トーマス・ルフ展

2016年12月10日(土) - 2017年3月12日(日)

トーマス・ルフ(1958年ドイツ、ツェル・アム・ハルマースバッハ生まれ)は、アンドレアス・グルスキーやトーマス・シュトゥルートらとともにデュッセルドルフ芸術アカデミーでベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻に学んだ「ベッヒャー派」として、1990年代以降、現代の写真表現をリードしてきた存在です。
本展では、世界が注目する写真家の、初期から初公開の最新作までを紹介します。ルフは初期に発表した高さ約2メートルにもなる巨大なポートレート作品で注目されました。それ以降、建築、都市風景、ヌード、天体などさまざまなテーマの作品を展開、それらを通じ、現代人をとりまく世界のあり方についてのユニークなヴィジョンを提示してきました。
私たちの視覚や認識に深く組みこまれた写真というメディアそれ自体も、ルフ作品の重要なテーマのひとつです。ルフは自ら撮影したイメージだけでなく、インターネット上を流通するデジタル画像からコレクションしている古写真まで、あらゆる写真イメージを素材に用い、新たな写真表現の可能性を探究しています。
作品選択や展示構成にルフ自身が参加するなど、作家の全面的な協力を得て実現する今回の展覧会では、未発表の新作を含む作品世界の全貌を紹介します。

工芸とデザインの境目

2016年10月8日(土) - 2017年3月20日(月)

「工芸」か「デザイン」かー。
工芸とデザインはものづくりという点では同じであるが、両者は異なるジャンルとして区別される。しかしながら、それらをつぶさに観察するまでもなく、両者の間には「デザイン的工芸」また「工芸的デザイン」とも呼べる作品あるいは製品があるように思われる。
本展覧会では、「プロセスと素材」「手と機械」「かたち」「さび(経年変化)」といった観点から工芸とデザインを見つめ直すことによって、それらの曖昧模糊とした境目を浮き彫りにする。それと同時に、最先端技術の発達などによって多様化が進む両者の新たな地平を考察する。

SUPERFLEX One Year Project ― THE LIQUID STATE / 液相

2016年4月29日(金) - 2017年3月12日(日)

SUPERFLEXは、コペンハーゲン(デンマーク)を拠点に活動するヤコブ・フィンガー、ラスムス・ニールセン、ビョルンスティエルネ・クリスチャンセンの3人によるアーティスト・ユニットです。現代社会における既存の制度や枠組みに言及しつつ、コミュニティに対して働きかけ、新しい公共空間の創出を提案しています。
今回は、金沢21世紀美術館の建物を微生物を培養する「シャーレ」に見立て、コミュニティとの関係を「培養」「発酵」「醸成」の3つのキーワードで読み解く、約1年間にわたるプロジェクトに取り組みます。

カタチのたたずまい

2016年10月8日(土) - 2017年3月20日(月)

展覧会「工芸とデザインの境目」の開催に合わせて、技術や素材に重きをおきながら金沢およびその近郊で制作活動をおこなう若手工芸作家4名に焦点をあてた展覧会を開催いたします。「用の美」(あるいは「用と美」)を追求することから生まれ、いわゆる工芸でありながらデザイン的な傾向を示す、洗練された形態(カタチ)を特徴とする作品を展示いたします。
これからの石川の工芸を担う若き作家たちの作品をとおして、工芸における新たな可能性を探ります。

アペルト06

武田雄介

2017年1月21日(土) - 2017年5月7日(日)

武田雄介(1985年、広島生まれ)は金沢美術工芸大学で油絵を専攻し、2014年に同大学院博士後期課程を修了、現在も金沢を拠点に制作を続け、絵画、写真、映像、音といった様々な素材を組み合わせたインスタレーションを発表してきた。武田は昨年10月より当館のプロジェクト工房をスタジオとして日々制作を進めており、本展ではこうした当館での滞在制作活動から生み出される最新の作品群を紹介する。絵画、映像、ドローイング、塑像など多様なメディアはそれぞれ独立した作品として展示空間に配置されるが、一方でそれらは「イメージの奥行き/イメージの湿度」を通奏低音としつつ、層状に重なり合い、切断され、ずれ、変容し続け、不定のもの、あるいは未分明のものとして私たちの眼前にとどまる。こうした作品とその相関は「可視と不可視」「現実と虚構」といったイメージが包含する座標軸を浮動させ、私たちの知覚に揺さぶりをかけるだろう。

