MEMBERSHIP NEWS友の会ニュース

映画の極意vol.19

東アジア現代映画ことはじめ:食と映画と現代アート 友の会会員割引

インフォメーション

日時:
2018年10月6日(土)〜2018年10月8日(月)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
<全席指定>
【友の会会員特別価格】
●1回券(「牯嶺街少年殺人事件」を除く)
 各回 一般1,500円 → 友の会1,200円
 「牯嶺街少年殺人事件」
一般2,000円 → 友の会1,800円

●1日券[各日限定30枚]
 各日 一般4,000円 → 友の会3,600円

●3日間フリーパス[限定15枚]
 一般8,000円 → 友の会7,200円

※友の会会員の方は入場時に要会員証提示。
※セット券、フリーパスは前売りのみの販売となります。
※前売券で定員に達した場合は、当日券の販売はありません。
チケット取扱:
チケット(前売り券)は、電子チケットのみの取扱です。友の会会員の方も下記URLからご購入いただけます。

LivePocket(ライブポケット)

※当日はQRコードが表示された画面、もしくは画面を印刷したものを入場時にご提示ください。
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 交流課
TEL 076-220-2811
託児サービス:
有料・要申込 TEL 076-220-2815
※未就学児の入場はご遠慮願います。託児サービスをご利用下さい。

金沢21世紀美術館 友の会ウェブサイト

概要

今回は、「東アジア現代映画ことはじめ:食と映画と現代アート」と題して、日本、中国、韓国、香港、台湾に関連する映画・映像を3日間かけて特集します。
1日目は食をテーマに、日中韓の映画をセレクト。家族、仕事、恋愛など様々な人間模様が現れる「食べるシーン」を通して各国の共通項や違いが見えてくるはずです。上映に合わせて各国の料理を実際に味わう企画も準備中です。
2日目は、商業ベースの映画作りから一線を画した作品を多く生み出し、現代映画史に大きな足跡をのこした映画運動「台湾ニューネマ」と「香港ニューウェーブ」の代表作をご紹介します。巨匠エドワード・ヤンの傑作「牯嶺街少年殺人事件」(1991)や、「香港ニューウェーブ」の旗手として国際的な評価を得たウォン・カーウァイの「恋する惑星」(1995)など実際の社会問題や独特の美意識に裏付けられた世界に魅せられることになるでしょう。
3日目は、映画とは違った現代アートの映像表現を特集。ヴェネツィアビエンナーレ2015韓国館代表のムン&チョン、現代中国の若者の文化をユーモラスに切り取りニューヨーク近代美術館やグッゲンハイム美術館に作品が所蔵されるツォオ・フェイなど各国を代表するアーティストたちの映画館ではみられない貴重な映像作品を一挙上映。そこに内包された各国の歴史と現代性から、国を超えた普遍的なものとはなにかを探ります。
金沢でさまざまなアジアの文化プログラムで盛り上がるこの秋に、近いけど意外と知らないそれぞれの国の食や恋愛や政治、文化について映画や映像を通してじっくり味わってみませんか?

<友の会会員特典>

チケット料金が会員特別価格でご購入いただけます
(入場時に要会員証提示)

上映スケジュール

10/6(土)『アジアの食卓から』
10:00〜11:50 イム・スルレ「飛べ、ペンギン」(110分)
13:00〜15:04 三原光尋「しあわせのかおり」(124分)
15:30〜17:06 ワン・チュアンアン「再会の食卓」(96分)
★各国の軽食も販売予定

10/7(日)『現代映画の原点としてのアジア:「台湾ニューシネマ」と「香港ニューウェーブ」』
10:00〜12:39 ホウ・シャオシェン「非情城市」(159分)
14:00〜17:56 エドワード・ヤン「牯嶺街少年殺人事件」(236分)
18:20〜20:01 ウォン・カーウァイ「恋する惑星」(101分)

10/8(月)『現代アートにみる東アジアの映像表現』
10:00〜11:30 ムン&チョン「The Ways of Folding Space & Flying」他(60 - 90分程度)
13:00〜14:30 ツァオ・フェイ「COSplayes」他(60 - 90分程度)
14:50〜15:50 小泉明朗「捕らわれた言葉/Trapped Words」他(60分程度)

※開場時間は上映開始の15分前。
※都合により上映内容など変更になる場合がございます。

協賛・協力など

主催:
金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]
協力:
SCAI THE BATHHOUSE、無人島プロダクション
TOP