10 27

開館

金沢21世紀美術館

MENU

EVENTイベント

まるびぃ シネマ・パラダイス!vol.7

銀幕に生きたスタアたち

2020年11月21日(土) -
2020年11月22日(日)

インフォメーション

期間:
2020年11月21日(土)〜2020年11月22日(日)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
●1回鑑賞券
一般 500円 / 大学生以下 300円
●フリーパス
一般 1,500円 / 大学生以下 900円(限定30枚、前売りのみ)
※大学生以下の方は要学生証提示 ※身体障害者手帳提示の場合、介助者1名無料
定員:
各回先着70名(全席自由・入替制/各回10分前開場)
※優先入場特典あり(フリーパスか金沢21世紀美術館友の会会員証を提示の方)。開場時間までにお集りください。
※関連企画は入場無料。ただし1回鑑賞券またはフリーパスの提示が必要。
※バリアフリー音声ガイドの貸出し対象映画2本あり。 無料・予約優先 Web予約
チケット取扱:
●窓口販売
金沢21世紀美術館 ミュージアム・ショップ(Tel 076-236-2072 / 日・火〜木 10:00〜18:30、金・土 10:00〜20:30)
Web予約
※フリーパスのみ、10月21日より受付開始、当日会場にて精算
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 交流課
TEL 076-220-2811

概要

「まるびぃ シネマ・パラダイス!」は10代後半から20代半ばの映画に魅せられた若い世代が趣向を凝らしてフィルム映画を紹介する映画祭です。映画史に残る邦画の名作をフィルムで上映することを通して技術の継承にも取り組み、映画で金沢を盛り上げることを目的としています。
7年目を迎える今回は「銀幕に生きたスタアたち」と題して、三船敏郎、勝新太郎、石原裕次郎が出演する4作品を上映します。うち2本はバリアフリー音声ガイドの専用ラジオの貸出しを行うことで、見えない・見えにくい方とも一緒に映画を楽しむ環境を形成します。

上映スケジュール

●11月21日(土)
11:00〜13:18 「隠し砦の三悪人」
14:00〜15:36 「座頭市物語」(※バリアフリー音声ガイドあり)
15:50〜17:30 関連企画1 トーク
「バリアフリー音声ガイドで“みる”映画の魅力」
平塚千穂子氏(CINEMA Chupki TABATA・
バリアフリー映画鑑賞推進団体シティ・ライツ代表)

●11月22日(日)
11:00〜12:40 「嵐を呼ぶ男」(※バリアフリー音声ガイドあり)
12:50〜13:20 関連企画2 蓄音器実演&トーク
「石原裕次郎と三人娘が歌うニッポンのジャズ」
八日市屋典之氏(金沢蓄音器館館長)
14:00〜17:21「黒部の太陽」(途中休憩あり)

上映作品

令和2年度 優秀映画鑑賞推進事業

隠し砦の三悪人

11月21日(土) 11:00〜13:18
1958年/東宝/白黒/シネマスコープ/モノラル/138分
脚本:菊島隆三、小国英雄、橋本忍
脚本・監督・製作:黒澤明
出演:三船敏郎、上原美佐、藤田進ほか

令和2年度 優秀映画鑑賞推進事業

座頭市物語

11月21日(土) 14:00〜15:36
1962年/大映(京都)/白黒/シネマスコープ/モノラル(濃淡型)/96分
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
監督:三隅研次
出演:勝新太郎、天知茂、万里昌代ほか

令和2年度 優秀映画鑑賞推進事業

嵐を呼ぶ男

11月22日(日) 11:00〜12:40
1957年/日活/カラー/シネマスコープ/モノラル/100分
原作・脚本・監督:井上梅次
脚本:西島大
出演:石原裕次郎、北原三枝、芦川いづみ、金子信雄ほか

