平成28年度 芸術交流共催事業の募集

金沢21世紀美術館(以下「美術館」という。)は、目指す方向性の一つに参加性[まちに活き、市民とつくる、参画交流型の美術館]を掲げています。その目標の実現に向け、広く市民に公開される、芸術性と創造性に富んだ事業を募集します。
採択された事業は、共催事業として美術館も制作に関わり、事業実施について主催者をサポートします。


1. 募集事業
文化芸術に関係する公演、レクチャー、ワークショップなど、広く一般に公開され、美術館の自主事業として成立する程度の芸術性、創造性を有すると認められる事業で、次の要件を満たすもの。
(1) 使用期間:平成28年5月1日から平成29年3月31日までの間に実施可能なこと
(2) 使用施設:シアター21または茶室

2. 採択予定数 6事業程度

3. 応募条件
(1) 日本国内において、文化芸術に関係する活動を意欲的、継続的に行う団体又は個人であること
(2) 市民との交流など美術館の活動を理解し、積極的に協力する姿勢があること
(3) 特定の政治活動又は宗教活動を目的としないこと

4. 応募方法
応募受付期間内に次に掲げる書類を直接来館又は郵送(受付期間最終日必着)にて提出してください。
(1) 応募受付期間 平成27年9月1日から9月30日まで
(2) 提出書類
金沢21世紀美術館芸術交流共催事業申請書(PDF:35.0KB)
・事業に関する企画書及び収支予算案(A4サイズ統一)
・その他活動内容がわかる資料(A4サイズ統一)

5. 事業内容の審査
(1) 専門家等で構成する選考委員会で次の評価基準により審査します。
  [1] 内容が先駆的、個性的又は実験的であり、新たな芸術創造につながる活動であるか。
  [2] 十分な検討がなされた実現可能な計画であり、その活動に発展や成長が期待できるか。
  [3] 市民の参画交流を意識するなど、美術館の魅力向上に寄与する事業か。
(2) 審査結果は、採択・不採択にかかわらず、申請者あて通知します。(10月中旬予定)

6. その他留意事項
(1)「共催事業」とは、美術館が事業の企画又は運営に参加し、事業の実施について経費の負担等、責任を分担することと定義されますが、詳しくは協定書で取り決めるものとします。
(2) 施設の最終的な使用日時の決定は、美術館の事業担当者と調整の上、行います。
(3) 美術館は、事業実施に当たり、原則として「施設及び附属設備の提供」及び「広報宣伝協力」を行います。
(4) 採択された事業の広報物には「共催:金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団 ]」のクレジットを表記してください。
(5) 必要に応じて、事業の詳細について説明を求める場合があります。

7. 応募・問い合わせ先
金沢21世紀美術館交流課
〒920-8509 石川県金沢市広坂1丁目2番1号
TEL 076-220-2811 FAX 076-220-2806
E-mail kou@kanazawa21.jp



金沢21世紀美術館芸術交流支援事業(共催事業)申請書(PDF:35.0KB)
TOP