中学生まるびぃアートスクール

「中学生まるびぃアートスクール」は平成17-18年度文化庁芸術拠点形成事業の「まるびぃアートスクール・プログラム」としてスタートしました。2011年度より継続して行っている「中学生まるびぃアートスクール」は金沢市内の中学校を対象として、アーティスト・学校・金沢21世紀美術館が協力して、課外活動の形態で中学生による美術鑑賞・制作のワークショップを行います。まるびぃアートスクールのプログラムでは、作品を生み出すアーティストたちの多様な発想と表現に、五感をつかって身体全体で出会い、触れ合います。
まるびぃアートスクールの体験を通じて、世界にはいろいろな感じ方、見方、考え方、表現の仕方があることを理解する力や他の人を思いやる想像力、そして生きる力につながる創造力が養われるよう願っています。

□ 年度ごとに活動の様子をまとめた記録集を作成しています。アートライブラリーでの閲覧やミュージアムショップでの購入が可能です。
【2017年度概要】
主催:金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]
共催:金沢市中学校文化連盟
後援:金沢市教育委員会
連携協力校:金沢市立額中学校 美術部
      金沢市立港中学校 美術部    
アーティスト:椿昇(現代美術作家、京都造形芸術大学教授・美術工芸学科長)
       シロくま先生(アートディレクター、京都造形芸術大学講師)
       家成俊勝(建築家、京都造形大学准教授)
期間:2017年6月〜2018年3月
ワークショップ「魔法のゴハン」:2017年10月〜11月(全5回)
展覧会:2018年1月予定(会場:キッズスタジオ)
座談会:2018年1月予定(会場:シアター21)

□ 過去の「中学生まるびぃアートスクール」
2016年度「魔法のミミ」
2015年度「魔法のジカン」
2014年度「魔法のヒカリ」
2013年度「魔法のhome」
2012年度「魔法の書道」
2011年度「魔法のひきだし」
ワークショップ「魔法のミミ」(2016年度)
ワークショップ「魔法のミミ」(2016年度)
展覧会「魔法のミミ」(2016年度)
こたつ座談会『生命』はサンドイッチ!?〜科学と美術で考える、人工生命と知能(2016年度)
TOP