金沢21世紀美術館

MENU
4 09

開館

EXHIBITION展覧会

de-sport : 芸術によるスポーツの解体と再構築

2020年4月29日(水) -
2020年9月27日(日)

クリスチャン・ヤンコフスキー 《重量級の歴史》 2013
Photo: Szymon Rogynski
Courtesy: the artist, Lisson Gallery

インフォメーション

期間:
2020年4月29日(水) 〜2020年9月27日(日)
休場日:
月曜日(ただし 、5月4日、8月10日、9月21日は開場)、5月7日(木)、8月11日(火)、9月23日(水)
料金:
●本展観覧券
一般=1,200円(1,000円)
大学生=800円(600円)
小中高生=400円(300円)
65歳以上の方=1,000円(1,000円)
※( )内は前売券料金

●「内藤礼 うつしあう創造」との共通観覧券
一般=2,200円(2,700円)
大学生=1,500円(1,900円)
小中高生=700円(900円)
65歳以上の方=2,200円(2,200円)
※( )内は当日券料金
※「内藤礼 うつしあう創造」は日時指定入場制です。待ち時間を緩和するとともに、ゆったりとした鑑賞環境を保つため、日時指定入場制を導入します。金沢21世紀美術館ウェブサイトで、事前にご希望の入場時間枠の予約券をご購入ください。

●「ミヒャエル・ボレマンス マーク・マンダース ダブル・サイレンス」との共通観覧券
一般=2,000円(1,600円)
大学生=1,400円(1,100円)
小中高生=700円(600円)
65歳以上の方=1,600円(1,600円)
※( )内は前売券料金
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館
TEL 076-220-2800
FAX 076-220-2802

概要

東京2020オリンピックをひかえ、芸術からスポーツの意味を再考する異彩の展覧会
本展は、東京2020オリンピック・パラリンピックをひかえ、芸術の視点からスポーツの意味を問い直す展覧会です。展覧会名「de-sport」(デスポーツ)は、「楽しむこと」を意味する「desport」」と、「スポーツの脱構築」を意味する「deconstructed sport」を掛け合わせた造語です。スポーツは、起源をたどれば、「日常の労働から離れた遊び」を意味し、音楽や演劇、絵画、舞踏などの芸術も含むものでした。磨き上げられた身体と技巧を誇示し、勝敗を競うことをエンターテインメントとして商品化する現代のスポーツに対して、本展はその起源に立ち返り、芸術の視点から、遊戯、身体、国家、戦争、非言語コミュニケーションなど今日の諸問題を映し出す社会的構造物としてスポーツを再考します。

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]