リアル・ユートピア〜無限の物語展

2006年11月23日(木) - 2007年3月21日(水)

「わたしは一度だけ自分に空想を許しました。木の枝ではためいているビニールシートと、柵という海岸線に打ち上げられているごみのことを考えました。半ば目を閉じ、この場所こそ、子供の頃から失いつづけてきたすべてのものの打ち上げられる場所、と想像しました。いま、そこに立っています。」
—カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』(土屋政雄訳)※

日常と非日常の錯綜、人間の種のあり方が攪乱する現実、個人が均一化されそれを当然なものとして受け入れることを強制する社会、危機的な状況にありながら束の間の幸福感を希求する生活。このような世界の断片を日々経験しながらも、我々は人間の愛、友情といったヒューマニティ、直感的で感覚的なものを常に探求し、そこから手繰り寄せられるような「ここではないどこか」という未来的な理想郷を求めています。

「リアル・ユートピア〜無限の物語」は、人間の認識の模様や我々が生きる世界を、多様な時間軸と空間軸が錯綜する流動的なものとしてとらえ、それらの諸相を物語る4人の作家とともに新たな世界を探求する展覧会です。人間による創造とリアリティの境界、さらには、その複雑な関係を探るイ・ブルの作品、生と死、自己と世界の関わりを無限の創造により探求する草間彌生の作品、強烈な社会批判と個という存在や表現のあり方をパフォーマンスや絵画をとおして体現した岸本清子の作品、独特の皮肉やユーモアを織り交ぜながら繊細な世界を構築する木村太陽の作品。彼らの作品世界は、個人の現実認識や創造の多様性、そしてその社会性や共同体との複雑な関わりを示唆し、また人間が、自身のルーツを探り、さらにはユートピア的な場所での自らのあり方を求めながら、「いま、ここ」を生き抜いている模様を描いています。これらの営みは、多様な時空を駈けめぐりながら、自身の存在をどのように世界に位置付けるかについての探求作業ともとらえられます。

これらの作品において体験される、過去、現在、未来、そして現実と理想という様々な枠組みが解体されながら螺旋状に結びつく諸相や、その際限ない結びつきのプロセスのなかで無限に生み出される新しい世界像をとおして、本展は、我々が生きる世界についての再考を試みます。

※カズオ・イシグロ著、土屋政雄訳『わたしを離さないで』早川書房、2006年、p344

★特設サイトはこちら
http://www.kanazawa21.jp/exhibit/real_utopia/

木村太陽《はたらけはたらけ》
2005 金沢21世紀美術館蔵

アーティストによるクリスマス・デコレーション

服部睦美 ムーヴィング・クリスマス

2006年11月3日(金) - 2006年12月24日(日)

クリスマスには、街中がにぎやかに飾られ、赤や緑や輝く色彩が楽しい気持ちを盛りたてます。ちかちかと光り輝くクリスマスツリー、だぼだぼの衣装を着た不慣れなサンタクロース。私たちのクリスマスは、そんなありきたりの色やかたちで表されてしまうものなんだろうか。もっと個人的で特別な日であるように思うのに。

服部睦美さんのクリスマスのイメージは、そんな気持ちにこたえてくれるように思うのです。小さな街の風景のなかに、小さな羽を持った不思議なものたちがふんわりと漂い、また次のクリスマスへと進んで行きます。服部さんの手が打ち続けた金属の輝きは、無数の光の屈折となって、クリスマスの日に芽生えたすべての感情を受け止めてくれるかのようです。空想の中をたゆらいながら、クリスマスのイメージは連なり、時を紡いでいくのです。もしかしたら、赤い飛行機は贈り物を乗せて、猛スピードで駆け抜けてゆくのかも知れない。けれど、超高速の飛行機も服部さんのイメージのなかでは、ときどき気まぐれの風が駆け抜けるように、クリスマスを渡っていくのです。

これからのクリスマスは、自分の心の感じるままにデザインしてあげてもいいのではないでしょうか。「アーティストによるクリスマス・デコレーション」は、自分らしいクリスマスを過ごして欲しい、そんな思いから始まります。

★特設サイトはこちら
http://www.kanazawa21.jp/designgallery/movingxmas.html

金沢ファッション産業創造機構「創作セレクト展」

2006年10月14日(土) - 2006年10月29日(日)

新たな生活の新提案として開発された、伝統工芸の方々によるカーテンの房飾りや、外国人アーティストのデザイン画をモチーフした浴衣や洋服など、伝統の技術が息づく、感性豊かな新商品が展示されます。

★詳しくは「かなざわごのみ おしゃれメッセ」サイトをご参照ください。
http://www.oshalemesse.com/

奈良美智展「Moonlight Serenade -月夜曲」

2006年9月30日(土) - 2007年3月21日(水)

