アペルト06 武田雄介

クロージング・トーク

インフォメーション

期間:
2017年5月6日(土)
18:00〜19:00(開場 17:45)
会場:
金沢21世紀美術館
レクチャーホール
料金:
無料(当日先着順・定員80名)
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 学芸課
TEL 076-220-2801

概要

5月7日(日)に閉幕を迎える「アペルト06 武田雄介」のクロージング・イベントととして、出品作家の武田雄介氏と、これまでに武田氏が参加した展覧会を企画した長谷川新氏をお招きし、本展について、また今後の展開について存分に語っていただきます。

講師:武田雄介(出品作家)、長谷川新(インディペンデント・キュレーター)
司会:中田耕市(担当キュレーター)

出演者プロフィール

武田 雄介 (たけだ ゆうすけ)

1985年 広島市生まれ
2005年 金沢美術工芸大学美術工芸学部油画専攻入学
2014年 大学院美術工芸研究科博士後期課程修了 博士(芸術)

主な個展
2014年
「単純な顔/複雑な島」MORI YU GALLERY KYOTO、京都
2012年
「Takeda Yusuke solo exhibition」ART OSAKA(MORI YU GALLERY)、大阪
「Wandering―暗い部屋―」TRANCE ART TOKYO(MORI YU GALLERY)、東京
2011年 
「SUNSET is SUNRISE」MORI YU GALLERY TOKYO、東京

長谷川新(はせがわあらた)

1988年生まれ。インディペンデント・キュレーター。京都大学総合人間学部卒業。専攻は文化人類学。2013年から2014年にかけ、大阪、東京、金沢にて開催された「北加賀屋クロッシング2013 MOBILIS IN MOBILI-交錯する現在-」展においてチーフキュレーターを務める。主な企画に「無人島にて―「80年代」の彫刻/立体/インスタレーション」(2014年)、「パレ・ド・キョート/現実のたてる音」(2015年)、「クロニクル、クロニクル!」(2016-2017年)など。現在『美術手帖』誌にて月評を連載中。

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
TOP