9 27

開館

金沢21世紀美術館

MENU

EXHIBITION展覧会

アペルト13 高橋治希

2020年12月19日(土) -
2021年5月9日(日)

高橋治希《sea vine-波打ち際にて-》2019(瀬戸内国際芸術祭2019)
Photo: KIOKU Keizo

インフォメーション

期間:
2020年12月19日(土) 〜2021年5月9日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館
長期インスタレーションルーム
休場日:
月曜日(ただし1月11日は開場)、12月28日(月)~1日(金) 、1月12日(火)
料金:
無料
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800

概要

人は「庭園」をめぐる時、何を思うのでしょうか。ひとり佇む時も、親しい人と会話しながら楽しむ時も、何かしら気持ちを切り替える場所として、庭園はあるのではないでしょうか。高橋治希(1971- )は、美術館の空間に庭園としての「園」を作りだします。一貫して、風景や自然をテーマにインスタレーション作品を制作してきた高橋が、社会に対して声高に叫ぶ作品ではなく、もっと個人的な作品との出会いを生み出したいと行き着いたのが「園林」でした。園林とは、中国の庭を総称する言葉です。園林は、人がゆっくりと巡り歩くにしたがって、さまざまな風景と出会う構造をもっています。ひとつひとつの風景に思想があり、人生のあらゆる場面が凝縮されています。自分自身の歩みによって、それぞれの人生が心に映し出され、人と宇宙がつながります。
金沢21世紀美術館につくりだされる園林には、水があり、山があり、光があり、闇があります。何種にもおよぶ野草は、わたしたちが共に生きている植物たちです。光を透過する白磁は、触れれば砕けてしまう脆さももっていますが、大切に扱えばそのままの形で永遠に残り続けます。硬質さと脆さを併せもつ風景から、人生の儚さや、消えてはまためぐる記憶の数々がより一層強く意識されるにちがいありません。
園林は、自然を素材としていますが、決して自然ではありません。複雑な思想を映し出し、見る人を想定しながら造形される「作品」です。高橋は、西洋の美術史の文脈から意識的に離れ、見る人それぞれの精神性を映し出す園林を展示空間に創造し、東洋的なインスタレーション作品のあり方の追究を試みます。

作家プロフィール

高橋治希(たかはし はるき)

1971年石川県金沢市生まれ、同地在住。
東京藝術大学にて油画を専攻し、土を用いたインスタレーション作品や、フィールドワークに基づく風景をつなぐプロジェクトなどを展開してきたが、2002年に出身である金沢に戻ってきたことをきっかけに、九谷焼を用いたインスタレーションを開始する。園林(庭園)に東洋的インスタレーションの可能性を見出し、庭園の持つ空間思想とインスタレーションの関係についてのリサーチと作品制作を進めている。近年は瀬戸内国際芸術祭、越後妻有トリエンナーレ、北アルプス国際芸術祭に出品するなど、一般家屋の室内空間に風景を生み出す作品を展開している。また、金沢駅西口地下広場庭園やハイアットハウス金沢、ソラリア西鉄ソウル明洞など、建築とのコミッションワークも多く手掛けている。

「アペルト」シリーズとは

「アペルト」は、若手作家を中心に個展形式で紹介する展覧会のシリーズです。
金沢21世紀美術館は世界の「現在」とともに生きる美術館として、今まさに興りつつある新しい動向に目を向けています。作家とキュレーターが作品発表の機会を共に創出し、未来の創造への橋渡しをします。
国籍や表現方法を問わず、これまで美術館での個展や主要なグループ展への参加経験は少ないが、個展開催に十分な制作意欲を持ち、アペルト実施以後のさらなる飛躍が期待できる作家を紹介していくものです。
※「アペルト(aperto)」は、イタリア語で『開くこと』の意味。

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]