本当のデザインだけがリサイクルできる

Only honest design can be recyclable. D&DEPARTMENT PROJECT

2010年10月9日(土) - 2011年1月30日(日)

時代の移り変わりに伴い、次々と生み出される新しいデザイン。時代や流行に激しく左右される現代の消費サイクルにおいては、物だけでなく、デザインそれ自体も消費され続けています。D&DEPARTMENT PROJECTは、既に生み出されているデザインや商品の中にも長寿命のものがあることに目を向け、そんな商品だけをセレクトして販売し、その後、再び消費者から買取り、そして販売し直すという消費の現場からのリサイクルを提案し実践しています。売り続け使い続けることができる仕組みがあれば、新しいマーケットの創出やデザインの浪費を避けることができるという新たな試みは、デザインが社会に貢献するひとつのかたちを呈示するものです。

本展では、消費者が手放した物の中からロングライフデザインとして保持し続けていくべきものをD&DEPARTMENT PROJECTがセレクションして買い取り、もう一度販売し直すという一連の活動を3期に分けて展示します。

■ナガオカケンメイによるステートメントはこちら
Only honest design can be recyclable.

ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス

2010年9月18日(土) - 2010年12月25日(土)

光と色が移ろいゆく果てしないトンネルの行程。ネズミとクマは街に繰り出し、芸術や哲学を通して人間社会の不条理を見つめる。身の回りの物たちは危ういバランスを保ち佇む。即興的な連鎖反応を繰り返しながら、一つのガラクタからもう一つのガラクタへと辛うじて伝わるエネルギー。約90点の粘土が象る大小様々なこの世の出来事が織りなすパノラマの傍らには、世界各地の空港の風景が浮遊する。人生や世界について誰もがふと思い浮かべそうな問いが現れては消え、止むことなく空中を漂う。小さなモノクロ写真にはおとぎ話のような光景が黒く柔らかな輪郭で映る。平穏で何気ない日常は、驚異と混沌、悲劇と喜劇、憂鬱と虚無に満ちている・・・

ペーター・フィッシュリとダヴィッド・ヴァイスは写真、立体、映像など様々なメディアを柔軟に操り、身近な光景や事物に真摯な眼差しを向け、意味のずれや解釈の多様さを綿密な計画と偶然性によって提示し、皮肉とユーモアを織り交ぜながら人間社会の本質を浮き彫りにします。独自の美学に貫かれた彼らの表現の妙と百科全書的世界をお楽しみください。

Image:The Least Resistance 1980-81 film still camera: Jürg V. Walther 

Collection Exhibition: Invisible Reality

コレクション展「目には見えない確かなこと」

2010年9月11日(土) - 2011年4月10日(日)

1980年代以降に制作された作品を中心とする当館コレクションを紹介する展覧会です。複雑な視点を織り交ぜ、価値観の変化や転換と呼応する先鋭的な作品を展示し、現代社会の諸問題を問いかけます。

高嶺 格:Good House, Nice Body ~いい家・よい体

2010年4月29日(木) - 2011年3月21日(月)

パフォーマンスからインスタレーション、映像、写真作品に至るまで多彩なアプローチのもと、常に自身の体験や身体を絡めながら社会的論点を炙り出してきた現代美術家、高嶺格。「Good House」と「Nice Body」の2つのプロジェクトから構成される本展では、約1年の会期の中で、我々が生きていく上での根本的な拠り所でありながら、日常の中で愚鈍になりがちな「家」と「体」についての我々の感覚や認識を、プロジェクトに関わる多くの協働者とともにライブに問い直していきます。

EVENTイベント

映画の極意 vol.10 ポルトガル映画祭2010

2010年11月5日(金) - 2010年11月7日(日)

2010年は日本とポルトガルの修好通商条約150周年を迎えます。日本にとってポルトガルは1543年種子島の鉄砲伝来にまでさかのぼる長い交流の歴史をもちながらも、その文化や芸術についてはまだまだ知られていない部分も多い国です。今回の映画祭は、両国の修好150周年を記念して、百歳を超えてもなお現役で映画を作り続ける巨匠マノエル・ド・オリヴェイラ、『コロッサル・ユース』など今若い映画ファンの間でカルト的人気を博すペドロ・コスタ、またこれまで公開が切望されながら実現しなかったジョアン・セーザル・モンテイロなど、錚々たる監督たちの日本初公開作品5本を含む魅力あふれる作品群をまとめて見ることができる貴重な機会です。また今回はプレトークに、映画批評・映画研究で活躍中の三浦哲哉氏をお迎えし、ポルトガル映画の魅力について語って頂きます。どうぞお見逃しなく!

