アペルト07

川越ゆりえ

2017年5月27日(土) -
2017年9月24日(日)

《弱虫標本》( 部分) 2013
© KAWAGOE Yurie 作家蔵

インフォメーション

期間:
2017年5月27日(土) 〜2017年9月24日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館
長期インスタレーションルーム
料金:
入場無料
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800
休場日:
毎週月曜日(ただし7月17日、8月14日、9月18日は開場)、7月18日(火)、9月19日(火)

概要

川越ゆりえ(1987-)は「人の感情の蠢きを虫にしたら」と発想し、心の動きを仮想の虫の姿態に呼応させて、幻想的な世界を表現します。擬人化ならぬ擬虫化したモチーフは、さらに、昆虫標本に仕立てられ、人間の滑稽さや愛すべき表情にも見えてきます。

「アペルト」シリーズとは

「アペルト」は、若手作家を中心に個展形式で紹介する展覧会のシリーズです。
金沢21世紀美術館は世界の「現在」とともに生きる美術館として、今まさに興りつつある新しい動向に目を向けています。作家とキュレーターが作品発表の機会を共に創出し、未来の創造への橋渡しをします。
国籍や表現方法を問わず、これまで美術館での個展や主要なグループ展への参加経験は少ないが、個展開催に十分な制作意欲を持ち、アペルト実施以後のさらなる飛躍が期待できる作家を紹介していくものです。
※「アペルト(aperto)」は、イタリア語で『開くこと』の意味。

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]