EVENTイベント

トーク

フランソワーズ・モレシャンのおしゃれ講座 ~ 時代を読む vol.23

私のシャネル! Part 2

2017年3月25日(土)

アートやファッション、そして現代社会についてモレシャン流の鋭い視点で時代を切り取るトークシリーズ。今回は、前回伝えきれなかったマドモアゼル・シャネルの後半生を「私のシャネル!パート2」としてお届けします。シャネルとは、エレガンスのパスポート。モレシャンさんのガイドで、モードの楽しい旅へとご案内いたします。

EDUCATIONAL PROGRAM教育普及プログラム

キッズスタジオ・プログラム

ハンズオン・まるびぃ!プレイルーム

毎週土日祝

2月の「ハンズオン・まるびぃ」はプレイルーム。子どもも大人もいっしょに楽しめるスペースです。いろいろな造形遊びで、工夫と発見を楽しもう!(内容は日によって変わります)

★遊びの素材募集中
ご不用の包装紙、紙袋、和紙など工作の素材をキッズスタジオで集めています。包装紙、紙袋、紙の梱包材(詰め物や卵パック等)、ほか変わった紙製品などボタン、ビンのふた、ビーズ、ほか家の中で集まったキッチンや文具の小物など
※汚れていないものでお願いします。

「トーマス・ルフ」展 鑑賞ツアー

視覚の冒険 —認知科学を通して見るトーマス・ルフ—

2017年3月3日(金)

私たちの眼や脳はどのように作品を感じ、捉えようとするのでしょうか?
視覚や認知の専門家3氏と会場を巡り、作品をポートレイト、立体視、白黒反転などのキーワードも交えて鑑賞します。各専門領域からの「見ること」に関する解説を通して、作品の新たな魅力や自分の身体感覚の不思議に迫ってみませんか。

講師:
伊丸岡俊秀(金沢工業大学情報フロンティア学部教授 専門:視覚認知)
田中吉史( 同 教授 専門:認知科学)
渡邊伸行( 同 准教授 専門:表情認知)

「工芸とデザインの境目」展関連&「素材と遊ぶ」シリーズ

高校生・中学生向けワークショップ 木工魂で作る!「こぶポッケ」〜木の中の宝探し〜

2017年3月4日(土) - 2017年3月5日(日)

日ごろ売られている木材では、皮や瘤や虫食いの穴などは外して捨てられてしまう。
でも、そんな部分をよーく見て面白い形を見つけ出せば、自分だけの作品になる。
鋸や鑿のような木工具も使いこなしながら、木を切ったり削ったりして、愉快な姿の小物入れ『こぶポッケ』に変身させよう!

講師:林一平(木彫作家)

ボランティアの集い 2017 @まるびぃ 〜美術館をつくり、美術館と育つ〜

2017年3月11日(土)

金沢21世紀美術館(愛称:まるびぃ)はまちに活き、市民とつくる美術館です。今年度も市民のボランティアのみなさんと活動をともにしました。この輪がもっと広がることを願い、美術館での活動を紹介し、ボランティアとして活躍するゲストのお話を聞く会を開きます。

こんな方におすすめ!
◯ 新しいこと、人に出会いたい!
◯ ボランティアを始めてみたいな。
◯ 美術館ではどんなことをしているのだろう?
◯ 美術館をもっと楽しみたい!