国際的に活躍するアーティスト、奈良美智の世界観絵画・彫刻作品の展示によって紹介します。また、奈良自身が金沢にて滞在制作を行いながら、音楽、パフォーマンスといった他分野の活動を始動させ、制作プロセスから成果までをトータルに展観します。新作インスタレーション《Voyage of the Moon》の展示をはじめ、2003年以降、共同制作を続けている大阪のクリエイティブユニットgrafが構築する「小屋」や「カフェ」を舞台に、巨大ぬいぐるみの共同制作プロジェクト「Pup Up the Dog」や小学生の子どもが犬の着ぐるみを着て美術館を探検するプロジェクト「Pup Patrol」、イヴェント開催などジャンルを横断したクリエイティブな時空間が創出されます。

奈良美智《Voyage of the Moon》展示風景

artificial heart:川崎和男展

2006年9月16日(土) - 2006年11月12日(日)

タワシ、メガネ、インテリア、車椅子、コンピュータ、ロボット、家庭用原子力発電機から人工臓器まで、常に新たな地平を目指して飛行するデザイナー川崎和男の大規模な個展。キーワードは「いのち・きもち・かたち」。「21世紀はデザインが日本を変える、世界を救う」と主張し、最先端の技術を駆使しながら、あくまでも「手でデザインする」ことの価値を唱える川崎のデザインワークを映像と音楽を取り込んだ体験型の展示空間によって紹介する。とりわけ、ビートルズの曲を仕組んだ12のオブジェによるインスタレーション《PLATON'S ORGEL》(プラトンのオルゴール)は必見。

川崎和男《HOLA》

ThinkingSketch Project

シンキングスケッチ プロジェクト

2006年9月2日(土) - 2006年10月19日(木)

シンキングスケッチ(ThinkingSketch)は新しい発想のデザインソフトです。これまでのデザインソフトは、人があらかじめイメージを持っていなければならず、いくらコンピュータを使っても、結局は、絵の得意でない人には難しいものばかりでした。シンキングスケッチは、人のイメージに頼らず、コンピュータと人が対話しながらデザインを作り上げていくソフトです。○や△などの幾何学形態、あるいはいたずら描きやデジカメ写真が「アートのたね」となり、重ねたり組み合わせたり並べたりしながら、新しいデザインイメージを次々生み出していきます。この「シンキングスケッチ」で、あらゆる角度からシンキングスケッチによるデザインのユニークさを体験してみてください。


・デザインギャラリー「アートゲノム/ArtGenom」
シンキングスケッチでイメージを作り上げるプログラムのことを「アートゲノム」=アートの細胞と呼んでいます。アートゲノムと、そこから細胞分裂のように生まれていったデザインイメージ展示します。

・会議室3「メディアテーブル/NediaTable」
メディアテーブルはシンキングスケッチを手軽に体験することができる専用テーブルです。直感的な操作でオリジナルのデザインイメージを作り出すことができます。気に入った作品はWEBギャラリーに展示することができます。

★特設サイトはこちら
http://www.kanazawa21.jp/designgallery/thinkingsketch.html

コレクション展II

2006年9月1日(金) - 2007年4月12日(木)

新規収蔵作品を含む9作家34点を展示します。うち29点は開館後初公開の作品です。展示にあわせ、田中敦子《作品(ベル)》の試作を行いました。

★特設サイトはこちら
http://www.kanazawa21.jp/exhibit/collection06_2/index.html

トニー・クラッグ《何としても》《私自身の》

スノードーム展 小さな小さな雪の世界

2006年7月7日(金) - 2006年8月27日(日)

スノードームを知っていますか?世界中のお土産として売られているので、一度は、逆さまにして雪を降らせたことがあるのではないでしょうか?本展ではスノードーム美術館のコレクション5000点以上の中から約200点を展示いたします。夏だからこそ、心に残る小さな雪景色を思い出してみませんか?

★特設サイトはこちら
http://www.kanazawa21.jp/designgallery/snowdome.html

井上 剛 展 ガラスとその空間

2006年5月18日(木) - 2006年7月2日(日)

卯辰山工芸工房出身であり、本年3月まで専門員であった井上剛のガラスによるインスタレーション作品展である。

半透明な艶消し鋳造ガラスの作品は、数字の「0」と「1」をモチーフにしており、「ある」ことと「ない」ことが同時に組み合わされることによって、「実在」と「非在」の不確かさ/あいまいさを示すこととなる。作家最大規模になる新作を含めた10点によるインスタレーション展。

★特設サイトはこちら
http://www.kanazawa21.jp/designgallery/inouetsuyoshi.html

金沢市・ゲント市姉妹都市提携35周年記念

人間は自由なんだから:ゲント現代美術館コレクションより

2006年4月29日(土) - 2006年8月31日(木)

ベルギーのゲント市と金沢市との姉妹都市提携35周年を記念して、ゲント現代美術館のコレクションから、11作家約70点の作品を紹介します。

出品作家:
アルトゥール・バリオ、ヨーゼフ・ボイス、マルセル・ブロータース、カタリーナ・フリッチュ、ファブリス・イベール、アニカ・ラーソン、マーク・マンダース、ブルース・ナウマン、パナマレンコ、リュック・タイマンス、ロイス&フランツィスカ・ヴァインベルガー

