
2014年5月30日(金)
19:00〜21:00(開場 18:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売券 3000円 / 当日券 3300円
チケット取扱:
石川県立音楽堂チケットボックス
TEL 076-232-8632
メール予約:桂まん我offical website
主催:
桂まん我
お問い合わせ:
米朝事務所
TEL 06-6365-8281
MAIL rakugo.manga@gmail.com
URL http://katsura-manga.jimdo.com/
シアター21

一般主催イベント

一人芝居 ~山頭火とバッハを踊る~

2014年5月20日(火)

山頭火の人生を一人芝居し、バッハのオルガン曲に合わせバッハの崇高なイメージを踊ります。
・第1部:バッハを踊る(約30分)
 能面をつけて、東洋的な笑みでバッハを表現します。
・第2部:一人芝居「山頭火」(約1時間)
 修行僧の服装で、自殺した母を追慕する山頭火を、俳句を詠み、読経し、踊り、物語ります。

期間:
2014年5月20日(火)
19:00〜21:00(開場 18:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
一人芝居座
後援:
北國新聞社
お問い合わせ:
半跏 思惟人 
TEL 090-3295-8532
FAX 076-254-0667
MAIL bach2@etude.ocn.ne.jp
シアター21

一般主催イベント

明日の金沢の交通を考える市民会議フォーラム

2014年5月17日(土)

期間:
2014年5月17日(土)
13:30〜16:30(開場 13:15)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
明日の金沢の交通を考える市民会議
お問い合わせ:
明日の金沢の交通を考える市民会議
TEL 076-237-6187
シアター21

一般主催イベント

趣都フォーラム2014「after 3.11 / 建築・まち・人」

2014年5月16日(金)

金沢の強みである「文化」を基軸としたまちづくりを目的に、市民参画型事業を図る場として2006年より毎年開催している趣都フォーラム。今年は、金沢21世紀美術館の10周年に重なる年でもあり、11月1日から開催される金沢21世紀美術館10周年記念展「3.11以後の建築」展にむけて、展覧会のゲストキュレーターを務められる五十嵐太郎氏(建築評論家)、山崎亮氏(コミュニティデザイナー)をお迎えし、3.11以後のこれからの社会の中で、建築家はどのような未来を描いていくのかをテーマに講演を頂きます。また第二部では、金沢のこれからの都市像について、学者や建築家やまちづくりプランナーはどのような役割を求められ、どのような都市像を描くことができるのかをテーマにパネルディスカッションを行います。

期間:
2014年5月16日(金)
19:00〜21:35(開場 18:40)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
NPO法人 趣都金澤 会員無料 一般1,000円(事前予約制)
主催:
NPO法人 趣都金澤
共催:
金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]
後援:
石川県、金沢市、石川県インテリアデザイン協会、(一社)石川県建築士事務所協会、(株)金沢倶楽部、(公社)日本建築家協会 北陸支部、北陸工業新聞社
お問い合わせ:
NPO法人 趣都金澤((株)ノエチカ内)
TEL 076-223-3580
FAX 076-223-3581
MAIL info@noetica.co.jp
URL noetica.co.jp