COMMUNITY EXHIBITION一般主催展覧会

市民ギャラリー

一般主催展覧会

金沢美術工芸大学卒業制作展

2017年2月24日(金) - 2017年3月1日(水)

期間:
2017年2月24日(金) - 2017年3月1日(水)
10:00〜18:00
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(1階)
市民ギャラリーB(地下1階)同時開催
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢美術工芸大学
TEL 076-262-3531
市民ギャラリー

一般主催展覧会

第40回金城大学短期大学部美術学科卒業制作展

2017年3月8日(水) - 2017年3月12日(日)

期間:
2017年3月8日(水) - 2017年3月12日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
お問い合わせ:
金城大学短期大学部
TEL 076-276-4411

一般主催展覧会

「果てしない想い」The Joint Exhibision Albo HELM + Mariko Kobayakawa

2017年3月14日(火) - 2017年3月20日(月)

スイス在住、コンピュータアートAlbo HELMと金沢の金属造形家 小早川 眞理子によるジョイントエキシビジョン。
Albo HELM:コンピュータにより制作した画像をプリントした平面作品。
小早川 眞理子:シルバーを基調に様々な素材とのコンビネーションでシンプルでモダンなジュエリー作品。

7年前の春、二人の出会いはここ21世紀美術館。
偶然が必然であったかのように、海を越え、リスペクトし合う交流が今、一つになりました。
二人の作家の果てしない創作への情熱・・・国境を越えたARTな空間を、ぜひ、お愉しみください。
*Albo HELM氏(89)は、来日いたします。

期間:
2017年3月14日(火) - 2017年3月20日(月)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
cuore mariko 小早川 眞理子・ArtWorks impac
後援等:
北陸中日新聞社・北陸放送
お問い合わせ:
cuore mariko(クオーレ マリコ)
小早川 眞理子
TEL090-9446-9458
URL http:/cuore-mariko.com/
URL http://www.albo-digitalart.com/
市民ギャラリー

一般主催展覧会

髙廣幸悠書作展とそのグループ

2017年3月17日(金) - 2017年3月19日(日)

賛助出品:日展会員 書道香瓔会会長 榎倉 香邨 先生

期間:
2017年3月17日(金) - 2017年3月19日(日)
10:00〜18:00(最終日16:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(地下1階)
料金:
無料
主催:
幸悠会
後援:
書道香瓔会・北國新聞社・テレビ金沢・エフエム石川・北國文化センター・北陸放送・金沢ケーブルテレビネット(株)
お問い合わせ:
幸悠会
〒921-8151
金沢市窪5-250-2
TEL076-247-0271

COMMUNITY EVENT一般主催イベント

一般主催イベント

金沢の森育 木育キャラバン

2017年2月25日(土) - 2017年2月26日(日)

みなさん、金沢21世紀美術館に「木育キャラバン」がやってきます! 今回の「木育キャラバン」では、東京おもちゃ美術館とオークヴィレッジが連携し、日本の地域資源を有効活用し、国産の多様な樹種を使って作られたたくさんの木のおもちゃで遊ぶことができます!
また、木工作家による木育ワークショップや東京おもちゃ美術館館長の木育講演など、1日中楽しめるプログラムが盛りだくさんです。夜には、大人の方を対象とした「夜の木育キャラバン」や「林業BAR」を1日限定で開催します。
子どもから大人まで楽しめるワクワク、ドキドキの2日間!ぜひ金沢21世紀美術館でたくさんの木のおもちゃに触れてください。みなさんのご来場をお待ちしています。
※イベント詳細は木育キャラバンホームページをご覧ください。

期間:
2017年2月25日(土) - 2017年2月26日(日)
10:00〜20:00(各イベントの時間は木育キャラバンホームページをご覧ください)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
【木育キャラバン・木組みの小さな木の家展示・「森とどうぶつたち」絵本展示】無料
【木育ワークショップ】無料~1,200円 ※ワークショップにより異なります
【木育講演】無料 ※事前申し込みが必要です。(申込方法:Web、E-MAL、FAXにて必要事項(名前、職業(所属団体)、住所、電話番号)を記入し、お問い合わせ先へお申し込みください。Web申込はコチラまで。定員に達し次第、締め切ります。)
【夜の木育キャラバン&林業BAR】500円(1ドリンク付)
主催:
金沢市、NPO法人角間里山みらい
運営:
NPO法人角間里山みらい ※一部「協働のまちづくりパートナーシップ・コンペ事業」(金沢市市民協働推進課)で実施
共催:
金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]、もりラバー林業女子会@石川
協力:
東京おもちゃ美術館、認定NPO法人日本グッド・トイ委員会、グッドトイショップ cRoon、さんのきファクトリー合同会社、森のたくはいびん、日本全国スギダラケ倶楽部金沢支部、金沢森林組合、金沢市林業振興協議会
特別協力:
オークヴィレッジ(株)
協賛:
(株)斉藤慶デザイン研究所
後援:
北國新聞社、北陸放送、テレビ金沢
お問い合わせ:
金沢市農林局森林再生課
TEL 076-220-2217
FAX 076-222-7291
MAIL nourin_mori@city.kanazawa.lg.jp
URL http://www4.city.kanazawa.lg.jp/17062/morizukuri/H28ibento/mokuikucaravan.html
シアター21

