ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス

2010年9月18日(土) - 2010年12月25日(土)

光と色が移ろいゆく果てしないトンネルの行程。ネズミとクマは街に繰り出し、芸術や哲学を通して人間社会の不条理を見つめる。身の回りの物たちは危ういバランスを保ち佇む。即興的な連鎖反応を繰り返しながら、一つのガラクタからもう一つのガラクタへと辛うじて伝わるエネルギー。約90点の粘土が象る大小様々なこの世の出来事が織りなすパノラマの傍らには、世界各地の空港の風景が浮遊する。人生や世界について誰もがふと思い浮かべそうな問いが現れては消え、止むことなく空中を漂う。小さなモノクロ写真にはおとぎ話のような光景が黒く柔らかな輪郭で映る。平穏で何気ない日常は、驚異と混沌、悲劇と喜劇、憂鬱と虚無に満ちている・・・

ペーター・フィッシュリとダヴィッド・ヴァイスは写真、立体、映像など様々なメディアを柔軟に操り、身近な光景や事物に真摯な眼差しを向け、意味のずれや解釈の多様さを綿密な計画と偶然性によって提示し、皮肉とユーモアを織り交ぜながら人間社会の本質を浮き彫りにします。独自の美学に貫かれた彼らの表現の妙と百科全書的世界をお楽しみください。

Image:The Least Resistance 1980-81 film still camera: Jürg V. Walther 

Collection Exhibition: Invisible Reality

コレクション展「目には見えない確かなこと」

2010年9月11日(土) - 2011年4月10日(日)

1980年代以降に制作された作品を中心とする当館コレクションを紹介する展覧会です。複雑な視点を織り交ぜ、価値観の変化や転換と呼応する先鋭的な作品を展示し、現代社会の諸問題を問いかけます。

みかんぐみ「みかんぐみのアイディアワークショップ -みんなのがっこう」

2010年6月12日(土) - 2010年9月26日(日)

「みかんぐみのアイディアワークショップーみんなのがっこう」は、子ども達の学びの場である「小学校」について、みんなで考えるプロジェクトです。ここでいう「みんな」とは、建築家グループみかんぐみと、モデル校となった金沢市立新竪町小学校6年生21名、金沢工業大学建築学科13名を中心に、学校関係者や校区を取り巻く地域の人々など、このプロジェクトに関わる全ての人々のことです。

「小学校」を取り巻く環境そのものへの認識やアプローチやプロセスも含め、みかんぐみは次の5つのキーワード―環境、建築計画、コミュニティ、アート、地域学をテーマにワークショップを行います。ワークショップという手法をとるのは、思考のトレーニングをするためです。専門家からの提案のみが優れているという受け入れ方ではなく、自分たちで必要と思うことをどのように実現していくかを共有し、新しい価値の発見や目標の獲得につなげていこうという試みです。

高嶺 格:Good House, Nice Body ~いい家・よい体

2010年4月29日(木) - 2011年3月21日(月)

パフォーマンスからインスタレーション、映像、写真作品に至るまで多彩なアプローチのもと、常に自身の体験や身体を絡めながら社会的論点を炙り出してきた現代美術家、高嶺格。「Good House」と「Nice Body」の2つのプロジェクトから構成される本展では、約1年の会期の中で、我々が生きていく上での根本的な拠り所でありながら、日常の中で愚鈍になりがちな「家」と「体」についての我々の感覚や認識を、プロジェクトに関わる多くの協働者とともにライブに問い直していきます。

EVENTイベント

条件に該当する催しがありません。

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

コレクション展「目には見えない確かなこと」とともに

絵本を読もう

2010年9月26日(日)

絵本『ねずみくんのひみつ』ほかを読んだあと、担当キュレーターと一緒に展示作品を見に行きましょう。

「高嶺 格 Good House, Nice Body ~いい家・よい体」関連イベント

渡辺菊眞によるトーク「土嚢のいえと住処の夢」

2010年9月23日(木)

当館で開催中の長期プロジェクト型展覧会「Good House, Nice Body~いい家・よい体」の第2部となる「Good House」の公開が8月28日よりプロジェクト工房にて始まりました。高嶺格氏がそのプロジェクト・パートナーとして招いたのが土嚢建築の研究・実践者である渡辺菊眞氏(高知工科大学准教授、D環境造形システム研究所)です。
このたびの渡辺氏によるトークでは、土嚢建築の意義や特性、これまで世界各地で手がけてこられた土嚢建築の紹介をはじめ、住処を自らの手に取り戻すための多様な事例の紹介も絡めながら、現代における住処の可能性についてお話いただきます。さらには氏が現在高知で進行中のプロジェクト、そして今回の「Good House」について8月の集中制作の様子や今後の展開についても紹介いただきます。

「みかんぐみのアイディアワークショップ -みんなのがっこう」トークイベントvol.5

「みんなのがっこう 発表会」

2010年9月20日(月)

6月にはじまった「みかんぐみのアイディアワークショップーみんなのがっこう」は、子ども達の学びの場である小学校について、みんなで考えるプロジェクトです。いままでに学校、子ども、地域、環境など、いくつかの視点から小学校の学びの空間について考えてきました。4ヶ月間に及ぶワークショップ、ゼミナール、レクチャーを通じて積み上げられてきたことを振り返り、みかんぐみが提案する「みんなのがっこう」を発表します。

コレクション展示 菱山裕子《秘密の話》

2010年9月18日(土)

菱山裕子さんの作品を、プレイルーム「かたちで遊ぼう!」の時間中にキッズスタジオに展示します。
そこで何をしているの?
何かお話ししているのかな?
いろいろな物語を想像してみましょう。

ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス「アーティストに質問する」

2010年9月18日(土)

作家への質問形式のトークです。

※事前に展覧会をご鑑賞ください。

「みかんぐみのアイディアワークショップ -みんなのがっこう」トークイベントvol.4

「自主ゼミナール:地域から見た学校」

2010年9月16日(木)

小学校の周りに暮らすみなさんと自分たちの街を見直す座談会をします。今回はみかんぐみと一緒に学校について考えてくれた、新竪町小学校の校下に暮らすみなさんから、町の歴史や小学校との関わりについてご紹介いただきます。


*みかんぐみの参加はありません。

コレクション展 - 目には見えない確かなこと Invisible Reality

アーティスト・トーク 椿昇

2010年9月11日(土)

世の中を批評的な目で見ることは、美術にとってもっとも重要な機能であるという作家・椿昇。特に現代美術においては批評性を失ってしまえば、その存在意義すらないのではないかと主張しています。自作《エステティック・ポリューション》を前に、作品に含まれるメッセージや、アーティストとしてどのように社会と関わっているかなどについて話します。

「みかんぐみのアイディアワークショップ -みんなのがっこう」トークイベントvol.3

「地域が包み込む学校」加茂 紀和子 (みかんぐみ) × 岸 裕司 (秋津コミュニティ)

2010年9月8日(水)

コミュニティルーム(余裕教室の地域開放)を地域の活動の「拠点」にして「自主・自律・自己管理」で運営している秋津コミュニティの事例から学ぶものは何かー小学校が元気になるとまちも元気になるかもしれない、ということをみんなで考えます。

キッズスタジオ・プログラム「ハンズオン・まるびぃ!」

プレイルーム「かたちで遊ぼう!」

毎週土日祝

親子一緒に楽しめるスペースです。
いろいろなかたちを並べたりつなげたりして新しいカタチの世界を作ります。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

条件に該当する催しがありません。

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

条件に該当する催しがありません。