日本・デンマーク外交樹立150周年記念展

日々の生活ーデザインを思考する Everyday Life - thinking design

2017年8月5日(土) -
2017年11月5日(日)

Børge Mogensen, J39, 1947
Photo: Fredericia Furniture

インフォメーション

期間:
2017年8月5日(土) 〜2017年11月5日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館
展示室7〜12、14、光庭
料金:
■本展観覧券
一般=1,000円(800円)
大学生=800円(600円)
小中高生=400円(300円)
65歳以上の方=800円
※( )内は団体料金(20名以上)及び前売りチケット料金
※「ヨーガン レール」との共通券
チケット取扱:
チケットぴあ
TEL: 0570-02-9999
Pコード:[本展観覧券] 768-377
ローソンチケット
TEL: 0570-000-777
Lコード:[本展観覧券] 52171
販売期間:2017年5月8日(月)〜11月5日(日)まで
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800
休場日:
月曜日(ただし8月14日、9月18日、10月9日、10月30日は開場)、9月19日(火)、10月10日(火)

概要

日本とデンマークは、それぞれの歴史や文化を背景に、ときに影響し合いながら発展してきました。特に、機能と実用性に美的な意匠をまとった優れたデザインは、両国の文化的アイデンティティと美意識を示すものとして、極めて高い評価が与えられています。本展は、こうした二つの国に生きる人々の暮らしに関わるデザインを観察し、それらがどのように生まれてきたかの背景に言及しながら、未来の可能性を探求するデザインの行方について現代の視点で考察を試みるものです。

参加アーティスト/デザイナー

原研哉、ルイーズ・キャンベル、ベン&セバスチャン、スーパーフレックス、ナガオカケンメイ、D&DEPARTMENT、ヘンリック・ヴィブスコフ、アン・ファブリシアス・モラーなど。

共同企画者

セシリエ・マンツ Cecilie Manz

1972年生まれ、コペンハーゲン在住。コペンハーゲンのデンマーク王立芸術アカデミー卒業後、ヘルシンキ芸術デザイン大学に留学。MDS-Gイッセイ・ミヤケデザインスタジオギャラリー(東京)、コペンハーゲン装飾芸術美術館、第3回Design for Architectureシンポジウム、アルヴァ・アアルト アカデミー(フィンランド)、メゾン・ドゥ・ダンマルク(パリ)、ほか多数のグループ展、個展に参加。

パブリック・ライフ調査 in 金沢 まち調査隊 隊員募集!

まちを行き交う人の歩行者数の計測や、人の振る舞いや活動の観察などからわかることがあります。公共空間における豊かな生活—パブリック・ライフを考える第一歩として、ふだんとは違う目線で金沢のまちの風景を観察してみませんか。 調査結果は、2017年8月より始まる展覧会「日本・デンマーク外交樹立150周年記念展 日々の生活」で発表します。

まち調査隊員 説明会+レクチャー
調査内容の説明に合わせて、公共空間を調査する意義について鈴木俊治氏がミニレクチャーを行います。
調査隊の活動に関心を寄せていただく高校生以上の方であれば、どなたでも説明会に参加できます。

日時:4月23日(日) 13:00〜15:00
   4月24日(月) 19:00〜20:00
会場:金沢21世紀美術館 会議室1
講師:鈴木俊治 (すずき しゅんじ)
※事前予約不要

●まち調査隊員 応募条件
・ 高校生以上の方
・ Eメールで連絡の取れる方
・ 活動への参加は無償を了承できる方
・ 下記調査日に参加できる方
※ 募集人数は18名程度です。
※ 説明会に参加はできないが、調査に関心がある方はお問い合わせください。

●まち調査隊員による調査日程
日時:5月6日(土) 10:00〜17:00(悪天候の場合は順延)
調査エリア:「金沢21世紀美術館ー香林坊」「せせらぎ通り」等
参加条件:説明会または事前説明を受けた方

詳しくはこちら

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]