一般主催イベント

木管アンサンブルCiel(シエル)コンサート2017

2017年3月4日(土)

木管アンサンブル~Ciel(シエル)~の定期演奏会です。

期間:
2017年3月4日(土)
19:00〜21:00(開場18:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
一般 前売券1,500円、当日券2,000円
高校生以下 前売券1,000円、当日券1,500円
主催:
木管アンサンブル~Ciel(シエル)~
後援:
北國新聞社
お問い合わせ:
加藤
TEL 080-3045-6192
MAIL woodwind.ensemble.ciel@gmail.com
シアター21

一般主催イベント

Rubik Rack last live ラシサバクハツ。〜クセがすごい!?いや、個性だよ。〜

2017年3月5日(日)

期間:
2017年3月5日(日)
17:30〜20:00(開場16:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売券800円、当日1,000円
チケットの取り置きをご希望の方は、お問い合わせ先の主催者TwitterアカウントへDMをされるか、主催者各メンバーへご連絡ください。
主催:
Rubik Rack
お問い合わせ:
Rubik Rack
URL https://twitter.com/rubik_rack
シアター21

一般主催イベント

ゆずこしょうラストライブ「またあした。」

2017年3月11日(土)

期間:
2017年3月11日(土)
17:00〜20:00(開場16:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
前売券800円、当日1,000円
チケットの取り置きをご希望の方は、お問い合わせ先の主催者TwitterアカウントへDMをされるか、主催者各メンバーへご連絡ください。
主催:
ゆずこしょう
お問い合わせ:
ゆずこしょう
MAIL yuzukko.yuzuko@gmail.com
URL https://twitter.com/yuzuko_melo?lang=ja
シアター21

一般主催イベント

金沢大学ピアノの会 卒業演奏会

2017年3月16日(木)

金沢大学ピアノの会4年生の卒業演奏会です。
集大成となる演奏をサークルでの学び・思い出と共に披露致します。

期間:
2017年3月16日(木)
17:30〜20:30(開場17:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料
主催:
金沢大学ピアノの会4年生
お問い合わせ:
金沢大学ピアノの会(担当:越村)
MAIL mhkwa1473@stu.kanazawa-u.ac.jp
シアター21

一般主催イベント

中村 中 TOUR2017 十の指ふたたび

2017年3月17日(金)

中村 中 TOUR2017 十の指ふたたび!

デビュー10周年を迎えている中村 中。
歌手・作詞作曲家・役者として活動。
今年は舞台『ライ王のテラス』中島みゆき主宰『夜会vol.19「橋の下のアルカディア」』に出演。ロックバンドDECAYSへの参加など活動の幅は広がるばかり。2016年夏には『TOUR2016 十の指』と題してピアノ、ギターを駆使し、ドラムス平里修一、ベース石田 純を従え恒例のアコースティックツアー阿漕な旅とはひと味違う熱さを披露。歌はもちろん十の指を駆使した演奏は4ヶ所で好評の内に幕を閉じた。

『TOUR2017 十の指ふたたび』はアンコール公演的な意味合いもあるが、今回は歌にフォーカスし、「夜会」での共演者であり、デビュー来の音楽仲間でもある石田 匠をゲストに迎え全国5ヶ所をふたりで旅する。『TOUR2016 十の指』『TOUR2017 十の指ふたたび』合計9カ所。10周年ファイナルへの期待も高まります。

期間:
2017年3月17日(金)
18:30〜20:30(開場18:00)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
【1月15日(日)一般発売】前売券5,000円、当日券5,500円
主催:
FOB企画
お問い合わせ:
FOB金沢
TEL 076-232-2424(平日11:00~18:00)
URL http://fobkikaku.co.jp