©石原プロ 2020

黒部の太陽

11月22日(日) 14:00〜17:21(途中休憩あり)
1968年/日活/カラー/シネマスコープ/モノラル/196分
原作:木本正次
脚本・監督:熊井啓
脚本:井手雅人
出演:三船敏郎、石原裕次郎ほか

関連企画1

トーク「バリアフリー音声ガイドで“みる”映画の魅力」

ゲスト:平塚千穂子氏(CINEMA Chupki TABATA・バリアフリー映画鑑賞推進団体シティ・ライツ代表)
日時:11月21日(土) 15:50〜17:30
会場:シアター21
料金:無料(ただし1回鑑賞券かフリーパスの提示が必要)

目の不自由な人たちと共に映画鑑賞を楽しむために、言葉による映像の解説を2001年から手がけてきたバリアフリー映画鑑賞推進団体シティ・ライツ代表の平塚氏が、「座頭市物語」「嵐を呼ぶ男」の音声ガイド制作エピソードを紹介します。

関連企画2

蓄音器実演&トーク「石原裕次郎と三人娘が歌うニッポンのジャズ」

ゲスト:八日市屋典之氏(金沢蓄音器館 館長)
日時:11月22日(日) 12:50〜13:20
会場:シアター21
料金:無料(ただし1回鑑賞券かフリーパスの提示が必要)

懐かしい音色に包まれる、安らぎのひと時をー
「嵐を呼ぶ男」をはじめとする“ニッポンのジャズ”を、実際に蓄音器を使って鑑賞します。金沢蓄音器館館長・八日市屋典之氏をお迎えし、裕次郎とレコードの関係や、レコード文化について、さまざまな名曲とともにご紹介いただきます。

知っていますか?バリアフリー音声ガイド

映像作品の「画」が伝えている動きや内容をナレーションで聞くことができる専用ラジオを「座頭市物語」と「嵐を呼ぶ男」で貸出します。見えない人や見えにくい人、新しい映画体験をしてみたい人にオススメです。
(各回先着50台・無料)
Web予約

新型コロナウイルス感染拡大予防のための対策について

新型コロナウイルス感染拡大予防のための当館の取り組みにご理解とご協力をお願いします。

【お客様へのお願い】
・ 咳や発熱など体調の優れないお客様はご来場をお控えください。
・過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある場合は来館を自粛してください。
・金沢21世紀美術館の入館時に検温とマスク着用のチェックがございます。37.5度以上の発熱がある方またはマスクを着用でない方にはご入館をお断りいたします。
・シアター21前でチケットをお買い求めの際やご入場の際には、他のお客様と1.5m程度の間隔を空けてお並びください。
・シアター21前受付で手指の消毒にご協力をお願いします。
・万一、館内で感染発生が確認された場合、当日ご来場のお客様にご連絡するため、お名前とご連絡先のご記入にご協力をお願いします。

【金沢21世紀美術館の取り組み】
・シアター21内の客席は前後左右に間隔を空けてご案内します。
・ シアター21内の座席や手すりは各回ごとに消毒を行います。
・館内は常時、空調及び換気を行っています。
・チラシ等の配布物については手渡しではなく、据え置き配布方式にします。
・受付窓口にはお客様との間にアクリル板を設置します。
・スタッフはマスクまたはフェイスガードを着用してご対応をさせていただきます。
※これらの対策は10月2日時点で予定しているものです。変更や更新の場合もありますので、最新の対応につきましてはご来館前に当ページでご確認ください。

主催/ほか

主催:
まるびぃシネマ・パラダイス!実行委員会、金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]、国立映画アーカイブ
特別協力:
文化庁、一般社団法人日本映画製作者連盟、全国興行生活衛生同業組合連合会
協力:
CINEMA Chupki TABATA、バリアフリー映画鑑賞推進団体シティ・ライツ、 有限会社シネモンド、金沢市視覚障害者協会、金沢蓄音器館[公益財団法人金沢文化振興財団]
後援:
北國新聞社