アンド21 芸術交流共催事業 2019年度募集

「&21」(アンドニジュウイチ)は、私たちと一緒に、シアター21を舞台に、舞台芸術を通して、地域文化の活性化をめざす事業です。 2019年度に向けて、芸術性と創造性に富み、地域交流と次世代育成につながる事業を公募します。

募集対象の事業
●演劇
●ダンス・パフォーマンス
●音楽
●映画
およびそれらに伴うレクチャー・ワークショップ

応募条件
●文化芸術に関係する活動を意欲的、継続的に行う団体または個人であること。
●広く公開される事業であること。
●特定の政治活動または宗教活動を目的としないこと。
●使用会場は、シアター21とすること。
施設概要は貸し施設ページよりご確認ください。
シアター21の使用期間は、2019年7月1日(月)から2020年3月15日(日)まで
※2019年12月16日(月)から2020年2月3日(月)までは除く。
※最長7日間まで使用可能
※シアター21の最終的な使用日時は、美術館事業担当者と調整の上、決定します。

事業内容の審査
選考委員会が次の評価基準で審査します。
●内容が現代的で独自の視点を持ち、新たな芸術創造につながる活動であるか。
●十分に検討がなされた実現可能な企画であるか。
●地域の芸術交流や次世代育成につながる可能性があるか。
審査結果は、採択・不採択にかかわらず、申請者宛てに通知します。(10月末予定)

選考委員
井口時次郎(金沢市民芸術村 ドラマ工房 ディレクター)
佐々木透子(タワーレコード フリーマガジン 『intoxicate』 編集長)
島敦彦(金沢21世紀美術館 館長)
徳永京子(演劇ジャーナリスト)
吉田雄一郎(城崎国際アートセンター プログラム・ディレクター)
(五十音順)

美術館協力内容
●本事業の実施に関する調整
●施設および付属設備の提供(使用料免除)
●ミュージアムショップでのチケット販売
●友の会への告知および販売促進
●広報宣伝協力として、事前に地域交流会や記者会見などを実施

応募方法
応募受付期間内に次に掲げる書類を直接来館、郵送またはメールで提出してください。
受付期間 2018年8月30日(木)から10月9日(火)まで ※必着のこと。

【提出書類】
●金沢21世紀美術館芸術交流共催事業申請書(様式1)
●企画書(A4タテ1枚 書式自由)
●収支予算書(様式2)
●団体または個人のプロフィール(様式3)
●映像、台本または内容が分かる写真
※補足する掲載記事やチラシなどがあれば併せてお送りください
※映像は作品全編を収録したもの。新作の場合は過去代表作。映像の提出は、MOV/MPEG4/MP4などのファイル形式をDVDやオンラインストレージなどでお送りください。YouTubeなどのリンクでも可。

【提出先】 郵 送:〒920-8509 石川県金沢市広坂1丁目2番1号 金沢21世紀美術館 交流課
メール:kou@kanazawa21.jp
様 式:ページ下部よりダウンロードしてください。
※提出いただいた資料は返却いたしませんのでご了承ください。

採択事業実績
●2015年度
 川口隆夫「TOUCH OF THE OTHER –他者の手—」
 アジア同時代音楽協会(ADOK)第15回定期演奏会
 石橋義正 川口ゆい「MatchAtria-extended」
●2016年度
 第七劇場「オイディプス」
 百景社×演芸列車東西本線 夏の太宰祭り「走る男に待つ男」
 劇団aji「MATKA(マトカ)」
●2017年度
 百景社「銀河鉄道の夜」
 劇団新人類人猿「REPT(リピート)」
●2018年度
 カナザワ映画祭「期待の新人監督」
 LITY PROJECT「4×Personne」
 Iaku「人の気も知らないで」
 バストリオ+松本一哉「黒と白と幽霊たち」
 金澤芸術文化交流ネットサルーテ「泥棒とオールドミス」、新作委嘱作品「朝比奈」より



&21芸術交流共催事業 様式1-3(100.8KB
&21芸術交流共催事業 2019年度 募集ちらし(1.1MB

TOP