フランソワーズ・モレシャンのおしゃれ講座〜時代を読む vol.5

Black -Le NOIR part I ブラックとは

2010年11月3日(水)

黒は古代から現代に至るまで、日常のあらゆるシーンでみることができるカラーです。黒と一口に言っても、墨や石炭のつや消しの黒、オリーブの艶やかな黒、暖かみのある黒、ブルー系の涼やかな黒など、その色味の種類は様々。また黒という言葉からイメージされるものも、夜、革命、悲しみ、洗練、エロスなど、枚挙にいとまがありません。女性が黒を身にまとう時はどんな時か?ファッションにおける黒の役割とは?時を超えて21世紀に再び注目される、話題の尽きない黒の世界について、ファッションや文化に詳しいモレシャンさんの切り口でお話頂きます。

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス

学芸員によるギャラリー・トーク

2010年11月27日(土)

展覧会「ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス」の魅力を担当学芸員がご紹介します。

「高嶺 格 Good House, Nice Body 〜いい家・よい体」関連イベント

ピシットポン・シラピスットによるトーク「Our Home」

2010年11月21日(日)

このたび「高嶺格:Good House, Nice Body」展の関連プログラムとして、タイよりアーティストのピシットポン・シラピスット(通称:オン)氏を迎え、トークを開催します。オン氏は、自身のアーティスト活動の一方で、チェンマイ郊外でアーティスト・イン・レジデンス施設「ComPeung Village of Creativity」を運営し、継続可能性を目指す様々な試みを行っています。高嶺氏は2009年5月にComPeungに滞在し、レジデンス敷地内に建てられた土嚢建築やオン氏の活動に刺激を受けたことから、バンコク・アート&カルチャー・センターでのグループ展に向けてプロジェクトの共同制作を打診し、同年11月、《Twist & Twist》として発表されました。
今回オン氏は金沢に23日まで滞在し、「Good House」プロジェクトにゲスト・アーティスとして参加します。トークでは、氏がこれまで行ってきたプロジェクトやComPeungの活動、高嶺氏との《Twist & Twist》制作を振り返りつつ、現在進行中のプロジェクトや金沢での制作の展望を語って頂きます。

アートライブラリー・プログラム ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス 特別鑑賞会

朗読のひととき @展覧会ゾーン 〜グリムの昔話とともに〜

2010年11月20日(土)

「ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス」展に関連した書籍の朗読を展覧会ゾーン内で行います。

◎プログラム 「ルンペルシュティルツヘン」
朗読:鍛冶裕子(当館ライブラリアン)
※プログラムの都合上、途中入場はできませんので、開始時刻までにお集り下さい。

コレクション展示 菱山裕子《秘密の話》

2010年11月13日(土)

菱山裕子さんの作品を、プレイルーム「かたちで遊ぼう!」の時間中にキッズスタジオに展示します。
そこで何をしているの?
何かお話ししているのかな?
いろいろな物語を想像してみましょう。

アートライブラリー・プログラム 「D&DEPARTMENT PROJECT」とともに

絵本を読もう

2010年11月13日(土)

絵本『くずかごおばけ』と『おじいさんならできる』を読んだあと、デザインギャラリーの展示を展覧会担当者といっしょに見に行きましょう。
読み手:鍛冶裕子

アートライブラリー・プログラム 「高嶺 格 Good House, Nice Body」とともに

絵本を読もう

2010年11月6日(土)

絵本『ぼくのうちはゲル』を読んだあと、プロジェクト工房にできた“家”をスタッフと一緒にたんけんしましょう。

「高嶺 格 Good House, Nice Body 〜いい家・よい体」

エデュケーターによるギャラリー・トーク

2010年11月6日(土)

担当エデュケーターが展覧会の見所や作品の魅力について話しながら、皆さんと一緒に展示を鑑賞します。

コレクション展 目には見えない確かなこと

菱山裕子ワークショップ「てくてくお散歩『秘密の話』を見つけよう!」<子ども向け>

2010年11月6日(土)

菱山さんと美術館を散歩しながら、菱山さんの作品の写真を撮ろう!
作品のしぐさや表情を見て、場面を想像してみよう。
「何を話しているのかな?」「どんな気持ちなのかな?」

コレクション展 目には見えない確かなこと

菱山裕子ワークショップ「夕暮れの街角で『秘密の話』を見つけた。」<大人向け>

2010年11月6日(土)

菱山さんが制作した人物像達と一緒に、夕暮れの美術館周辺を散歩しましょう。
作品と風景の間で生まれるいろいろな会話や物語を想像しましょう。

キッズスタジオ・プログラム「ハンズオン・まるびぃ!」

プレイルーム「かたちで遊ぼう!」

毎週土日祝一部除く

親子一緒に楽しめるスペースです。
いろいろなかたちを並べたりつなげたりして新しいカタチの世界を作ります。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

条件に該当する催しがありません。

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

条件に該当する催しがありません。