開館15周年記念

現在地:未来の地図を描くために[2]

2019年10月12日(土) -
2020年5月10日(日)

クリス・バーデン《メトロポリス》2004
photo: KIOKU Keizo
© Chris BURDEN

インフォメーション

期間:
2019年10月12日(土) 〜2020年5月10日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館
休場日:
月曜日(ただし10月14日、11月4日、2月24日は開場)、10月15日(火)、10月28日(火)、11月5日(火)、12月20日(金)〜2月3日(月)、2月25日(火)
料金:
一般=450円(360円)
大学生=310円(240円)
小中高生=無料
65歳以上の方=360円
※( )内は団体料金(20名以上)
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800

概要

当館は開館15周年を迎え、コレクション収集を開始した開館前の2000年から20年の間に約3,880件に上る作品を収蔵するに至りました。その間、社会の状況は目まぐるしく変化し、コレクション作品もその時代の空気を鋭く読み取る作品が増えていきました。本展では、改めてコレクション作品を見直す中で、多様化、複雑化する現代において自分たちの現在地がどこにあるのかを見据え、未来に向けてどのような地図が描けるのかを考えます。

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
TOP