出品点数:
約70点(絵画、インスタレーション、立体、映像など)

★特設サイトはこちら
http://www.kanazawa21.jp/exhibit/ghent/index.html

アルトゥール・バリオ
《終わりのない》2005
Photo:Dirk Pauwels
Courtesy S.M.A.K., Museum of Contemporary Art, Ghent

キヌコヤマベ−クラフト 幻想画の世界“春の夜の夢”展

2006年4月4日(火) - 2006年5月14日(日)

金沢美術工芸大学卒業し1960年代初頭に渡米、現在ではアメリカを代表するイラストレーターのひとりとなったキヌコ・Y・クラフトの地元石川県での初めての本格的な展覧会。描かれるファンタジーの世界は、細部まで物語に満ち、どこまでも可憐で華麗である。大画面に描かれた小さな一輪の花までにも輝きが与えられていた。

コレクション展I

2006年3月21日(火) - 2006年8月20日(日)

1980年代以降に制作された美術作品を中心とする金沢21世紀美術館のコレクションを紹介します。とりわけ、複雑な視点を織り交ぜ、社会の価値観の変化や転換と呼応するような作品を展示し、現代社会における人間の自由や表現を問い直します。

★特設サイトはこちら
http://www.kanazawa21.jp/exhibit/collection06/index.html

〜芸術・科学・子どもたちの出会い〜

メビウスの卵展 15年の挑戦 光のアートランド

2006年3月18日(土) - 2006年3月31日(金)

五感で体験するアート&サイエンスの展覧会として、15年間、50回以上開かれている「メビウスの卵展」から、光をテーマに厳選された作品を交流ゾーンに展示。デザインギャラリーには、本郷仁、内倉ひとみ、カスパー・シュワーベの作品が展示され、連日、長蛇の列となった。また、金沢工業大学メディア情報学科と情報フロンティア研究所により、手でみる会場地図「触知地図」の実験も行われた。

木工家具のニューウェーブ 般若芳行展

2006年2月22日(水) - 2006年3月15日(水)

金沢美術工芸大学出身の般若芳行がひとつひとつ手で作り上げる家具は、それぞれの木が持つ性質を十分に感じとり、無理のない形を作り出す。自然に生み出された曲線によってもたらされるフォルムの美しさが、家具としての心地よい形態と調和していることを実際に触れることによって感じることができた。

オーストラリア展出品作品による

石川グラフィックデザイン展「石川・金沢ー心と形」

2006年1月22日(日) - 2006年2月18日(土)

石川県内で活躍するクリエイター達が海外で発表する「石川グラフィックデザイン展」の第4回はオーストラリア、アデレードでまさに「石川・金沢」をテーマに開催された。本展はその日本での展示となる。クリエイターが表現する石川・金沢の個性は多様であり、また新鮮でもあった。

Kanazawa 12 Chairs Exhibition

2005年12月3日(土) - 2006年1月17日(火)

ネクストマルニの思想の背後にあるのは「棲むところとはなにか」、「椅子とはなにか」、「空間とは、そして、日本の間とはなにか」ということ。12人のデザイナーによる12脚の椅子から始まったネクストマルニプロジェクトから日本の美意識へのメッセージを発信していきます。

ネクストマルニセミナー「椅子を考える」
12月11日(日)14:00〜16:00
金沢21世紀美術館レクチャーホールにて
講師:黒川雅之(建築家、ネクストマルニプロデューサー)

参加方法は、
http://www.nextmaruni.com/exhibition/exhibition_index.html
をご覧ください。

Alternative Paradise 〜もうひとつの楽園

2005年11月5日(土) - 2006年3月5日(日)

『Alternative Paradise〜もうひとつの楽園』展は、ジャンルを超えて、「工芸」の現代的価値を問いかける展覧会です。

 本展では素材と表現の関係に着目し、国内外の11人の作家による作品とともに、「茶室」を現代的に解釈した隈研吾の≪T-room≫を展観します。水、音、光、土、木、髪、布、映像、ガラス、プラスティック、人工皮膚など、様々な素材が用いられ、既成のジャンルを横断して展開する現代の工芸的造形世界。ここに集う表現に共通するのは、自然を征服し支配するのではなく、むしろ寄り添って親密に交流し、素材を生かし他者を生かしていくという生成の過程に注がれた眼差しのやさしさです。そこには、前世紀のうちに稀薄になってしまった私たちの生の実感を取り戻す手がかりがあるのではないでしょうか。

★特設サイトはこちら
http://www.kanazawa21.jp/exhibit/alternative_paradise/index.html

金沢健一《音のかけら N4》
2000 新潟市新津美術館所蔵
撮影:Studio F(t)渡部佳則

EVENTイベント

金沢21世紀美術館シアター21  2006年度

2006年4月1日(土) - 2006年12月31日(日)

金沢21世紀美術館シアター21で2006年度に行われた美術館主催のステージイベントはこちらからご覧いただけます。

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

条件に該当する催しがありません。

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

条件に該当する催しがありません。

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

条件に該当する催しがありません。