2016年度中学生まるびぃアートスクール

こたつ座談会『生命』はサンドウィッチ!? 〜科学と美術で考える、人工生命と知能

シロくま先生と椿昇さん

インフォメーション

期間:
2017年1月9日(月)
14:00〜15:30(開場13:45)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
入場無料
対象:
どなたでも
定員:
先着100名
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800

概要

「葉っぱの上にウンチ、ウンチの上に葉っぱ、これなんだ?」 ―アフリカに伝わるというナゾナゾの答えと、その理由とは!? 人工生命の専門家でありサウンドアーティストでもある池上高志先生が、椿昇さんやシロくま先生と共にこたつを囲み、サイエンスとアートとデザインの各分野から生命に迫るドキドキの時間です。あなたも一緒に新しい世界を生き残るヒントを探ろう!

講師:池上高志(東京大学広域科学専攻教授)✕椿昇(現代美術家)✕シロくま先生(デザイナー)

2016年度中学生まるびぃアートスクールちらし (pdf)

講師プロフィール

撮影:立石はな

池上高志(いけがみ たかし)

複雑系研究者。東京大学大学院・総合文化研究科・広域システム科学系 教授
1961年 長野県生まれ。
1989年 東京大学大学院・理学系研究科博士課程修了。理学博士(物理学)。
2008年 東京大学大学院総合文化研究科教授。
複雑系と人工生命をテーマに研究を続けるかたわら、アートとサイエンスの領域をつなぐ活動も精力的に行う。音楽家・渋谷慶一郎氏とのプロジェクト「第三項音楽」や、写真家・新津保建秀氏とのプロジェクト「MTM」をはじめ、活動は多岐にわたる。著書に、『人間と機械のあいだ』(講談社、2016)、『生命のサンドウィッチ理論』(講談社、2013)、『動きが生命をつくる―生命と意識への構成論的アプローチ』(青土社、2008)など。

椿 昇(つばき のぼる)

現代美術家 京都造形芸術大学美術工芸学科長
1953 年生まれ。
☆主な展覧会など
1989年「アゲインスト・ネーチャー展」
1993年 ベニスビエンナーレ・アペルト
2001年 横浜トリエンナーレ
2003年 水戸芸術館個展「国連少年」
2005年 占領下の物語Ⅱ舞台美術担当 / マサチューセッツ工科大学レジデンス
2009年 京都国立近代美術館個展「GOLD/WHITE/BLACK」
2010年 六本木アートナイトメインアーティスト/ 瀬戸内国際芸術祭 醤+坂手地区ディレクター
2011年「ノスタルジア展」ソウル・上海 / 「 VITALFOOT PROJECT」
2012年 霧島アートの森 個展「PreHistoric_pH」

シロくま先生(しろくませんせい)

アートディレクター、京都造形芸術大学専任講師
京都造形芸術大学のワークショップ授業を牽引するトップファシリテーター。

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]
共催:
金沢市中学校文化連盟
後援:
金沢市教育委員会
TOP