恒久展示作品

市民ギャラリー 2004.10.09 -2005.03.21

マイケル・リン

© Michael LIN
撮影:中道淳/ナカサアンドパートナーズ

作品データ

制作年: 2004
素材・技法:アクリル塗料、合板、椅子15脚 / 椅子: マイケル・リンと妹島和世+西沢立衛 / SANAAとのコラボレーション
サイズ: H395.5×W2,744cm(壁面)、H87×W46×D76cm(15脚の椅子、各)

作品解説

マイケル・リンは、本作品制作に際し、金沢に滞在して工房を訪ねるなど、加賀友禅の歴史や手法を調査しました。そうして構想された花模様は明るい光の差し込む美術館の休憩コーナーの壁一面を埋め尽くしています。壁の前に置かれたSANAAのデザインしたロッキングチェアの表面にも同柄が施されています。美術館の白いニュートラルな空間に侵食するかのように、そして壁、椅子というフレームを超えて自在に拡張するような軽やかで活き活きとしたエネルギーを感じさせます。

作家プロフィール

マイケル・リン
1964 年東京(日本)生まれ、台北(台湾)及び上海(中国)在住。1999 年頃から、自身の出身地台湾ではベッドカバーなどの日常品に用いられる、伝統的なテキスタイルの花柄をモチーフにして壁や床に大きな絵を描くスタイルを確立。作品はカフェやオフィス、パブリック・スペースなど人が行き交う空間に展開され、家具やクッションなど実用品にも及びます。台湾に育ちアメリカで学んだ経験から培われた独自の言語によって生み出されるマイケル・リンの世界は、伝統、様式、文化という枠を超え、人々の感覚に親しみをもって働きかけます。
TOP