アペルト09

西村有

2018年10月6日(土) -
2019年3月24日(日)

《scenery passing (reflected in the window)》 2017
© Yu Nishimura
Courtesy of KAYOKOYUKI

インフォメーション

期間:
2018年10月6日(土) 〜2019年3月24日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館
長期インスタレーションルーム
休場日:
月曜日(ただし10月8日、10月29日、12月24日、1月14日、2月11日は開場)、10月9日(火)、12月25日(火)、12月29日(土)〜1月1日(火)、1月15日(火)、2月12日(火)
料金:
入場無料
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800

概要

西村有(1982-)はふと目にした風景や行為、「生活の中の充足した時間」の断片を1枚の絵画の中に複雑に重ね合わせることで一つの風景を構築します。ぼんやりとした画面は、現 実から遠く離れた場所であるかのような情景を想像させ、 鑑賞者を絵画の中に引き込みます。

プロフィール

西村有(にしむら・ゆう)

1982年神奈川県生まれ、在住。2004年多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業。絹谷幸二賞受賞(2017)、FACE2016損保ジャパン美術賞優秀賞受賞(2016)、シェル美術賞保坂健二朗審査員奨励賞受賞(2013)。「projectN 61西村有展」(東京オペラシティアートギャラリー)での個展をはじめ、「あざみ野コンテポラリーvol.9 今もゆれている」(横浜市民ギャラリーあざみ野、2018年9月26日〜10月21日)などグループ展への出品多数。

「アペルト」シリーズとは

「アペルト」は、若手作家を中心に個展形式で紹介する展覧会のシリーズです。
金沢21世紀美術館は世界の「現在」とともに生きる美術館として、今まさに興りつつある新しい動向に目を向けています。作家とキュレーターが作品発表の機会を共に創出し、未来の創造への橋渡しをします。
国籍や表現方法を問わず、これまで美術館での個展や主要なグループ展への参加経験は少ないが、個展開催に十分な制作意欲を持ち、アペルト実施以後のさらなる飛躍が期待できる作家を紹介していくものです。
※「アペルト(aperto)」は、イタリア語で『開くこと』の意味。

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]